Useful columns detail

お役立ちコラム詳細

作成日 2020/2/24

電験三種は就職で有利になる?電験三種の就職先や業界も紹介

    本記事では、電験三種が就職で有利になる理由や、電験三種があれば未経験でも就職できるのかどうか、電験三種の就職先や業界についても解説していきます。

    電験三種資格に興味がある人や、電気業界に就職したい人はぜひ参考にしてください。

    電験三種が就職で有利になる理由

    電験三種が就職で有利になる理由として、以下の4つが挙げられます。

    電験三種が就職で有利になる理由
    • 電験三種保有者にしかできない業務があるから
    • 人手不足だから
    • 電験三種の需要は今後も高まるから
    • 電気主任技術者以外にも幅広い求人があるから

    ここからは、それぞれの理由について詳しく解説していきます。

    理由1.電験三種保有者にしかできない業務があるから

    電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者と言います。電気主任技術者は、事業用電気工作物の維持、保安、工事に関する監督を行うのが仕事です。

    事業用電気工作物の維持、保安、工事などの現場では、必ず電気主任技術者を設置しなければならないと法令で定められています。

    そのため、電験三種を含む電気主任技術者は電気工事会社や施設の管理会社では必ず必要になるため、需要が高く、就職で有利になるのです。

    理由2.人手不足だから

    電験三種資格は慢性的に人手不足です。電験資格は、三種、二種、一種いずれも合格率が低く、有資格者が少ないことが理由として挙げられます。

    また、電験業界は高齢化が進んでおり、若年者の有資格者がいないことや、電験資格を取得できる認定校が少ないことも影響しています。

    そのため、たとえ未経験であったとしても資格さえ取得していれば採用したいという企業は多いです。

    理由3.電験三種の需要は今後も高まるから

    経済産業省の発表によると、電験三種は業務ビルの増加と人材供給の減少によって、2045年には想定需要1.8万人に対して4千人程度不足する見込みだとされています。

    現在人手不足であるだけでなく、将来的にも人手不足になると予測されるので、電験三種が就職で有利になることは今後も変わらないでしょう。

    理由4.電気主任技術者以外にも幅広い求人があるから

    電験三種資格を取得すると、一般的な就職先は電気保安業界であり、大型施設や店舗などで電気設備の点検保安業務を行います。

    しかし、電気主任技術者資格を持っていると、電気保安業界だけでなく、幅広い業界の求人があります。例えば、火力発電所や施工管理、プラントエンジニアなどです。

    そのため電験三種を取得すると電気保安業界に限らず、幅広い業界が選択肢に入るため、就職で困ることはないでしょう。

    電験三種があれば未経験でも就職できる

    電験三種資格があれば業界未経験でも就職することは可能です。ここからは、電験三種有資格者が未経験で就職する場合について解説していきます。

    経験者の方が就職で有利になる

    まず断っておく必要があるのは、未経験者よりも経験者の方が就職で有利になるのは間違いないということです。

    実際、電験三種の求人を見てみると、応募条件に経験者のみとしているものは少なくありません。特に、大企業であるほど応募条件に一定の実務経験を要求しているところが多い傾向上がります。

    未経験でも電験三種で就職はできますが、経験者よりも不利になり、特に大企業には就職しにくいということは知っておきましょう。

    未経験可の求人は増加傾向

    人手不足の影響で、電験三種有資格者であれば未経験でも可としている求人は増加傾向にあります。

    電験三種はもともと合格率の高くない試験ですが、年を追うごとに難易度が上がっており、合格者が減少傾向にあることも影響しています。

    少子化の影響で電験三種を持っている若年者も減少しており、実務経験のある若い電験三種有資格者が減っていることも大きい要因です。

    未経験、無資格可で求人を出している企業も一定の割合で存在するため、会社に就職してから電験三種の取得を目指すことも可能です。

    電験三種があると就職できる業界

    電験三種があると就職できる業界として、以下の5つが挙げられます。

    電験三種があると就職できる業界
    • ビルメンテナンス業界
    • プラントエンジニア
    • インフラプラント業界
    • 電気保安業界
    • 再生可能エネルギー業界

    次からは、これらの5業界について解説していきます。

    ビルメンテナンス業界

    ビルメンテナンス業界では、ビルに限らず大型商業施設や高層ビル、病院、マンション、ホテルなど比較的規模の大きい施設で電気設備のメンテナンスを行います。

    施設の規模が大きくなるのに応じて電気設備の規模も大きくなるので、電験三種はビルメンテナンス業界では一定の需要があります。

    ただ、施設の規模が一定以上の大きさになると電験三種では対応できないため、二種、一種資格を有していないと応募できない求人もあります。

    プラントエンジニア

    プラントエンジニアとは、様々なプラントの企画や設計、施工、運転管理、改造などを担当します。

    プラントの種類は様々で、例えば化学プラントや発電・エネルギープラント、水処理プラントなどがあります。

    こういったプラントにある事業用電気工作物は規模が大きいため、電験有資格者を設置する必要があることから、電験三種の需要も高いのです。

    プラントエンジニアは人手不足であるため、電験三種の求人も非常に多くなっています。

    インフラプラント業界

    インフラプラント業界では、航空、鉄道、高速道路といった交通インフラや、水処理やゴミ処理、産業廃棄物処理といった環境インフラ施設を保安します。

    これらの施設の事業用電気工作物の規模が大きいため、電験有資格者を設置する必要があることから、電験三種の需要は高いです。

    インフラプラント業界の求人のほとんどは電験三種以上を応募条件としており、求人数は多いです。

    電気保安業界

    電験三種有資格者の中で最も一般的なのが電気保安業界です。電気保安業界では、自社で電気主任技術者を設置していない企業に出向いて、年次点検や月次点検などを行います。

    電気保安業界は安定しているため人気が高く、就職希望者は多いです。

    ただ、注意していただきたいのは、電気保安業界は求人が少なく、応募するときに実務経験を要求されるということです。

    電験三種であれば4年以上の実務経験を求められるのが一般的であるため、要件を満たす方であれば就職先としておすすめできる業界です。

    再生可能エネルギー業界

    再生可能エネルギー業界は、電験三種の就職先としては新しい業界です。太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など、新エネルギーによる発電施設での保守、点検を行います。

    新しい業界であることから人手が不足しており、積極的に求人を出しています。

    電験三種を持っているけど実務経験がない、まだ年齢が若いという場合にはおすすめできる業界です。

    まとめ

    電験三種資格があることで就職で有利になります。

    電験三種有資格者は合格率が低いことと少子化の影響で年々減少しており、市場価値は高まっています。そのため未経験で合ったとしても電験三種資格があれば就職先には困らないでしょう。

    ただし、大手に就職するには実務経験が要求されるので、まずは中小企業に就職してキャリアを積んでいくことをおすすめします。

    電験三種の就職先の業界も幅広いため、ぜひ自分に合った業界や会社を選んでください。

    関連記事

    電験三種は過去問だけで合格は難しい!効率の良い正しい過去問の使い方を解説

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の試験について|試験概要から試験対策の方法まで解説

    電験三種の問題集ってどう選ぶのが良いの?参考書や過去問についても解説

    電験三種の合格率はどのくらい?各科目の詳細もご紹介

    電験三種の難易度は?攻略方法も紹介

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の電力を勉強方法するコツを紹介!出題範囲や傾向も解説

    電験三種の機械は効率的に学習しよう!各分野の出題頻度や傾向・学習方法も解説

    電験三種の法規は難しい?法規の対策法や暗記のコツも紹介

    電験三種で独学合格は可能?勉強方法やおすすめの参考書も紹介

    電験三種の理論の勉強方法は?対策法やおすすめ参考書も紹介

    電験三種のおすすめ参考書4選!参考書の選び方も解説

    第三種電気主任技術者試験は難しい?試験科目や合格率も解説

    電験三種は就職で有利になる?電験三種の就職先や業界も紹介

    電験三種の実務経験とは?資格認定の実務経験や実務経験が積める職場も紹介

    電験三種の科目合格って何?試験が有利になるって本当?

    電験三種って高校生でも取得できる?方法や難易度を解説

    電験三種の仕事とは?仕事内容や就職先も解説

    電験三種は転職に有利?転職先や転職後の平均年収も紹介

    電験三種の平均年収は?年収をアップさせる方法やAIの影響についても解説

    電験三種ってどんな試験?概要から取得するメリット、勉強法まで紹介

    おすすめの
    お役立ちコラム