Useful columns detail

お役立ちコラム詳細

作成日 2020/2/24

電験三種の電力を勉強方法するコツを紹介!出題範囲や傾向も解説

    電験三種の電力は、全科目の中でもイメージがしやすいことから、勉強していてとっつきやすい科目であると言えますが、合格率は10%~15%と低めとなっています。

    本記事では電力の特徴や出題分野、範囲、傾向、合格基準点と合格率などを紹介した上で、電力の学習方法について解説していきます。

    電験三種の勉強を始めた方や、これから電力の勉強を始めようとしている方はぜひ参考にしてください。

    電験三種の電力の概要

    電験三種の電力の概要として、以下の5つの項目に分けて紹介していきます。

    電験三種の電力の概要
    • 電力の特徴
    • 電力の出題分野と範囲
    • 電力の出題傾向
    • 知識問題と計算問題が出題される
    • 電力の合格率・合格基準点と難易度

    ここからは、これら5つの項目について詳しく解説していきます。

    電力の特徴

    電力の特徴は、本試験で基礎的な知識を広く問われるということです。そのため難しい問題を解くのではなく、電力の様々な分野を浅く広く学習していく必要があります。

    また、電力は理論や機械とは異なり、計算問題が少なく、正誤問題が多いのが特徴です。

    電験三種試験において計算問題は得点源となりますが、電力では計算問題が少ないので安定して得点するのは難しいです。

    正誤問題が多いことから、知識を正確に理解することを意識して学習を進めていく必要があります。

    電力の出題分野と範囲

    電力の出題分野と範囲は以下の通りです。

    出題分野と範囲
    • 発電-水力発電、汽力発電、その他の発電、発電機の並行運転・速度調定率
    • 送配電-送電、地中送電、配電
    • 変電-遮断器・断路器、変圧器、調相設備
    • 電気材料-磁性材料、絶縁材料、導電材料

    電力の出題傾向

    電力の各分野の出題率

    以下は年度ごとの電力の各分野の出題数と平均です。

    水力発電-平均1.5問
    • 平成21年-1問
    • 平成22年-2問
    • 平成23年-1問
    • 平成24年-1問
    • 平成25年-1問
    • 平成26年-3問
    • 平成27年-1問
    • 平成28年-1問
    • 平成29年-2問
    • 平成30年-2問
    汽力発電-平均2.9問
    • 平成21年-4問
    • 平成22年-2問
    • 平成23年-4問
    • 平成24年-3問
    • 平成25年-2問
    • 平成26年-3問
    • 平成27年-3問
    • 平成28年-3問
    • 平成29年-3問
    • 平成30年-2問
    原子力・新エネルギー発電-平均1.9問
    • 平成21年-2問
    • 平成22年-3問
    • 平成23年-2問
    • 平成24年-2問
    • 平成25年-2問
    • 平成26年-2問
    • 平成27年-1問
    • 平成28年-2問
    • 平成29年-2問
    • 平成30年-1問
    変電-平均2.6問
    • 平成21年-2問
    • 平成22年-3問
    • 平成23年-3問
    • 平成24年-3問
    • 平成25年-3問
    • 平成26年-2問
    • 平成27年-2問
    • 平成28年-2問
    • 平成29年-3問
    • 平成30年-3問
    送電-平均5.3問
    • 平成21年-5問
    • 平成22年-4問
    • 平成23年-4問
    • 平成24年-7問
    • 平成25年-3問
    • 平成26年-5問
    • 平成27年-6問
    • 平成28年-6問
    • 平成29年-6問
    • 平成30年-7問
    配電-平均2.9問
    • 平成21年-3問
    • 平成22年-3問
    • 平成23年-3問
    • 平成24年-0問
    • 平成25年-4問
    • 平成26年-3問
    • 平成27年-3問
    • 平成28年-3問
    • 平成29年-3問
    • 平成30年-2問
    電気材料-平均1問
    • 平成21年-1問
    • 平成22年-1問
    • 平成23年-1問
    • 平成24年-1問
    • 平成25年-1問
    • 平成26年-1問
    • 平成27年-1問
    • 平成28年-1問
    • 平成29年-1問
    • 平成30年-1問

    電力の出題頻度の高い分野

    電力の各分野を出題頻度の高い順に並べると、以下のようになります。

    電力の出題頻度の高い分野
    • 1.送電
    • 2.配電
    • 3.汽力発電
    • 4.原子力・新エネルギー発電
    • 5.水力発電

    電力の分野の中でも、特に学習しておくべき問題は以下の4つです。

    特に学習しておくべき問題
    • 送電の電圧降下、送電電力、線路喪失
    • 汽力発電の出力電力量、熱効率
    • 新エネルギー発電の発電方式の概要
    • 電気材料の磁性、絶縁、導電材料

    これらの問題は過去10年間で繰り返し出題されているため、重点的に学習しておきましょう。

    知識問題と計算問題が出題される

    電力では知識問題と計算問題が出題されます。それぞれの配点は毎年異なりますが、知識問題が45点〜65点、計算問題が35点〜55点となっています。

    計算問題よりも知識問題の方が配点が高くなっていますが、知識問題は範囲が広いため得点するのは難しいです。

    そのため、合格点を取るためには計算問題でしっかりと8〜9割得点する必要があります。

    電力の合格率・合格基準点と難易度

    電力の年度別合格率は以下の通りです。

    電力の合格率
    • 平成22年度-19.6%
    • 平成23年度-11.9%
    • 平成24年度-18.4%
    • 平成25年度-14.3%
    • 平成26年度-13.4%
    • 平成27年度-14.4%
    • 平成28年度-14.6%
    • 平成29年度-15.5%
    • 平成30年度-11.6%
    • 令和元年度-13.7%

    電力の合格率は10%から20%の間であることから、難関であることがわかります。
    合格率10%台の国家資格として、宅地建物取引士、行政書士、電気工事士などがあります。

    電験三種の電力の勉強をするコツ

    電験三種の電力を勉強する際は、以下の4つのコツを意識しましょう。

    電験三種の電力の勉強をするコツ
    • まずは全体を一周させる
    • 送配電分野の次に発電分野を勉強する
    • 得点しやすい分野を重点的に勉強する
    • 変電所と送配電分野は計算問題の演習を重視する

    ここからは、これら4つの勉強のコツについて具体的に解説していきます。

    まずは全体を一周させる

    電力は範囲が非常に広い科目であるため、まずは全体を一周させることが大切です。わからないところにこだわっていると、いつまでも試験範囲を終わらせることができません。

    たしかに、わからないところがあると、理解できないまま先に進むのは嫌な気持ちになるでしょう。しかし、電験三種の科目は他の科目と関連性が強いため、他の科目を勉強しているうちにわからなかったところが理解できるようになることがあるのです。

    わからないところがあっても飛ばして、まずは全体を一周させることで、電力の全体図を頭に入れることが大切です。

    送配電分野の次に発電分野を勉強する

    送配電分野は最も出題頻度が高いため、最初に勉強すると効率がいいです。しかし、参考書を見ると、送配電分野よりも発電分野の方が最初に掲載されています。

    そのため、発電分野を先に勉強する受験生が多いのですが、発電分野は深入りしてしまうと時間がかかってしまう科目です。

    発電分野を先に勉強すると効率が悪いため、送配電分野が終わった後に発電分野を勉強するようにしましょう。

    得点しやすい分野を重点的に勉強する

    電力は範囲が広く、得点しにくいため、得点しやすい分野で確実に点を取ることが重要です。電力で得点しやすい分野は以下の5つです。

    電力で得点しやすい分野
    • 水力発電の計算問題
    • 火力発電の計算問題
    • 電気材料の選択問題
    • 原子力発電所のエネルギー計算
    • 送配電の計算問題

    他にも、自分の得意分野がある場合は積極的に得点源にし、試験本番では落とさないようにしましょう。

    変電所と送配電分野は計算問題の演習を重視する

    変電所と送配電分野は、計算問題の傾向を掴むと得点しやすくなります。まずは電流が運ばれてくる流れや、電気の損失、変圧の仕組みについてしっかり理解しましょう。

    その上で過去問を15年分ほど遡って演習していくと、変電所の送配電分野の計算問題の傾向を掴むことができます。

    一度傾向を掴むことができれば、本試験で出題される問題を見た時も過去問との共通点を見つけることができ、しっかりと得点することができるでしょう。

    電力を学習するのにおすすめの参考書3選

    みんなが欲しかった! 電験三種 電力の教科書&問題集

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61BhKr95q5L._SX347_BO1,204,203,200_.jpg

    今までに電力について学んだことがない方でも、基礎から応用まで一通り勉強することができる参考書。源泉問題集もついているので、どこまで理解したかをチェックしながら勉強を進めていくことができます。

    この本の口コミ

    平易で図や説明がカラーで分かりやすい

    図が工夫されており、わかりやすい。

    Amazonカスタマー

    2019年度の試験を終えて

    この書籍の問題集は、易しい難易度の問題~高難度の問題までカバー出来てて良いです。

    山根和也

    これだけ電力(電験3種Newこれだけシリーズ)

    おすすめ度:★★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51QHFLAJBuL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

    電力の問題を解くためのポイントや公式を詳しく説明しています。合格するために最低限の力を備えるためにも、ぜひ勉強しておきたい参考書です。

    完全マスター電験三種受験テキスト 電力

    おすすめ度:★★★★

    https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51kDcX80F-L._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

    よく出題される問題を掘り下げて詳しく解説しているので、確実に得点力につなげられる参考書です。新傾向にも焦点を当て、得点力強化を目指します。

    この本の口コミ

    良い参考書です

    ていねいに解説された素晴らしい参考書です。過去問集を解いていく際、辞書のように使うことができます。
    問題を解くのに知らない語句が出てきても、索引から容易に解説箇所を見つけることができます。
    計算問題の解答が丁寧なので、解くためのプロセスが長くて複雑に見える問題も式変形がわからずに悩むことがなくストレスを感じません。
    問題演習を通じて自力で解けるようになっていく実感があります。
    公式集のように使うことができる数式索引が巻末についていて公式の導き方も全て載っているので安心です。


    ヨグ

    分かりやすい参考書

    難問とされ他の参考書やネットの解答ではしっくりこなかった問題(H25問16,H29問17など)に対し、わかりやすく厳密な解答が示されていてしっかり納得することができました。
    また,解答時間が足りない時などに使えそうな裏技的な略解もあり役立つと思います。


    まとめ

    電力は計算問題よりも知識問題の方が配点が高いです。しかし、知識問題は範囲が非常に広いため、得点しにくいという特徴があります。

    そのため、電力の勉強をするときは全ての範囲を満遍なく勉強するのではなく、頻出分野や得点しやすい分野に絞って学習することが大切です。

    電力を効率的に勉強し、合格を目指して頑張ってください。

    関連記事

    電験三種は過去問だけで合格は難しい!効率の良い正しい過去問の使い方を解説

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の試験について|試験概要から試験対策の方法まで解説

    電験三種の問題集ってどう選ぶのが良いの?参考書や過去問についても解説

    電験三種の合格率はどのくらい?各科目の詳細もご紹介

    電験三種の難易度は?攻略方法も紹介

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の電力を勉強方法するコツを紹介!出題範囲や傾向も解説

    電験三種の機械は効率的に学習しよう!各分野の出題頻度や傾向・学習方法も解説

    電験三種の法規は難しい?法規の対策法や暗記のコツも紹介

    電験三種で独学合格は可能?勉強方法やおすすめの参考書も紹介

    電験三種の理論の勉強方法は?対策法やおすすめ参考書も紹介

    電験三種のおすすめ参考書4選!参考書の選び方も解説

    第三種電気主任技術者試験は難しい?試験科目や合格率も解説

    電験三種は就職で有利になる?電験三種の就職先や業界も紹介

    電験三種の実務経験とは?資格認定の実務経験や実務経験が積める職場も紹介

    電験三種の科目合格って何?試験が有利になるって本当?

    電験三種って高校生でも取得できる?方法や難易度を解説

    電験三種の仕事とは?仕事内容や就職先も解説

    電験三種は転職に有利?転職先や転職後の平均年収も紹介

    電験三種の平均年収は?年収をアップさせる方法やAIの影響についても解説

    電験三種ってどんな試験?概要から取得するメリット、勉強法まで紹介

    おすすめの
    お役立ちコラム