Useful columns detail

お役立ちコラム詳細

作成日 2020/3/4

電験三種の問題集ってどう選ぶのが良いの?参考書や過去問についても解説

    電験三種の資格試験は難易度が高いことで有名です。この難易度の高い試験を確実に合格するために必要となるのが問題集です。

    今回の記事では、電験三種の試験対策方法から問題集の選び方、おすすめの問題集を紹介します。

    電験三種の試験の対策法


    分野ごとの出題率を把握する

    電験三種は分野の数も多いので、出題率ごとの勉強を心がけることが大切です。特に機械の科目は範囲が多く勉強するのが大変で、法規は一問ごとの配点が重いためヤマが外れた時のダメージが大きくなってしまいます。

    また、理論科目の理解度が、電力などの科目での得点に繋がりますので、しっかりと効率の良い勉強をしましょう!

    電験三種の各科目分野数
    • 理論…5分野
    • 電力…4分野
    • 機械…9分野
    • 法規…4分野

    計算問題もしっかり対策する

    電験三種は理論、機械を中心に計算問題も多く出題されます。そのため高校理数系レベルの数学の知識を勉強し、実際の試験では計算問題を素早く解けるようにしっかりと問題集で対策をしておきましょう!

    電験三種の問題集の選び方


    電験三種の資格試験のためのテキストは主に参考書、問題集、過去問に分けられます。それぞれの特徴を以下にまとめましたので、ぜひ参考にしてください!

    問題集は計算問題を多く練習できる物を選ぶ

    電験三種の問題集を買うに当たって、計算が苦手な人は計算問題が入っている物を選びましょう。

    先ほどもご説明した通り、電験三種の試験は計算問題が多く出るため膨大な反復練習によって計算速度を上げておく必要があります。

    また、ただ解き方を暗記するだけではなく、しっかりと解答に辿り着ける地力が必要になってきますので、解説が分かりやすい問題集がおすすめです。

    過去問は問題集としては使用してはいけない

    電験三種の試験で過去問を使った対策も考えられますが、過去問だけを使用するのはおすすめできません。その理由は過去問は出版社によって解説が違うためです。

    さらには、一度出題された応用問題の範囲が最新のテストでは出題され辛いというデメリットもあります。

    そのため、過去問は最後の実力試しや、次に出題されそうな分野の傾向を分析するために使いましょう。

    電験三種の試験対策としては、まずは参考書+問題集で勉強するのがおすすめです。
    電験三種のテキストの特徴
    • 問題集:説明が少なく、問題量が多い。勉強内容のアウトプット向き。
    • 過去問:過去の問題とその解説のみなので、実力を測る用。

    おすすめの電験三種の問題集

    ここでは電験三種の試験対策におすすめの問題集を、3つ紹介します。現時点で問題集選びに悩んでいる方や、科目合格を目指しているものの点数が伸びない方も参考にしてみてください。

    みんなが欲しかった電験三種シリーズ

    おすすめ度:★★★★★

    1つ目は、みんがが欲しかった電験三種シリーズです。こちらは、理論・電気・機械・法規それぞれ1冊ずつ販売されています。コンセプトは、とにかく分かりやすい解説と構成です。また、初めて受験する方や、独学で合格を目指す方にもおすすめです。各章の冒頭には、どのような内容を解説するのか概要をまとめているので、これから学習する範囲を理解した上で進められます。また、イラストの活用とやさしい言い回しは、これから勉強を始める方に適しているといえるでしょう。

    この本の口コミ

    このシリーズで完結
    色々レビューはありますが、普通に電気を習った大卒者であればこれで十分です。というか金額的にも時間的にも近道です。このシリーズを前科目買いましょう。それなりに時間を取って読み込めば8割は普通に取れます。問題解説が理解できなくとも、教科書読んだりググって調べて理解しましょう。それでもわからなければ公式覚えて終わりです。
    肉モドキ

    初心者向きで分かりやすいが、合格ラインに達する事は出来る
    文系でも分かりやすく最後まで読み進める事が出来た。説明が丁寧で、初心者向き。満点は目指せないが、しっかりこなせば合格ラインに達する事が出来る内容。3ヶ月毎日1-2時間の勉強で当科目合格出来た。
    Amazon カスタマー

    電験第3種スイスイ分かるシリーズ

    おすすめ度:★★★★★

    電験第3種スイスイわかるシリーズも、理論・電気・機械・法規の4科目に分けてテキストが作成されています。また、電気関係の専門知識を保有している方や電気工事士として働いている方など、基礎を学んでいることを前提として効率的かつシンプルに解説しているのが特徴であり強みです。未経験の方は、前の項目で紹介した入門者向けのテキストと共に購入するのもおすすめでしょう。

    この本の口コミ

    分かりやすさ
    ネットで紹介されていたのを見て注文しました。題名の通りスイスイわかると良いなと期待して購入しました。まだ静電気からコンデンサのあたりを勉強し始めたばかりですが、分かりやすく説明されているように感じています。数式が次から次への出てきて覚えるのと公式を使えるようになるまでが大変ですが、今のところは頑張れそうな気がしています。

    気になるのは、まだ読み始めたばかりなのに、計算式の中には( )が抜けているところがすでに見つかっているので、この先も誤植があるのではないかと自分で計算して確認しながら進めた方がよさそうに感じています。( )が有るか無いかで値が全く違うので参考書にはこのような間違えは無しにしてもらいたいものです。その分として星の数を減らしました。
    Amazon カスタマー

    電験3種これだけシリーズ

    おすすめ度:★★★★

    電験3種これだけシリーズは、基礎を理解し始めた方向けの参考書です。イラストを中心とた解説ということもあり、これから学習し始める方にもおすすめです。また、他の参考書と違い、文章も多いのでしっかり読み込みたい・1から丁寧に解説して欲しいという方にも合っているでしょう。

    この本の口コミ

    Newこれだけシリーズの数学と一緒に使っています。
    「Newこれだけシリーズこれだけ数学」を買って分かりやすかったので、「これだけ理論」も購入しました。数学は152ページ、理論は410ページと本著はかなり分厚いですが、問題数は出題傾向に重点を置き必要最低限ですが、要点や詳しい解説のイラストや図の掲載欄が多いため分厚い問題集になったという感じです。でも、ただの問題集ではなく、要点を読むと参考書。チャレンジ問題は難しいですが、巻末に解答に導くための詳細な解説があります。

    まずは、やさしい問題から基礎固めを行って、チャレンジ問題の正解率を上げるようにコツコツと繰り返し解いていこうと思う。本著でつまづいた時、「これだけ数学」をもう一度復習する時に使えるので、両方を上手く使って勉強しようと思います。

    まとめ


    以上、電験三種の問題週についてご説明してきました。電験三種の試験はがむしゃらに勉強するのではなく、効率よく学ぶことが必要です。

    そのため、問題集も出題傾向に沿っていて、かつ計算問題を多く練習できるものを購入するのがおすすめです。今回の記事に書かれていることを参考にして、ぜひ電験三種の試験を突破してください。

    電験三種の問題集の正しい選び方って?

    出題範囲順に勉強出来て、計算問題も多く練習できるものです。

    関連記事

    電験三種は過去問だけで合格は難しい!効率の良い正しい過去問の使い方を解説

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の試験について|試験概要から試験対策の方法まで解説

    電験三種の問題集ってどう選ぶのが良いの?参考書や過去問についても解説

    電験三種の合格率はどのくらい?各科目の詳細もご紹介

    電験三種の難易度は?攻略方法も紹介

    電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種の電力を勉強方法するコツを紹介!出題範囲や傾向も解説

    電験三種の機械は効率的に学習しよう!各分野の出題頻度や傾向・学習方法も解説

    電験三種の法規は難しい?法規の対策法や暗記のコツも紹介

    電験三種で独学合格は可能?勉強方法やおすすめの参考書も紹介

    電験三種の理論の勉強方法は?対策法やおすすめ参考書も紹介

    電験三種のおすすめ参考書4選!参考書の選び方も解説

    第三種電気主任技術者試験は難しい?試験科目や合格率も解説

    電験三種は就職で有利になる?電験三種の就職先や業界も紹介

    電験三種の実務経験とは?資格認定の実務経験や実務経験が積める職場も紹介

    電験三種の科目合格って何?試験が有利になるって本当?

    電験三種って高校生でも取得できる?方法や難易度を解説

    電験三種の仕事とは?仕事内容や就職先も解説

    電験三種は転職に有利?転職先や転職後の平均年収も紹介

    電験三種の平均年収は?年収をアップさせる方法やAIの影響についても解説

    電験三種ってどんな試験?概要から取得するメリット、勉強法まで紹介

    おすすめの
    お役立ちコラム