Useful columns detail

お役立ちコラム詳細

作成日 2020/2/24

電気工事士の資格とは?資格取得のメリットや業務内容・試験対策も解説

    電気工事士の資格には第一種と第二種がある

    電気工事士とは、電気工事を行うために必要な国家資格です。

    電気工事には感電事故や転落事故などの危険が伴うため、電気工事士の有資格者でなければ行うことはできないと法律で定められています。

    電気工事士の資格には第一種と第二種があり、第一種電気工事士と第二種電気工事士は、以下のように取り扱うことができる電気設備の規模が異なっています。

    取り扱える電気設備
    • 第一種電気工事士
      最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物
      一般用電気工作物
    • 第二種電気工事士
      一般用電気工作物

    最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物とは、例えば中規模・小規模の工場やビル、高圧受電の商店といった比較的規模の大きな建物に設置されている電気設備のことです。

    一般用電気工作物とは、一般家屋や小規模商店などに設置されている電気設備のことです。

    第一種電気工事士の方が第二種電気工事士よりも扱える電気設備の範囲が広いため、第一種電気工事士の方が試験問題の難易度は高く、合格率は低いです。

    そのため、電気工事士を目指すなら、まずは第二種電気工事士を取得するのが一般的です。

    また、第一種電気工事士の方が専門性が高いことから、第二種電気工事士よりも需要が高く、高い給与を得ることができるという違いもあります。

    電気工事士資格取得のメリット

    電気工事士資格を取得することで、以下の5つのようなメリットがあります。

    電気工事士資格取得のメリット
    • 一度資格を取得すると一生困らない
    • 多くの現場で活躍できるようになる
    • 転職で有利になる
    • 経験次第で年収が上がる
    • 独立できる

    次からは、これら5つのメリットについて具体的に解説していきます。

    一度資格を取得すると、一生困らないと言われている

    電気工事士は国家資格であるため、更新制度はなく、一度取得すると一生有効です。

    そして、電気工事の需要は将来的にも見込めるので、電気工事士の資格を取得すれば一生困らないとされています。

    電気工事の仕事は、新しく建物を作るときに電気設備を設置する工事をするために必要になります。

    他にも、古くなった電気設備の補修や、建物の増改築に伴う増設や改修など、電気工事の仕事が必要となる場面は多岐に渡ります。

    電気工事士は技術職であるため、手に職をつけることができるのも大きなメリットです。電気工事士は自身の専門的な技術によって仕事を行うため、会社に頼って生きていく必要はありません。

    需要が多いので転職も容易で、独立もできるため、一つの会社にこだわることなく自分の技術一本で食べていくことができます。

    多くの現場で活躍できるようになる

    電気工事士の就職先は電力会社が代表例です。電力会社に就職した場合は、電力会社が管理する全国各地の電柱の工事を行うことになります。

    しかし、電気工事士の資格を取得すると、電力会社以外の様々な現場で活躍することができます。

    【電力会社以外に就職する例①】
    電気工事会社や家電量販店などに勤めて、一般家庭の電気設備の工事をしたり、住宅に家電製品を取り付けたりする仕事を行うことがあります。

    【電力会社以外に就職する例②】
    遊園地や野球場、ライブ会場といった巨大施設に就職し、電気設備の保守点検や修理を行う場合もあります。

    【電力会社以外に就職する例③】
    自動車メーカーや食品メーカーの工場で、電気設備の保守点検や修理を行う場合もあります。

    このように、電気工事士といっても就職先や活躍できる現場は多岐にわたっているため、自分に合った職場を選ぶことができるのがメリットです。

    転職で有利になる

    電気工事士の需要は高く、転職の求人も非常に多いです。そのため、電気工事士の資格を持っているだけで転職に有利になります。

    電気工事士の求人の特徴は、未経験可、学歴・年齢不問としているところが多いことです。

    電気工事士は需要が高いにもかかわらず、業界は慢性的に人手不足であるため、経験や学歴、年齢を問わないところが多いのです。

    また、電気工事士の求人では40代で未経験で合っても資格さえあれば応募可能としているところも少なくありません。

    もし現在30代後半〜40代といった年齢の方で資格取得を考えているなら、ぜひ電気工事士の資格を取得してみてはいかがでしょうか。

    経験次第で年収が上がる

    電気工事士は技術職であるため、知識だけあっても仕事ができるようにはなりません。実際に現場で仕事をして、経験を積んでいく中で技術も向上していくのです。

    技術が向上すれば、会社内で評価されるようになり、年収アップにつながります。

    電気工事士の年収は会社によって異なるものの、平均的には実務経験によって以下のようになっています。

    電気工事士の平均年収
    • 見習い期間-250〜350万円
    • 一人前-300〜500万円
    • 役職者-400〜600万円

    たとえ資格保有者であったとしても、実務経験が何もない状態であれば最初は見習い期間から始まることになります。

    そこから経験を積み、技術を積んでいくことで責任のある立場につけば、年収600万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

    独立できる

    電気工事士の資格を取得することで、就職するだけでなく独立することも可能です。

    電気工事士として独立する場合は、電気工事の会社を設立したり、個人事業主として業務を請け負うことになるでしょう。

    独立することのメリットは、自分の頑張り次第で収入をいくらでも増やせることです。また、会社に縛られることなく自分の裁量で全てを決められることもメリットです。

    電気工事士の資格は、就職や転職をするだけでなく、将来独立をしたいと考えている人にもおすすめできる資格であると言えます。

    電気工事士の大変な点や苦労する点

    電気工事士は、人々が安全かつ快適に電気を使うために欠かせない仕事を担うやりがいのある仕事です。

    また、資格に更新制度がないため、一生有効な点も魅力と言えるでしょう。

    とはいえ、電気工事士ならではの苦労があるのも事実です。とりわけ以下の3点は、資格取得前にしっかりと把握しておきましょう。

    体力が必要な業務が多い

    建物・施設などに配電作業や設置作業をおこなう際には、高所に上ったり重いものを持ったりといった体力が必要な業務がたくさんあります。

    ビル管理などの比較的体力を使わない業務もありますが、トラブルが起こったときは電気工事士が修繕作業に当たるため、やはりある程度の労力は必要とされます。

    覚えなければいけないことが多い

    電気工事士が扱う工具や機械は多種多様です。それぞれ扱い方が異なるので、覚えていかなくてはいけません。

    また、図面を見て作業を進めていきますが、図面に表示されている内容も多様です。1つの見落としで、大勢の人々の安全を損なう可能性もあるので、正しい知識を習得して確実に作業していかなくてはいけません

    第一種電気工事士の資格取得を目指すなら、さらに多くの内容を覚える必要があるでしょう。

    現場によって労働時間にばらつきがある

    現場が遠いときには、普段よりも早朝に起きて夜遅くに就寝することになるでしょう。

    また、鉄道関連の業務に当たるときは、深夜業務となります。

    現場によって労働時間依ばらつきがあるため、体調管理が難しいと感じるかもしれません。

    第一種電気工事士の概要

    第一種電気工事士資格の取得を考えているなら、以下の3点について知っておくことが大切です。

    第一種電気工事士の概要
    • 第一種電気工事士の業務内容
    • 第一種電気工事士の試験概要
    • 第一種電気工事士の試験対策

    次からは、第一種電気工事士の業務内容や試験概要、試験対策について具体的に解説していきます。

    第一種電気工事士の業務内容

    第一種電気工事士は、小規模な店舗や商店の電気設備に加えて、ビルや工場などの事業用施設や、大規模な店舗や商店の電気設備の工事を行います。

    第一種電気工事士の業務内容を大きく分けると以下の2つがあります。

    第一種電気工事士の業務内容
    • 建築物電気工事
    • 鉄道電気工事

    建築物電気工事

    建築物電気工事とは、建物の電気設備の工事のことです。

    第一種電気工事士であれば、ビルや工場、病院、変電所といった規模の大きな施設をメインで担当することになります。

    規模の大きな現場で仕事をする場合、設備の数も多く、設備自体も大きく複雑になるため、複数人のチームで仕事をすることになります。

    また、建築物電気工事では配線工事をするだけでなく、地下に配線を通すために穴を掘るといった仕事も行います。

    鉄道電気工事

    鉄道電気工事には、大きく分けると以下の3つがあります。

    鉄道電気工事
    • 変電設備工事
    • 線路工事
    • 駅の設備工事

    変電設備とは、電車に電気を通す際に、電車に合った電圧に変更するための設備です。第一種電気工事士は、変電設備を設置する際の工事を行うほか、メンテナンスや管理を行います。

    線路工事とは、変電所から電車までの間に設置されている電気設備を工事することです。

    例えば、電車に電気を送るための架線工事や架線の張り替え工事などがあります。また、鉄道に速度や前方の上距を支持するための信号システムの工事もあります。

    駅の設備工事とは、駅構内の照明な改札、モニター、空調設備の工事のことです。

    第一種電気工事士の試験概要

    第一種電気工事士試験は、筆記試験と技能試験の2つがあり、筆記試験に合格した人のみが、技能試験に進むことができます。

    筆記試験は四択のマークシート方式です。技能試験は、配線図や施工条件から、実際に工具を使って配線を行います。

    第一種電気工事士の筆記試験と技能試験の出題範囲は、それぞれ以下の通りです。

    筆記試験
    • 電気に関する基礎理論
    • 配電理論及び配線設計
    • 電気応用
    • 電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
    • 電気工事の施工方法
    • 自家用電気工作物の検査方法
    • 配線図
    • 発電施設・送電施設及び変電施設の基礎的な構造及び特性
    • 一般用電気工作物及び自家用電気工作物の保安に関する法令
    技能試験
    • 電線の接続
    • 配線工事
    • 電気機器・蓄電池及び配線器具の設置
    • 電気機器・蓄電池・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
    • コード及びキャブタイヤケーブルの取り付け
    • 接地工事
    • 電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
    • 自家用電気工作物の検査
    • 自家用電気工作物の操作及び故障箇所の修理

    次に、第一種電気工事士の受験資格、難易度と合格率について解説していきます。

    受験資格

    第一種電気工事士には受験資格がありません。第二種電気工事士資格を保有していなくても、第一種電気工事士試験を受験することは可能です。

    ただし、試験に合格したとしても、以下の2つのいずれかの実務経験がないと免状交付されません。

    免状交付に必要な実務経験
    • 第二種電気工事士免状取得後一般用電気工作物に係る電気工事、または認定電気工事従事者認定証取得後最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物に係る簡易電気工事の実務経験5年以上
    • 電気主任技術者監督の下、最大500キロワット以上の自家用電気工作物の需要設備の電気工事の実務経験5年以上

    免状が交付されないと電気工事士として仕事をすることはできません。

    実務経験がない場合は、資格を取得したらまずは見習いとしてどこかの会社に就職し、実務経験を積む必要があります。

    難易度と合格率

    第一種電気工事士の直近5年間の筆記試験と技能試験の合格率、最終合格率は、それぞれ以下の通りです。

    筆記試験の合格率
    • 平成26年度-42.9%
    • 平成27年度-42.7%
    • 平成28年度-50.3%
    • 平成29年度-47.0%
    • 平成30年度-40.5%

    技能試験の合格率
    • 平成26年度-58.1%
    • 平成27年度-70.9%
    • 平成28年度-61.7%
    • 平成29年度-63.5%
    • 平成30年度-62.8%

    最終合格率
    • 平成26年度-24.9%
    • 平成27年度-30.0%
    • 平成28年度-31.1%
    • 平成29年度-29.8%
    • 平成30年度-25.4%

    第一種電気工事士の最終合格率は20%台中盤から30%台前半であることから、国家資格の中では中程度の難易度であることがわかります。

    参考までに、超難関と言われる司法試験や司法書士試験、公認会計士試験の合格率が10%未満です。第一種電気工事士と同じく20〜30%程度の合格率の国家試験として、測量士補や建築施工管理技士などがあります。

    第一種電気工事士の試験対策

    第一種電気工事士は7〜8割の受験者が不合格になってしまうので、しっかりと試験対策をして本試験に臨みましょう。

    次からは第一種電気工事士の試験対策として、合格に必要な勉強時間と勉強方法について解説していきます。

    勉強時間

    第一種電気工事士合格に必要な勉強時間は、200時間から350時間程度であるとされています。1日あたり2,3時間勉強する場合は、勉強期間は3ヶ月から6ヶ月程度になるでしょう。

    試験までに期間の余裕がある場合は、できれば6ヶ月前から勉強を始めることをおすすめします。

    勉強方法

    第一種電気工事士試験は独学でも十分に合格することができます。独学で勉強する場合、参考書で知識をインプットしながら、過去問や問題集で問題を解いていきましょう。

    参考書や問題集は、自分にとってわかりやすいと思えるものを選ぶことが大切です。

    筆記試験が終わったら、技能試験の練習をする必要があります。技能試験の練習をする場合は、電工ナイフやペンチ、プライヤー、ドライバーといった工具を揃える必要があります。工具を揃えたら、テキストやネットの動画などを参考に配線作業の練習をしていきましょう。

    第一種電気工事士筆記試験完全マスター

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51KD12nt6ML._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

    定番の問題の分析と解説から、最近の傾向の分析・解説まで幅広く網羅している参考書です。初めて第一種電気工事士試験を受ける方はもちろん、何度目かのチャレンジの方もぜひ持っておきたい良書です。

    この本の口コミ

    分かりやすい

    2種電気工事を取得してしばらくしたため一種にも挑戦してみようと教材としてこちらを購入させて頂きました!
    現場での知識がほとんどのため理解出来るか凄く心配していましたがとてもわかりやすい内容になっていたので助かりました!


    さやか

    購入者が多い

    この本を読んだおかげで、筆記試験を自己採点で86点という高さで合格しました!
    試験会場で周りを見渡した際にこの本を買っている人が結構いました。


    りゅう

    第一種電気工事士筆記問題集 (黒本合格シリーズ)

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bKPppdwdL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

    10年分の過去問が収められているので、これ一冊あればほとんどの傾向の問題に対応できます。また、解説が丁寧なので、参考書として利用することもできます。

    この本の口コミ

    前提として電工2種の知識は必要

    この本で電工1種筆記は通った。

    MY

    掲載されている問題を全部解いて、試験当日は力でねじ伏せる・・・

    電気工学科に在籍中または在籍していた方が、本書掲載の問題を全部解けば、本試験で90点以上確保することは難しくないでしょう。また、そうでない方であっても、(理論的な出題は、割合的に多くはありませんから)合格点をクリアすることは難しくないでしょう。

    i

    ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 技能試験すい~っと合格

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5141DB+zLkL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

    詳細な完成施工図や最速の作業手順などをすべて図解で分かりやすく解説しています。複線図の練習帳も付いているので、繰り返し学習にもおすすめの一冊。独学の人にも理解しやすく工夫された参考書です。

    第二種電気工事士の概要

    第二種電気工事士資格の取得を考えているなら、以下の3点について知っておくことが大切です。

    第二種電気工事士の概要
    • 第二種電気工事士の業務内容
    • 第二種電気工事士の試験概要
    • 第二種電気工事士の試験対策

    次からは、第二種電気工事士の業務内容や試験概要、試験対策について具体的に解説していきます。

    第二種電気工事士の業務内容

    第二種電気工事士の主な業務内容として、以下の4つが挙げられます。

    第二種電気工事士の業務内容
    • 建築物電気工事
    • ビル設備管理
    • サービスエンジニア
    • 施工管理

    次からは上記の4つの業務について解説していきます。

    建築物電気工事

    建築物電気工事では、一般家庭や、小規模な店舗・商店の電気設備の工事を行います。

    具体的には、建築物を新築する際にコンセントを設置したり、家電製品を設置したりといった業務です。

    建築物電気工事の実務経験を積むことで、施工管理者として責任者の地位に昇進していくことも可能です。

    ビル設備管理

    ビル設備管理では、ビルの電気設備のメンテナンス業務を行います。

    具体的には、電気設備に故障がないかチェックする保守点検業務や、停電時の対応、電気設備の補修などです。ビルメンテナンスの仕事をする場合、電気工事士の資格は必須とされるほど重要視されています。

    サービスエンジニア

    サービスエンジニアは、病院で使用している医療機器や、企業で使用しているセキュリティ設備に不具合が生じた際に、修理を行います。

    電気工事の知識だけでなく、修理を対応する電気機器についての知識も必要になります。

    施工管理

    施工管理は、自分で工事を行うわけではなく、工事の安全管理や品質管理、進捗管理などを行います。[/textLine]

    第二種電気工事士であっても、現場経験があれば施工管理の仕事を行うことは可能です。現場の責任者であるため、作業員よりも高い給与を得ることができます。

    第二種電気工事士の試験概要

    第二種電気工事士試験は、第一種電気工事士と同様に筆記試験と技能試験の2つが実施されます。

    試験形式も第一種電気工事士と同じで、筆記試験は四択のマークシート方式、技能試験は、配線図や施工条件から、実際に工具を使って配線を行います。

    第二種電気工事士の筆記試験と技能試験の出題範囲は、それぞれ以下の通りです。

    筆記試験
    • 電気に関する基礎理論
    • 配電理論及び配線設計
    • 電気機器・蓄電池・配線器具・電気工事用の材料及び工具並びに受電設備
    • 電気工事の施工方法
    • 自家用電気工作物の検査方法
    • 配線図
    • 一般用電気工作物の保安に関する法令
    技能試験
    • 電線の接続
    • 配線工事
    • 電気機器及び配線器具の設置
    • 電気機器・配線器具並びに電気工事用の材料及び工具の使用方法
    • コード及びキャブタイヤケーブルの取り付け
    • 接地工事
    • 電流・電圧・電力及び電気抵抗の測定
    • 一般用電気工作物の検査
    • 一般用電気工作物の故障箇所の修理

    次に、第二種電気工事士の受験資格、難易度と合格率について解説していきます。

    受験資格

    第二種電気工事士の受験資格はありません。

    また、第一種電気工事士のように免状交付に条件はありません。そのため、試験に合格したらすぐに免状交付を申請し、仕事を始めることができます。

    難易度と合格率

    第二種電気工事士の直近5年間の筆記試験と技能試験の合格率、最終合格率は、それぞれ以下の通りです。

    筆記試験合格率
    • 平成26年度-59.0%
    • 平成27年度-58.8%
    • 平成28年度-58.6%
    • 平成29年度-59.1%
    • 平成30年度-55.4%

    技能試験合格率
    • 平成26年度-74.2%
    • 平成27年度-70.7%
    • 平成28年度-73.4%
    • 平成29年度-68.8%
    • 平成30年度-67.5%

    最終合格率
    • 平成26年度-43.7%
    • 平成27年度-41.5%
    • 平成28年度-43.0%
    • 平成29年度-40.6%
    • 平成30年度-37.3%

    第二種電気工事士の最終合格率は30%台後半から40%台前半であることから、国家資格の中では低難易度であることがわかります。

    第二種電気工事士と同じく40%前後の合格率の国家試験として、航空無線通信士や給水装置工事主任技術者などがあります。

    第二種電気工事士の試験対策

    第二種電気工事士は国家資格の中では低難易度であるとはいえ、半分以上の受験者が不合格になります。勉強方法について調べた上で、しっかりと試験対策をして本試験に臨むことが大切です。

    次からは第二種電気工事士の試験対策として、合格に必要な勉強時間や勉強方法について解説していきます。

    勉強時間

    第二種電気工事士試験の合格に必要な勉強時間は、50時間から150時間だとされています。

    1日あたり2,3時間の勉強を続けることができれば、3ヶ月前から勉強を始めることで合格レベルに達することが可能です。

    平日にあまり時間を取ることができない場合でも、土日に4〜5時間ずつ勉強する子ができれば、3ヶ月で合格レベルに達することができます。

    勉強方法

    第二種電気工事士試験に独学で合格するなら、市販の参考書や問題集を購入しましょう。

    第二種電気工事士試験では基本的な知識が問われるので、参考書に書かれている基本事項はしっかりと頭に入れましょう。

    参考書で基本的な知識をインプットしたら、問題集を解いていきましょう。問題演習をする上で特に重要なのは過去問です。電気工事士試験では過去に出題された問題が繰り返し出題されているので、過去問はしっかりと解けるようにしておくことが大切です。

    ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格

    おすすめ度:★★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51U2hsK7PBL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

    絵や写真をふんだんに使って解説しているので、電気に対する知識があまりない方でも理解しやすく工夫されています。直感的に問題を理解したい方に、特におすすめの一冊です。

    この本の口コミ

    電気工事の知識ゼロでもとりあえず買って読めば大丈夫

    本当に丁寧に第二種電気工事士に関する知識がゼロから紹介されているテキストです。
    電気工事に携わっていない人でも読めばこの本のタイトル通りすい~っと合格できます。
    用語や電線など基礎知識はもちろんご丁寧に受験申込の手続きや筆記試験当日の持ち物まで紹介されています。


    わりやん

    とても見やすく覚えやすい

    絵や写真により、とても見やすく覚えやすい。

    BLUE-KS

    すい~っと合格赤のハンディ ぜんぶ解くべし!第2種電気工事士 筆記過去問

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ae5ebP7sL._SX328_BO1,204,203,200_.jpg

    過去10年分の問題を収録しています。点数が取りやすい問題から学習していけるように編集されているので、確実に合格ラインを突破したい方におすすめです。

    この本の口コミ

    受験者必携です

    内容は大変満足です。一問ごとに適切なボリュームの解説がされています。
    書籍自体のサイズも丁度良く、通勤時に読んでも苦になりません。


    エンジニア

    過去問集大成です

    過去問の集大成となっており、科目毎に整理され、その中でも過去の出題率の高低も整理されておりとても良いです。

    Amazonカスタマー

    ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士技能試験すい~っと合格

    おすすめ度:★★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/5111f3OpoRL._SX352_BO1,204,203,200_.jpg

    ケーブルストリッパや電工ナイフなどの基本的な道具の使い方も丁寧に解説しています。作業のイメージが湧きやすいように工夫されているので、実務経験が少ない方にもおすすめの参考書です。

    この本の口コミ

    わかりやすい

    初心者でもわかりやすく説明されています

    うるお

    大満足

    見ての通り絵で分かるので分かりやすい

    Amazonカスタマー

    電気工事士の向き不向きを判断するポイント

    電気工事士には、向き不向きがあります。

    せっかく勉強して資格を取得しても、仕事を始めてから「私には向かないかも…」と気付くのではもったいないです。

    電気工事士に向いている人の特徴と向いていない人の特徴をまとめましたので、ご自身がどちらに該当するのかぜひチェックしてみてください。

    電気工事士に向いている人の特徴

    電気工事が好きなこと、そして、体力があり、早起きが得意なことが求められます。

    また、作業中に予想外の展開があることも日常茶飯事なので、柔軟かつ応用力のある対応も電気工事士に不可欠なポイントです。

    向いている人の特徴
    • 電気工事が好きであること
    • 体力があること
    • 早起きが苦にならないこと
    • トラブルに対して柔軟に対応できること

    電気工事士に向いていない人の特徴

    電気工事は高所での作業も少なくないので、高所恐怖症の方にはおすすめできない仕事です。

    それに加えて、早朝・深夜の作業が苦にならないことも求められます。とはいえ、電気工事士として仕事をしていくうちに、不規則な時間が続くことに慣れるかもしれません。

    体力的に深刻な問題を抱えておらず、なおかつ電気工事が好きな方なら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

    向いていない人の特徴
    • 高所恐怖症である
    • 早起きが苦手である
    • 電気工事に対して興味を持てない

    まとめ

    電気工事士は需要の高い資格であり、中でも第一種電気工事士はより需要の高い資格です。

    電気工事士の資格は年収アップも十分に狙うことができ、それ以外のメリットもたくさんある資格です。ぜひ電気工事士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

    関連記事

    電気工事会社の実際の仕事内容や平均年収、待遇を紹介

    電気工事士の免状を取得しよう|準備するものや流れを説明

    電気工事士になるための勉強量・勉強方法を解説|一種と二種それぞれについて解説します

    電気工事士の試験の難易度|対策すれば十分合格できる難易度の資格

    電気工事士の仕事とは?仕事のやりがいや平均年収なども解説

    東京の電気工事士のおすすめ大手優良求人は?求人の探し方や平均給与も解説

    電気工事士の将来性|需要が期待できる理由を解説

    電気工事士の平均給料は500万円!年収をアップさせる方法も紹介

    電気工事士の資格とは?資格取得のメリットや業務内容・試験対策も解説

    おすすめの
    お役立ちコラム