Useful columns list

お役立ちコラム一覧

  • TOP
  • お役立ちコラム一覧

31〜45件目を表示中

  • 電験三種の難易度は?攻略方法も紹介

    電験三種の資格は需要がとても高いと言われている一方で、その資格試験の難易度の高さで知られています。 今回の記事ではそんな電験三種の資格試験の難易度に関して紹介します。 。 それぞれの科目は理論が5分野、電力が4分野、法規が4分野となっていて機械に至っては9分野と特別多くなっているのです。 そして、がカギとなっているのです。 例えば、機械で得点するためには理論の内容を理解する必要があります。しかも表面的な知識だけでなく物理現象を理解する必要があるので、理論に対する習熟度が機械での得点に直結するのです。 各科目を網羅的に、そして本質から理解していないと解けない問題が試験に出題されることも、難易度が高くなっている原因の一つと言えます。 理由は電験三種は基礎問題と応用問題で難易度が大きく違い、応用問題は過去問と同じ問題は出ないと言う点から丸暗記が通用しないためです。 そのため基礎をしっかり覚え、実際の試験では解放までの道筋を見つけられる地力が必要となってくるのです。 となっています。 最新の試験である令和元年度に行われたテストは前年よりも多少合格者の割合は上がったものの、それでも10%を下回っています。 電験三種の合格率を科目別に見てみると、例年30%前後で推移しています。また、過去5年間の科目別合格率を以下に紹介します。 全科目の合格率と比較すると、高い水準ということも分かります。 理由の1つは、最初から科目別合格を前提として試験対策をしている方もいるためです。 科目別では30%台の合格率を記録していますが、全科目の合格率は低い傾向です。そして、難易度の高さだけでなく2つの理由も考えられています。また、1つは、前の項目と関係があります。 おためし受験の人が多い 全科目の合格率が低い理由の1つは、電験三種へおためし受験する方も多いためです。電験三種を含め資格試験を受験する全ての方が、必ずしも万全の状態で準備をしている訳ではありません。 そのため合格率にも影響するという理屈です。 科目合格狙いの人が多い もう1つの理由は、科目別合格狙いで受験している方も多いためです。 電験三種の場合は、合格した科目を翌年度・翌々年度まで引き継ぐことができます。また、事前申請は必要ですが、誰でも利用できる制度となっています。 科目別合格者は、1回の試験で1~3科目は不合格です。さらに 他の理系資格は、以下のような合格率の水準となっています。 理系資格の多くは、20~30%台の合格率ですので、電験三種(全科目)の合格率10%以下は低いということが分かります。続いて文系資格の合格率を紹介します。 文系の資格は、理系資格よりも資格によるばらつきが多いので、単純に電験三種の方が低いとはいえません。 していきます。 電験三種の試験範囲は広いだけでなく、覚える範囲も広いのが特徴です。しかし、だからといって全ての単語・理論・計算を覚えるのは、合格から遠ざかる原因の1つでもあります。 つまり電験三種の出題範囲に対して、どの項目が出題されやすいのか過去問などから見極める力も必要です。もちろん暗記系の資格ではありませんので、公式や原理を理解することも大切です。 電験三種の試験対策を始める時は、参考書を読んで理解することから始めましょう。最初から過去問や問題集を解いても、原理や仕組みなどが分からず非効率的です。 参考書で各項目を理解し、問題集で理解度を試しながら点数を伸ばしましょう。また、問題集で間違ったところは、参考書で復習します。 たとえば、理論の学習を始める時は、理論の参考書を一通り読み込み、問題集を解くことと復習を繰り返します。点数が伸びた・一定程度理解が深まったと判断した時に、次の科目へ移るという流れです。 また、理論の次に機械も土台となっているのが特徴です。ですので、試験対策の順番としては、理論、機械、電力、法規という流れで学習することをおすすめします。 理論は数学を土台として、電力の計算や電気回路・電子回路の計算なども行います。そして機械は電子回路・電気回路や、発電機・直流機など設備関係の仕組みに関する知識が問われます。 電力は、発電システムに関する内容を軸としていて、出題率も高い科目です。また、理論と関係している内容が多いため、先に理論を理解しておくことも必要です。 法規は、電気事業に関する法律のことですが、計算問題も多数含まれています。そのため、こちらも理論を理解していないと学習の難しい科目です。 電験三種の合格を目指す時は、科目別合格制度の利用もおすすめです。また、通常の試験では、翌年度の試験へ合格した科目の記録は引き継がれません。 通常の方法では時間と手間がかかるので、翌年度・翌々年度まで合格した科目が引き継がれる科目別合格制度を利用しましょう。 最初から科目別合格制度の利用を前提として準備していれば、1回の試験に対して1科目~2科目の学習に絞ることも可能です。また、1科目あたりの学習時間も増やせます。 以上電験三種の難易度についてご説明してきました。 今回お伝えしたい最も大事なことは、電験三種の試験は学ぶ範囲が多いこと、出題率が高い分野から勉強することです! 今回の記事に書かれていることを参考にして、ぜひ電験三種の試験対策に役立ててください! ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の数学の難易度は?出題範囲やレベル別おすすめ参考書も紹介

    電験三種試験では、理論、電力、機械、法規のいずれの科目でも計算問題が出題されるので、数学の知識は必須です。 本記事では電験三種の数学の難易度や、出題範囲、レベル別のおすすめ参考書などについて解説していきます。 これから電験三種の勉強を始める人や、電験三種試験の数学に不安がある人はぜひ参考にしてください。 電験三種試験で出題される数学の概要として、以下の3つの事項を知っておきましょう。 ここからは、これら3つの事項について具体的に解説していきます。 電験三種で出題される理論、電力、機械、法規の4科目はいずれも数学が必要となります。 法規は法律や省令が出題されるので、一見暗記のみで数学は関係なさそうですが、計算問題が出題されます。 で、全ての問題のうちが出題されます。 そして、電力では2割、機械では5割程度計算問題が出題されます。数学ができないと合格点を取ることができないので、数学の勉強は避けては通れません。 電験三種合格に必要な数学は、中学〜高校レベルです。高校数学に関しては、理系数学の知識までは必要ありません。 電験三種で必要な数学は、です。 電験三種の数学で出題される単元と問題は以下の通りです。 電験三種の数学について、以下の7つの単元の特徴を紹介していきます。 ここからは、これら7つの単元についてどのような単元なのか、そして勉強方法のポイントについて解説していきます。 数と式は一番基本的な単元なので、最初にマスターしておく必要があります。電験三種では、です。 分数の計算は、電気回路の合成抵抗の計算で、繁分数は電気の計算でそれぞれ使用します。 ちなみに、繁分数とは「分数の分数」のことで、分数の分子や分母の値が分数となっています。 平方根と指数は、します。 インピーダンスとは、交流回路での電圧と電流の比のことです。なかでもで、インピーダンスや電圧、電流の大きさを求める計算で使用します。 三平方の定理を使用することで、直列接続回路の計算問題を解くこともできます。 電気回路の計算問題で使用するキルヒホッフの法則で、になります。 キルヒホッフの法則とは、電気回路の任意の分岐点では、そこに流れ込む電流の和は、そこから流れ出る電流の和に等しいことを表す法則です。 三角比と三角関数とは、高校数学で習うsin(サイン)、cos(コサイン)、tan (タンジェント)のことです。 sin、cos、tanは角の大きさと線分の長さの関係を表す関数のことです。します。 ベクトルとは高校数学で習う単元で、力の大きさと方向を数学的に計算します。 電験三種では、します。 複素数も高校数学で習う単元で、実数の組(a,b)を虚数単位iを使ってa+biのように表して、これを一つの数とみなします。 記号法は、電圧、電流、インピーダンスを表現したもので、この計算をするときに複素数を使用します。 対数とは、ある数aを何乗すればbになるか、ということを表したものです。 対数の中でも、です。 最大定理・最小定理は、電気回路が最大電力を得るための条件を求める計算問題で使用します。 続いては、電験三種の数学対策について、3つのポイントから具体的に解説します。電験三種の試験内容は、数学をベースにしているだけでなく、試験範囲も非常に広いのが特徴です。 効率よく対策ができるよう、試験対策に何が必要なのかここで確認してみてください。 数学対策というと、中学・高校で習う数学を一通り学習しようと考えるケースもあるのではないでしょうか。確かに広く覚えておけば、その分多種多様な問題に対応可能です。 しかし、試験に出ない数学の分野を勉強しても非効率的ですし、電験4科目の勉強時間が減ってしまいます。 電験三種に必要な分野は、過去問や前段を見ると分かりますが絞られています。ですので、まずは電験三種のテキストや過去問などから、使用する分野だけに絞って数学を勉強することをおすすめします。 具体的な分野は、前段の7単元も参考にしてみましょう。 電験三種に使用する数学を勉強する時は、数式や数式に使用する単位の意味を理解するようにしましょう。電験三種で出題される計算問題は、過去問と同じ出題方法ではありません。そのため、問題に求められる解答と使用する数式の意味を理解しなければ、どのように計算すればいいのか分かりません。 たとえば三角関数は何を求めるものなのか、一次方程式や二次方程式の仕組みと何かなど、自分で理解しようと意識しながら、問題を解いたりテキストを読んだりしましょう。 電験三種では計算問題が多数出題されます。そのため、早く正確に解く力も養わなければいけません。そのためには、数学だけの演習問題を何度も解き、どのようなタイプの問題が出題されても瞬時に理解・計算できるよう慣れておきましょう。 数学だけの演習問題を解くには、過去問や問題集の数学分野を使用するのもおすすめです。一般的な数学のテキストと違い、電験三種特有の出題方法(電気回路と組み合わせた問題など)にも慣れることもできます。 電験三種の数学を勉強するなら、自分のレベルにあった参考書を選ぶことが大切です。 数学の参考書は、以下の3つのレベルに分けることができます。 ここからは、それぞれのレベルにあった電験三種の数学の参考書を紹介していきます。 数学が全くわからないレベルであれば、以下の参考書をおすすめします。 これらの参考書は、です。 高校数学を忘れてしまっているという方はこれらの参考書で学び、昔の知識を思い出しましょう。 おすすめ度:★★★☆☆   一般的な高校数学のテキストと違い、なぜこのような数式になるのか・どのような場面で使用するのか、といった視点で解説しているのも特徴的です。内容は教科書的な構成ですので、教科書のようなテキストを探している方にも適しています。また、上下巻2冊で高校数学を網羅しています。(100字程度) この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 「長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書」は、明治大学理工学部客員教授の長岡先生による講義をCDとDVDに収録したテキストです。文字だけでは理解しにくい箇所を、言葉で説明されることによって理解度を深めやすい特徴となっています。(100字程度) この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ タイトル通り、高校で学ぶ数学の基礎に重点をおいたテキストです。計算については、適宜文字による説明があるので、苦手な方にも配慮された作りとなっています。また、読者層を高校数学の苦手な方を対象にしているので丁寧な解説です。これから数学を基礎から勉強する方にもおすすめの1冊でしょう。(100字程度) この本の口コミ 数学の知識が少しはあるけど、電験三種の数学を解く自信がないという方は、以下の参考書をおすすめします。 これらの参考書は、です。 まずはこれらの参考書を解いて、電気数学に慣れていきましょう。 おすすめ度:★★★☆☆ 「マンガでわかる電気数学」は、電気系の資格試験で必要とされている数学の基礎を、マンガも活用しながら丁寧に解説しています。イラストによる解説を好む方や、中学の数学を身に付けている方などにおすすめです。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 1987年の初版から30年以上発行し続けている、ロングセラーのテキストです。対象読者には電験三種の受験者も含めているので、試験対策にも適しています。また、各章の最初にどのような内容を解説するのか、端的にまとめていたり適宜図を使用していたりと、読みやすさにも力を入れているのが特徴です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 主に電気工事士資格試験で使用する電気数学を軸に解説していますが、電験三種にも共通している部分もあります。また、入門者向けに分かりやすく説明していて、補助的なテキストとして使用するのもおすすめです。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 「第1種・2種電気工事士のためのやさしい数学」は前段と同じく、電気工事士の資格試験で使用する数学を中心に解説しています。しかし、電験三種でも使用するルートなど、基礎的な数学も丁寧に解説しているので電験三種受験者にもおすすめです。また、ページ数が少ないので、外出時の勉強にも適しています。 この本の口コミ 数学に自信があるレベルであれば、電気数学の参考書は必要ありません。 知識をインプットしたら、そのまま問題集や過去問などで問題演習をしていきましょう。 数学に自信がある方におすすめの参考書には以下のシリーズがあります。 これらのシリーズは、です。 これらの参考書で繰り返し問題演習をしていけば、電験三種合格には十分です。 おすすめ度:★★★★★   「電験三種合格一直線シリーズ」は、理論の他にも機械・法規・電力のテキストを販売しています。主な特徴は数学や電気理論など、基礎を理解している前提で解説している点です。専門的かつ詳細に解説しているので、基礎から応用へ進みたい方におすすめの1冊でしょう。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 前段と同じく理論・法規・電力・機械、それぞれ1科目につき1テキストという構成です。また、電験三種の点数を獲得するために最低限必要な要素をまとめているので、他のテキストと合わせることで不足項目を補完できるでしょう。内容は基礎から丁寧に説明しているので、数学が多少苦手という方にも理解しやすい構成です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 「完全マスター電験三種受験テキスト」は、主に一通り電験三種の内容を勉強し、基礎を理解した方向けの応用テキストといえる位置付けです。また、難易度の高い応用問題などを中心としているので、点数をさらに伸ばす・応用も理解しておきたい方に適しています。 この本の口コミ 電験三種を受験するなら数学の知識は必須です。 知識の範囲としては中学数学から高校数学までなので、忘れている場合は復習する必要があります。 数学の参考書はレベル別に様々な種類が市販されているので、自分のレベルに合った参考書を選ぶようにしましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の電力を勉強方法するコツを紹介!出題範囲や傾向も解説

    電験三種の電力は、全科目の中でもイメージがしやすいことから、勉強していてとっつきやすい科目であると言えますが、合格率は10%~15%と低めとなっています。 本記事では電力の特徴や出題分野、範囲、傾向、合格基準点と合格率などを紹介した上で、電力の学習方法について解説していきます。 電験三種の勉強を始めた方や、これから電力の勉強を始めようとしている方はぜひ参考にしてください。 電験三種の電力の概要として、以下の5つの項目に分けて紹介していきます。 ここからは、これら5つの項目について詳しく解説していきます。 電力の特徴は、ということです。そのため難しい問題を解くのではなく、電力の様々な分野を浅く広く学習していく必要があります。 また、電力は理論や機械とは異なり、のが特徴です。 電験三種試験において計算問題は得点源となりますが、電力では計算問題が少ないので安定して得点するのは難しいです。 正誤問題が多いことから、知識を正確に理解することを意識して学習を進めていく必要があります。 電力の出題分野と範囲は以下の通りです。 電力の各分野の出題率 以下は年度ごとの電力の各分野の出題数と平均です。 電力の出題頻度の高い分野 電力の各分野を出題頻度の高い順に並べると、以下のようになります。 電力の分野の中でも、特に学習しておくべき問題は以下の4つです。 これらの問題は過去10年間で繰り返し出題されているため、重点的に学習しておきましょう。 電力では知識問題と計算問題が出題されます。それぞれの配点は毎年異なりますが、となっています。 計算問題よりも知識問題の方が配点が高くなっていますが、知識問題は範囲が広いため得点するのは難しいです。 そのため、 電力の年度別合格率は以下の通りです。 電力のであることから、難関であることがわかります。 合格率10%台の国家資格として、宅地建物取引士、行政書士、電気工事士などがあります。 電験三種の電力を勉強する際は、以下の4つのコツを意識しましょう。 ここからは、これら4つの勉強のコツについて具体的に解説していきます。 電力は範囲が非常に広い科目であるため、まずは全体を一周させることが大切です。わからないところにこだわっていると、いつまでも試験範囲を終わらせることができません。 たしかに、わからないところがあると、理解できないまま先に進むのは嫌な気持ちになるでしょう。しかし、電験三種の科目は他の科目と関連性が強いため、のです。 わからないところがあっても飛ばして、まずは全体を一周させることで、電力の全体図を頭に入れることが大切です。 です。しかし、参考書を見ると、送配電分野よりも発電分野の方が最初に掲載されています。 そのため、発電分野を先に勉強する受験生が多いのですが、科目です。 発電分野を先に勉強すると効率が悪いため、送配電分野が終わった後に発電分野を勉強するようにしましょう。 電力は範囲が広く、得点しにくいため、得点しやすい分野で確実に点を取ることが重要です。電力で得点しやすい分野は以下の5つです。 他にも、自分の得意分野がある場合は積極的に得点源にし、試験本番では落とさないようにしましょう。 変電所と送配電分野は、計算問題の傾向を掴むと得点しやすくなります。 その上で過去問を15年分ほど遡って演習していくと、変電所の送配電分野の計算問題の傾向を掴むことができます。 一度傾向を掴むことができれば、本試験で出題される問題を見た時も過去問との共通点を見つけることができ、しっかりと得点することができるでしょう。 おすすめ度:★★★★☆ 今までに電力について学んだことがない方でも、基礎から応用まで一通り勉強することができる参考書。源泉問題集もついているので、どこまで理解したかをチェックしながら勉強を進めていくことができます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★★ 電力の問題を解くためのポイントや公式を詳しく説明しています。合格するために最低限の力を備えるためにも、ぜひ勉強しておきたい参考書です。 おすすめ度:★★★★☆ よく出題される問題を掘り下げて詳しく解説しているので、確実に得点力につなげられる参考書です。新傾向にも焦点を当て、得点力強化を目指します。 この本の口コミ 電力は計算問題よりも知識問題の方が配点が高いです。しかし、知識問題は範囲が非常に広いため、得点しにくいという特徴があります。 そのため、電力の勉強をするときは全ての範囲を満遍なく勉強するのではなく、頻出分野や得点しやすい分野に絞って学習することが大切です。 電力を効率的に勉強し、合格を目指して頑張ってください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の機械は効率的に学習しよう!各分野の出題頻度や傾向・学習方法も解説

    機械は電験三種の科目の中でも出題範囲が広いので、効率的に学習することが重要です。効率的な学習のためには、出題範囲と頻出分野、出題傾向について知っておく必要があります。 そこで、本記事では電験三種の機械の出題分野と範囲、合格率と合格基準点、出題傾向について紹介した上で機械の学習方法について解説していきます。 電験三種資格に興味のある方や、これから電験三種の機械の学習を始める方はぜひ参考にしてください。 電験三種の機械の概要として、以下の3つの事項を紹介していきます。 ここからはこれら3つの事項について詳しく解説していきます。 機械の出題分野と範囲は以下の通りです。 機械の各分野の出題率 機械の各分野の年度別出題数と出題率は以下の通りです。 機械の出題頻度の高い分野 機械の各分野の出題率から、回転機の出題率が圧倒的に高いことがわかりますとなっています。 これらため、それだけで合格点に達します。 そのため、機械の学習をするときはこれら4つの分野を重点的に学習しましょう。 電験三種では、知識問題と計算問題が出題されます。配点は毎年異なりますが、となっています。 注意していただきたいのは、機械の知識問題は範囲が非常に広いため、得点するのが難しいということです。 知識問題は5割程度得点できれば良いと割り切り、です。 機械の合格点は毎年変わりますが、47.23点〜58点の間となっています。目標点は55点ですが、 機械の合格率は以下のようになっています。 年によってばらつきがありますが、であるため、国家資格の中では難関の部類であると言えます。 参考までに、宅地建物取引士試験の合格率が15〜17%、行政書士試験の合格率が10%前後となっています。 電験三種の機械の学習方法として、以下の5つのポイントを紹介していきます。 これまでも説明してきたように、機械の出題範囲は非常に広いため、出題頻度の高い分野に絞って効率的に学習することが大切です。 です。 出題頻度の低い分野は後回しにして、まずはこれら4つの分野で高得点を取れるように重点的に学習していきましょう。 試験では実際に存在する機械が出題されるため、勉強するときは具体的にイメージしながら学習すると効果的です。 テキストだと図やイラストしか掲載されていないため、動画で実際の機械を見ながら学習することをおすすめします。 ので、記憶に定着しやすいというメリットがあります。 機械の知識を覚えるときは、単に暗記するのではなく理解しながら覚えるようにしましょう。 現在学習しているのが機械のどの部分のことなのか、現在答えを求めている計算問題は機械の何に関することなのか、ということを理解しておくことが大切です。 単なる暗記だけで勉強を続けていても、勉強を進めていくにつれて他の分野との違いがわからなくなり、混乱してしまうからです。 直流機、誘導機、同期機のそれぞれがどのように違いのかなど、 機械の学習をする上で、以下のように分野別のポイントを頭に入れておきましょう。 ここからは、これら3つの分野別のポイントについて具体的に解説していきます。 回転機と変圧器から学習する 機械の頻出分野は、回転機、変圧器、パワーエレクトロニクス、基本情報です。このうち、回転機と変圧器から最初に勉強するようにしましょう。 からです。 回転機と変圧器は等価回路を重点的に学習する 回転機と変圧器を勉強するときは、等価回路を重点的に学習するようにしましょう。等価回路は、難しい電気現象を電気回路で考えるためのものです。 等価回路を覚えることで、 基本情報とパワーエレクトロニクスは効率を重視する です。 そのため、基本情報の勉強をするときは、この2つの分野から始めましょう。 論理回路の真理値表と論理式を勉強するときは、論理式と論理回路記号の暗記をすることが重要です。 です。単相整流回路の基本動作と回路図をしっかり理解して学習しましょう。 いきなり機械の勉強をするのは、効率的ではありません。 機械の出題範囲は「理論」の内容に基づいているため、です。 できれば理論の範囲全体を勉強し、計算問題も一年分くらい解いておおよその感覚をつかんでから、機械の勉強に進みましょう。 おすすめ度:★★★★☆ 分かりやすくかみ砕いて説明している参考書。フルカラーの図解付きなので、イメージがつきやすく、電気工事などの経験がない方にも理解しやすいです。初心者にはもちろん、機械に苦手意識がある方にもおすすめ。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 簡単な問題をまとめて基礎から分かりやすく説明するページから、チャレンジ問題の詳しい解説までバランスよく配置されています。どの参考書にしようか迷ったときに、おすすめの一冊です。 おすすめ度:★★★★☆ とにかく問題をたくさん解いておきたいかたにおすすめの問題集です。傾向や分野が偏らないように問題がセレクトされているので、何度も繰り返して勉強すれば苦手分野をなくしていくことができます。 電験三種の機械は非常に範囲が広いため、効率的に学習することが大切です。 機械の中でも頻出分野は、回転機、変圧器、基本情報、パワーエレクトロニクスの4分野です。これら4つの分野に絞って効率的に学習し、知識問題ではなく計算問題で得点するようにしましょう。 計算問題で7〜8割を得点できれば、知識問題が5割程度であったとしても合格点に達します。ぜひ機械の合格を目指して頑張ってください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の法規は難しい?法規の対策法や暗記のコツも紹介

    電験三種の法規はどのくらい難しいのか、どのように勉強すればいいのかわからず困っている方も少なくないかと思います。 本記事では電験三種の法規とはどのような科目なのか出題範囲や傾向、合格基準、合格率などを紹介した上で、放棄の勉強方法について解説してきます。 電験三種の法規が苦手だという人や、これから法規の勉強を始めるのに何から手をつけていいかわからないという方はぜひ参考にしてください。 電験三種の法規を勉強する前に、まずは概要として以下の4つを知っておきましょう。 ここからは法規の概要に関するこれら4つの事項について詳しく解説していきます。 法規とは法令問題のことを意味しており、具体的には以下の7法が出題されます。 そして、これら7法にはそれぞれ解釈、施行令、施行規則が付属しています。施行令と施行規則は、条文には書かれていない詳細な事項が記載されています。 電験三種の法規は暗記問題と計算問題の2つに分かれています。 であるため、暗記中心の勉強が必要となります。となっており、以下の9パターンが出題されます。 法規の配点はA問題とB問題で以下のようになっています。 法規の合格基準点は以下のように年度毎に異なっています。 法規の年度別の合格率は以下のようになっています。 年度によってばらつきはあるものの、となっています。 そのため、法規のみの合格を目指す場合も、難易度は高いと言えるでしょう。 電験三種の法規の勉強方法として、以下の4つのポイントを紹介します。 ここからはこれら3つの勉強方法について具体的に解説していきます。 以前の電験三種試験であれば、法規に関しては過去問を繰り返し演習していれば本試験でも十分に対応することができました。 しかし、電験三種の法規は年々難化しているため、過去問演習だけでは対応できなくなっています。だからといって、過去問演習が重要でないということではありません。 ため、過去問演習をしておくことは大切です。 過去問演習をする場合はでしょう。 電験三種受験業界では、B問題を制す者は法規を制すと言われています。 A問題は穴埋め問題や正誤判別問題なので暗記が重要ですが、出題範囲が非常に広いため過去問を演習しても5割程度しか得点できません。 しかし、 そのため、A問題ではなくB問題でしっかり得点しておくことが、法規で合格点を取る上で重要な戦略となっているのです。 出題される7法の中でも、「電気設備に関する技術基準を定める省令」は後回しにすることが大切です。です。 範囲が広いだけでなく頻出の条文もなく、出題率が分散しているため、頻出の条文飲み勉強するといった対策が立てにくくなっています。 また、細かい数値を覚えなければならないため、という特徴もあります。 そのため、「電気設備に関する技術基準を定める省令」に力を入れて勉強することはおすすめできません。 理論と電力、機械の3科目は、暗記というよりは「理解して計算問題を解く」科目です。 しかし、法規は異なります。時間をかけて理解するよいうよりはなので、早いうちに勉強をしてしまうと、試験当日に忘れてしまう恐れがあるのです。 まずはじっくりと理論を勉強し、理論で覚えた知識を基に電力と機械を学んでいきましょう。そして、試験の3ヶ月くらい前から法規の勉強を始めてください。 電験三種の法規を勉強する時のコツとして、以下の3つを紹介します。 ここからはこれら3つのコツについて詳しく解説していきます。 電験三種の法規は全部で7法もある上に、それぞれの法律は最低でも数十の条文があります。すべての条文を覚えようとしても覚えられないので、出題頻度の高い条文に絞って学習しましょう。 出題頻度の低い条文に関しては、過去問で出題された条文のみを学習するようにしましょう。 電験三種の法規用に法令集が市販されていますが、法令集を使って学習するのはおすすめできません。からです。 もし法令集を使用する場合は、問題演習をしていて出てきた条文を調べるといった辞書的な使い方をしましょう。 法令を勉強していると、根拠となる条文番号が出てきますが、条文番号まで覚えるのはやめましょう。 過去問演習をしてみればわかることですが、からです。 勉強をしているうちに自然と条文番号まで覚えられるということであれば問題ありません。しかし、条文番号そのものを覚えるのは無意味であることを知っておきましょう。 おすすめ度:★★★★☆ 独学で勉強する方におすすめの参考書。説明だけでなく問題も多数掲載されているため、これ一冊で法規の合格を狙えます。また、フルカラーの図表が多いのもポイント。今まで一度も電気関係を勉強したことがない方でもイメージをつかみやすく工夫されています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 合格に必要な知識を厳選して解説している参考書。少しでも覚える量を減らしたい方にもおすすめです。また、イラストを多用しているため、重要事項が記憶に残りやすい点もメリットです。 おすすめ度:★★★★☆ 基本となる事柄をコンパクトにまとめた参考書。今まで電気について学んだことがない方が、最初に読む本としてもおすすめです。説明には図も添えられているためイメージしやすく、実務経験がない方にも適しています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 頻出問題を網羅している参考書。効率よく受験勉強したい方におすすめの良書。新傾向の問題の分析にも少なくないページを割いているので、高い得点力を身につけることができます。 この本の口コミ 電験三種の法規は、暗記中心のA問題と計算問題が出題されるB問題に分かれています。 配点としてはA問題が高いものの、範囲が非常に広く得点しにくいため、B問題を完璧に解けるようにするのが合格する上で重要です。 法規を暗記するときは、出題頻度の高い条文のみに絞って学習し、譜例集は使用せず、条文番号は覚えないということは徹底しましょう。 これから法規を勉強する方は、ぜひ効率の良い勉強をして合格を目指して頑張ってください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種で独学合格は可能?勉強方法やおすすめの参考書も紹介

    電験三種を受験する方の中で、予算の都合で予備校に通えず、独学で合格するための勉強方法を知りたい方も少なくないかと思います。 そこで、本記事では、電験三種の勉強を独学でするメリットとデメリットについて紹介した上で、独学での勉強方法について解説していきます。 電験三種に独学で合格を目指している方はぜひ参考にしてください。 予備校やオンライン学習などでも勉強できますが、実は、電験三種は独学でも十分合格できる試験です。 基礎から応用、新傾向の過去問まで網羅した参考書も数多く出版されていますので、仕事で電気に関わっている方はもちろんのこと、まったく電気関係のことを学んだことがない方も、。 実際に独学で勉強する方も多く、参考書や過去問だけで電験三種合格を手にする方も少なくありません。 ここからは電験三種を独学で勉強するメリットとデメリットについて解説していきます。独学で勉強しようか予備校を利用しようか迷っている方はぜひ参考にしてください。 独学で勉強することのメリットは以下の2つです。 ここからはこれら2つのメリットについて具体的に解説していきます。 費用がかからない 独学のメリットは、予備校を利用するのと比べると費用がかからないことです。 予備校を利用すると数万円から数十万円の費用がかかってしまいますが、 そのため、予算に余裕がない人であれば独学で勉強するのをおすすめできます。 自分のペースで学習できる 独学のメリットとして、自分のペースで学習できることも挙げられます。 予備校を利用するとカリキュラムが組まれ、それに沿って試験当日まで学習を進めていくことになります。 そのため、指定されたカリキュラムを消化しなければならず、自分に合ったペースで学習を進めることはできません。 独学であれば 独学で勉強することのデメリットは以下の3つです。 ここからはこれら3つのデメリットについて具体的に解説していきます。 モチベーションの維持が難しい 予備校に通っていれば学習環境が整っているためモチベーションを維持しやすいですが、独学で勉強しているとモチベーションの維持が難しくなります。 電験三種は難関試験であるため、学習期間は半年以上の長期間に渡ります。科目合格制度があるため、数年かけて合格していく人も珍しくありません。 そのため、 スケジュールの管理が難しい 予備校であればカリキュラムを組んでくれるため、本試験までの学習スケジュールを管理するのは容易です。 しかし、独学であれば学習ペースを自分で考えなければならないため、スケジュールを管理するのが難しくなります。 特に、です。学習ペースがわからず、不完全な状態で本試験に臨むことになってしまう可能性もあります。 質問ができない 予備校であればわからないところがあれば、すぐに講師に質問することができます。しかし、独学の場合、わからないところがあっても自分で解決しなければなりません。 そのため、質問できないことにより効率的に勉強することができないというデメリットがあります。 電験三種の各科目を勉強する場合、します。 理論は全ての科目の土台となるため、理論の理解があやふやだと、他の科目についてもしっかり理解して学習することができないからです。 法規は暗記科目であるため、早めに勉強してしまうと、試験本番までに忘れてしまいます。そのため、試験本番が近くなったら法規を暗記すると効率がいいです。 電力と機械に関しては順番は重要でないので、理論が終わった後に勉強しましょう。 たいていの参考書は良書といって間違いないですが、合う合わないがあるため、ある人にとって最高の参考書でも別の人にとっては理解しづらい可能性があります。 誰かに勧められたからといって参考書を買ってしまうのではなく、ようにしてください。 本屋さんで探すのも良いですが、品ぞろえを重視するならネット注文もおすすめです。購入者のレビューをよく読み、自分に合いそうなのか判断しましょう。 参考書だけを読んでいても、合格に必要な学力を身につけることは困難です。 かならずし、自分がどこまで理解しているのかを確認しながら勉強を進めていきましょう。 できれば参考書で1単元進むごとに問題集を開き、細かく習熟度をチェックするようにしてください。 だらだらと参考書を読んでいるだけでは、学習への意欲は落ちてしまいます。モチベーションを保つためにも、計画的に勉強を進めていくことが大切です。 電験三種の試験範囲は広いので、になります。 最後の3ヶ月は復習に時間を充てるようにして、無理なく勉強できるスケジュールを組みましょう。 ここでは電験三種の独学での各科目の勉強方法について解説していきます。 理論では出題される問題のうち、8割が計算問題、残りの2割が正誤判別問題と穴埋め問題となっています。 です。 理論の計算問題では電磁気、直流回路、トランジスタなど幅広い分野から出題されます。 電力では火力発電や水力発電などの発電所の出力を求める計算問題や、送配電の問題などが出題されます。 電力では、です。 理論に比べると計算問題が少なく、計算問題が5割、正誤判別問題と穴埋め問題が5割の配点となっています。 機械では、直流機や誘導機、同期機といった電動機の問題が出題されます。機械は出題範囲が広いため、覚えることが多い一方、内線で用いられる身近な電気設備が多いのが特徴です。 しましょう。 法規では、電気事業法、電気工事法、電気設備に関する設置基準などの法令が出題されます。 ほとんどが暗記科目で、穴埋め問題となっていますが、B問題では計算問題も出題されるので注意しましょう。計算問題では、電柱の根入れや架線の強度などが出題されます。 法令で定められた細かい数値を覚える必要があるため、となっています。 電験三種を独学で勉強するなら、以下の3つの参考書がおすすめです。 ここからはこれら3つの参考書の特徴について紹介していきます。 おすすめ度:★★★★☆ 「電験三種 ニューこれだけシリーズ」は、電験三種の参考書の中では非常に知名度の高い参考書です。 が、がされています。 基礎知識がある程度ある方や、知名度の高い参考書を使いたいという人にはおすすめです。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆ 「電験三種 やさしく学ぶシリーズ」は、電験三種の参考書の中ではです。 に掲載されており、インプットが終わった後にアウトプットをしたい人におすすめです。 おすすめ度:★★★★★ 「誰でもわかる電験参考書シリーズ」は電子書籍であるのが特徴です。 タブレットに入れればカバンの中で嵩張らないため、外出中に勉強したいという人にはおすすめできます。 内容は この本の口コミ 電験三種の独学での勉強方法について解説していきました。 独学での勉強はモチベーションの維持やスケジュールの管理、疑問点の解消など予備校よりも不利になることがあります。 電験三種は合格率が10%未満の難関試験であるため、独学での勉強は容易ではありません。 しかし、現在では様々な種類の参考書が販売されているため、自分に合った参考書を使ってしっかり勉強すれば合格できます。 ぜひ独学で電験三種の合格を目指して頑張ってください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の理論の勉強方法は?対策法やおすすめ参考書も紹介

    電験三種の理論は、機械、電力、法規の全ての科目における基礎となるため重要です。そのため、理論を理解できていなければ他の科目の学習を効率的に進めることはできません。 本記事では理論をしっかりと理解して学習するために、理論の勉強方法や対策方法を解説し、おすすめの参考書を紹介していきます。 これから電験三種の理論を勉強する方はぜひ参考にしてください。 電験三種の理論とは、どのような科目なのでしょうか。ここからは理論の出題範囲と配点、出題傾向に分けて解説していきます。 電験三種の理論の出題範囲と配点は以下の通りです。 各分野は毎年、同じような配点で出題されます。です。 電験三種の理論の過去10年間の出題傾向は以下のようになっています。 電験三種の4つの科目(理論、電力、機械。法規)の難易度は、年度によって大きく異なります。 たとえば令和元年度は機械の合格率がもっとも高かったのですが、平成30年度は電力がもっとも高く、難易度が低かったと考えられます。 理論に関しても、年度によって合格率が大きく異なり、平成22年度のように約2割が合格した年もあれば、平成30年度のように1割強しか合格できなかった年もあるのです。 。4つの科目の基礎となる「理論」を、時間をかけて丁寧に学んでいきましょう。 電験三種の勉強をするときは、各科目どういった順番で勉強していくかが重要です。そこで、本記事では電験三種の勉強する順番について解説していきます。 理論は全ての科目の土台となる科目であるため、です。 理論が理解できていないと、他の科目を勉強する時につまずいてしまう原因となります。 電力と機械の順番は自由ですが、しましょう。法規の勉強を早めに始めると、暗記した知識を忘れてしまうからです。 試験直前に焦って詰め込むのは禁物ですが、ある程度試験が近づいてから法規の勉強に取り掛かると効率的に知識をつけることができます。 電験三種では科目を勉強する順番が重要ですが、受験するときは一発合格を狙うことが大切です。電験三種は科目合格制度があるため、一年で一科目ずつ着実に合格していこうと考えている方は多いです。 しかし、電験三種の各科目は違いに関連性が強いため、ある科目を勉強することで他の科目の理解度も上がっていきます。 そのため、 理論を勉強する時のポイントは、です。そして、交流回路を勉強するには、直流回路を理解しておく必要があります。 そのため、理論を勉強するときは、直流回路、交流回路、三相交流回路の3つをしっかり勉強するようにしましょう。 この3つの分野だけで40点あるので、ことになります。   次に対策時に注意すべき4つの一般的なポイントを紹介します。 理論の問題のうち8割が計算問題であるため、公式を覚えることが重要です。 公式を覚えるときは、単に暗記するのではなく、理解した上で覚えるようにしましょう。 公式を覚える時のです。公式を使って計算問題を解いているうちに、自然と公式を覚えられるようになります。 電験三種では過去問が重要ですが、過去問を繰り返し解いていても本試験で失敗してしまう人は少なくありません。 過去問をしっかり解いているのに本試験で点が取れない原因は、理解があやふやであることです。 本試験では過去問がそのまま出題されることはなく、 そのため、しっかりと理解していないと類似問題が出た時に得点することはできません。勉強するときは、しましょう。 電験三種では単純な暗記問題は法規だけで、ほとんどの問題は理解が重視されます。 電験三種の分野は体系性があるため、 そのため、ある分野だけを理解するのではなく、他の分野と関連づけて勉強することで、科目全体を体系的に理解することができます。 体系的に理解することで知識に穴がなくなり、本試験での対応力も高まるでしょう。 いつでも参考書や過去問を見て勉強できるわけではありません。たとえば混雑する電車の中で本を開けて鉛筆を用意して…というのは現実的ではないでしょう。 ちょっとした隙間の時間でも学習できるように、のはいかがでしょうか。 電験三種のe-ラーニングに登録したり、電子書籍を購入したりすることもおすすめです。短期間で合格を目指すためにも、ぜひ本以外の勉強方法も用意しておいてください。 電験三種の理論が学べる参考書として以下の4つをおすすめします。 ここからはこれら4つの参考書の特徴について解説していきます。 おすすめ度:★★★★★ 「電験三種 理論の教科書問題集」はフルカラーで図が多いのが特徴であるため、できます。 重要度や難易度の表示があるため、重要度の高い問題だけを解いていくこともでき、メリハリをつけて勉強を進めていくことが可能です。 問題集が別紙で付属しているため、インプットした後にアウトプットすることもできます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★★ 「電験三種これだけシリーズ(1)これだけ理論」は、漫画やイラストで解説されているため、のが特徴です。 易しい問題、要点、詳しい解説、バイパス解説、重要ポイント、チャレンジ問題と理解度に合わせて順を追った勉強をすることができるようになっています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 「電験三種スイスイわかる理論」は解説のレベルが高いことが特徴であるため、基本的な学習を終えたできます。 左右見開き2ページで、左側が解説、右側が問題となっているため、インプットとアウトプットを繰り返すことで効率的に学習を進めることが可能です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★★ 「電験三種受験テキスト 理論」は解説のレベルが高く、です。 そのため初心者が選ぶと挫折してしまいますが、ある程度学習が進んだ人が最後の仕上げに使用するのにおすすめできます。 この本の口コミ 電験三種の理論は他の科目の土台でもあるため、電力、機械、法規を理解する上でも重要です。そのため、電験三種の勉強を始めるときは最初に理論から勉強をするようにしましょう。 理論を勉強するときは、配点の大きい直流回路、交流回路、三相交流回路を重点的に勉強すると効率がいいです。理解を重視し、体系的に学習することを意識しながら理論の勉強を進めてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種のおすすめ参考書4選!参考書の選び方も解説

    電験三種の問題には難解なものが多く含まれているため、しっかりと試験対策を行う必要があります。対策を行う際に使用する参考書で、大きく試験の結果が変わると言っても過言ではありません。 しかし、電験三種の参考書は様々な出版社から販売されているため、どの参考書を選んだらいいのかわからず困っている方も少なくないと思います。 そこで、本記事では電験三種のおすすめの参考書4選と参考書の選び方を紹介していきます。 市販の参考書で勉強する場合、予備校などは使わずに独学で学習を進めていくことになります。 参考書で勉強する場合、予備校を使って勉強をするのと比較してどのようなメリットやデメリットがあるのかを解説していきます。 参考書で勉強するメリットとして以下の3つを上げることができます。 ここからは、これら3つのメリットについて具体的に解説していきます。 費用を安く抑えられる 参考書で独学で学習する場合、予備校に比べて格段に費用を安く抑えることができます。 予備校を利用すると、数万円から数十万円の費用がかかってしまいます。しかし、 資格の取得にかけられる予算があまりないという人には参考書を使った独学をおすすめできます。 自分のペースで学習できる 参考書を使って学習する場合、予備校とは異なり、自分のペースで学習することができます。 予備校を利用すると、本試験までの学習スケジュールが決められているため、スケジュールに沿ってカリキュラムを消化しなければなりません。 勉強をしていると、じっくり時間をかけて理解したい部分もあれば、難しくないので時間をかけずに終わらせたい部分も出てくるでしょう。 参考書で独学をする場合、 自分に合った参考書を選べる 参考書を使って学習をする場合、市販されている多数の参考書の中から自分に合った参考書を選ぶことができます。 予備校の場合、テキストは決められているので、自分で選ぶことはできません。 市販の参考書であれば、レベル別、分野別で選べるほか、図や絵が多いもの、解説がしっかりしているものなど、様々な種類から選ぶことができます。 自分にぴったり合った参考書を選ぶことができるため、 参考書で勉強するデメリットとして以下の3つを上げることができます。 ここからは、これら3つのデメリットについて具体的に解説していきます。 モチベーションの維持が難しい 参考書で勉強する場合、モチベーションを維持することが難しくなるのがデメリットです。 電験三種は合格率が10%未満の難関試験であるため、試験勉強は半年以上の長期間継続する必要があります。 特に社会人の方の場合、 通学するタイプの予備校であれば、自分と同じように頑張って勉強している人たちがいるので、危機感を覚えたり勇気づけられたりして、モチベーションは上がります。 また、予備校で仲間を作ることができれば、勉強について相談することができたり、同じ悩みを共有することができたりすることで、勉強を継続する気力を維持することができるでしょう。 スケジュールの管理が難しい 参考書で独学する場合、です。 予備校を利用すれば、カリキュラムを組んでくれるので、試験本番までに必要な勉強の範囲や勉強量を知ることができます。 そのため、予備校のカリキュラムに従って勉強すれば、スケジュールについては自分で考える必要はありません。 質問をして疑問点を解決できない 予備校に通っていない場合、質問ができないので、わからないところや疑問点を解決することができません。 電験三種のような難関試験の場合、理解するのは容易ではなく、疑問点を解決できるかどうかは重要です。 そのため、もし 電験三種の参考書を選ぶときは、以下の3つの基準を参考にして選ぶようにしましょう。 ここからは、これら3つの基準について具体的に解説していきます。 電験三種の参考書には、4科目全てが収録されている一括型と、各科目が個別に収録されている個別型の2つがあります。 されています。そのためわからないところがあったら調べたい時に向いています。 ので、わからないところがあった時に深く理解したい場合におすすめです。 電験三種ではです。 そのため、応用的な問題や難解な問題ばかりが収録されているものではなく、基本に重点を置いて参考書を選ぶようにしましょう。 電験三種の教科書には、初心者向けのものもあれば、上級者向けのものもあります。 電験三種を 学習が進むとともに理解できるようになってきたら、上級者向けの参考書を選びましょう。 「入門書」といっても、まったく電気についての知識がない人でも理解できるものから、ある程度の素養がないと理解できないものまで千差万別です。 できれば中をご覧になり、。 また、レベルが自分に合っていたとしても、説明と解説が分かりにくければ意味がありません。 数ページ読んでみて、。 電験三種の試験対策をおこなう予備校もありますが、参考書を使って自宅で学ぶこともできます。 参考書での勉強に向いている人と向いていない人の特徴を紹介しますので、勉強方法を選ぶときの参考にしてください。 計画を立ててなら、参考書を用いた自宅学習に向いています。 また、急に用事が入ったり体調が悪くなったりして、予定通りに勉強が進まないことがあります。そのようなときでも、「今週はあまり勉強できなかったから、週末は1日に5時間勉強しよう」と、なら、約1年もの長い受験期間を乗り切れるでしょう。 それに加え、です。分からないことを放置するのではなく、参考書やインターネットを使って調べることで、着実に実力を身につけていくことができます。 計画を立てて勉強することやこまめにスケジュール調整することが不得意な方、自分で調べることが苦手な方は、参考書を用いた自宅学習にはあまり向きません。 とはいえ、電験三種の資格取得を諦める必要もありません。 ので、ご自身に合った方法で勉強を始めていきましょう。 ここからは電験三種のおすすめ参考書として、以下の4つを紹介していきます。 ここからはそれぞれの参考書の特色について解説していきます。 おすすめ度:★★★★☆ 誰でもわかる電験参考書シリーズの特徴は、であることと、ということです。 電子書籍だとタブレットでスマホでどこでも気軽に読むことができるのが便利です。外出中にも勉強したいという人におすすめできます。 また、解説が非常に分かりやすく、タイトルの通り誰でも分かるように記述されています。 そのためできます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★★ 完全マスターシリーズは、電験の全参考書の中でのが特徴です。 そのため、学習初心者ではなく、の参考書です。 完全マスターというタイトルの通り、この本を完璧に解けるようになれば合格に十分な知識を身につけることができます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ ニューこれだけシリーズは、のが特徴です。 電験三種の勉強をしたことがない人や、できます。 問題は基本的なものしか掲載されていないので、学習が進んでくると物足りなくなるかもしれません。 まずはこの参考書で学習を始めて、実力がついてきたら中級者向けの参考書を利用するといいでしょう。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★★ 合格一直線シリーズの特徴は、に掲載されており、であることです。 インプットを終えて問題演習をしたいできます。 掲載されている問題の中にはレベルの高いものも混ざっているため、最初のうちは解ける問題から解いていくようにしましょう。 この本の口コミ 電験三種は難関資格ですが、市販の参考書で合格することは可能です。 参考書で勉強する場合は、自分に合った参考書を選ぶことが重要です。もし参考書を選ぶときは、まずは4科目一括型と各科目個別型のどちらを選ぶのか決めましょう。 市販の参考書は初心者向けのものから中級者向け、上級者向けのものまであるので、自分のレベルにあった参考書を選びましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 第三種電気主任技術者試験は難しい?試験科目や合格率も解説

    第三種電気主任技術者試験は、いわゆる「電験三種資格」を取得するために必要な試験です。 本記事では、第三種電気主任技術者試験は難しいのかどうか、合格率はどの程度なのか、試験科目などを解説していきます。 また、第三種電気主任技術者試験に合格するために必要な勉強時間や対策方法なども解説していきます。 ここからは、第三種電気主任技術者試験がどのような試験なのか、概要と試験の内容について解説していきます。 第三種電気主任技術者試験には、受験資格はありません。年齢や履修している課目などに制限はないので、。 なお、電験三種の資格を取得するには、試験を受けて4科目すべてに合格する方法と、所定の単位を取得して認定校を卒業し、実務履歴を積み重ねてから経済産業大臣に免状交付を請求する方法の2通りがあります。 出題方法 出題内容 第三種電気主任技術者試験の試験科目の出題範囲、問題数、配点、試験時間は以下の通りです。 各科目の詳しい出題内容は記事の後半で解説しています。 受験によって電験三種の資格を取得するためには、理論と電力、機械、法規の4つの科目の試験すべてに合格する必要があります。 しかし、すべての科目を同時に合格する必要はありません。 なので、まずは理論だけ合格し、翌年に電力と機械、翌々年に法規に合格しても、電験三種の資格を取得できます。 ただし、2年を過ぎると科目合格は有効ではなくなるため、もう一度、試験を受けて合格の実績を積み重ねる必要があります。 電験三種の試験は、以下のスケジュールに沿って実施されます。ので、申し込み手続きを忘れずに期間中にしてください。 また、申し込みから試験日までに3ヶ月ほどあるので、受験自体も忘れないように注意してください。 申し込み方法によって、受験手数料が異なります。 なお、インターネットから申し込む場合は、受験手数料を支払う際に振込手数料や事務手数料が別途請求されるため、トータルで見れば、郵便で申し込む場合と同程度の費用がかかります。 申し込みの際に、。インターネット経由で申し込み、試験会場の場所を変更したいときは、変更可能期限内ならインターネットで変更できます。 期限を過ぎてしまったとき、もしくは、郵便で申し込んだときは、「申込内容変更申出書」を試験センター本部に郵送することで場所を変更できる場合もあります。 ここからは第三種電気主任技術者試験の難易度について合格率を紹介した上で解説していきます。また、第三種電気主任技術者試験の合格率が低い理由についても解説していきます。 第三種電気主任技術者試験の直近5年間の合格率は以下の通りです。 いずれの年度もであることがわかりました。 第三種電気主任技術者試験と同じく合格率10%未満の資格として、最高難易度の試験として知られている公認会計士試験、不動産鑑定士試験、弁理士試験などがあります。 第三種電気主任技術者試験はであることがわかります。 第三種電気主任技術者試験の合格率が低い理由として、以下の2つが挙げられます。 では、なぜ上記の理由があると合格率が低くなるのでしょうか。次から具体的に解説していきます。 理由1.基礎知識の理解力が問われるから 第三種電気主任技術者試験の合格率が低いのは、試験問題で基礎知識の理解力が問われるからです。のであれば難易度は高くなりません。 しかし、基礎知識を覚えた上で正確に理解することが求められると、試験としては難易度が高くなるのです。 なぜなら、ある知識について正確に理解するには、読解力や理解力、応用力が必要となるからです。 理由2.お試し受験が多いから 第三種電気主任技術者試験の合格率が低いもう一つの理由として、お試し受験が多いことが挙げられます。第三種電気主任技術者試験の受験申込者は毎年6万5千人前後、受験者は5万人弱です。 受験者が5万人前後の試験には、税理士試験、社会保険労務士試験、行政書士試験などがあります。 第三種電気主任技術者試験のお試し受験が多い理由は、受験資格がないからです。のです。 第三種電気主任技術者試験の各科目の内容と試験対策の方法について解説していきます。また、併せて第三種電気主任技術者試験の合格に必要な勉強時間についても解説していきます。 理論では、が出題されます。 理論は全ての科目の基礎となる部分なので、最初に勉強しておくことをおすすめします。実務でも、電気主任技術者は理論から考えていくことになるので、理論を先に学んでおくことは重要です。 オームの法則やキルヒホッフの法則、鳳テブナンの定理、帆足ミルマンの定理、磁気回路、電子回路など幅広く出題されるのが特徴です。 記述問題はほとんど出題されず、して勉強していきましょう。 【関連記事】 ▶ 電力では、が出題されます。水力発電や火力発電などの出力量を求める計算問題が出題されるので、計算問題の演習は大切です。 また、発電だけでなく送配電設備に関する問題が多いのも特徴です。 電線路の電圧降下や、送電線に発生する現象と対策、落雷に対する保護など、外線に関わる問題が多く、見慣れない用語が多いので最初は戸惑うでしょう。 そのため、まずはこれらのです。 【関連記事】 ▶ 機械では、直流機、誘導機、同期機といった電動機に関する問題や、変圧器の決戦方法の違いに関する問題など、が多く出題されます。 内線に関する問題が多いので、電力と比較すると見慣れた用語が多いのが特徴です。 電動機と変圧器の問題で半数を占めていますが、です。 また、照明の問題では照度を計算する問題が出題されることがあるので、こちらも計算問題の演習が必要です。 【関連記事】 ▶ 法規では、されます。 法規ではほとんどが暗記問題ですが、B問題では計算問題も出題されるので注意が必要です。計算問題では、電柱の根入れや架線の強度に関する問題が出題されます。 【関連記事】 ▶ 電験三種は4科目もあるため、しっかりとスケジュールを組んで、計画的に勉強していく必要があります。 おすすめのスケジュールと試験対策のコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 試験対策のスケジュール 電力も機械、法規も、ベースは「理論」にあります。まずは。 電験三種の合格には1,000時間ほどの勉強が必要とされているので、1日に3時間ほどの勉強時間を確保できても1年間はかかります。 受験する年の前年の9月頃から理論を学び始め、計算問題などを集中的に解き、受験する年の1月頃から電力・機械の勉強も加えていきます。 法規は暗記科目なので、3月頃からでもOKです。。 試験対策のコツ ので、最初に手掛けるようにしてください。しっかりと理解してから、理論の計算問題と電力・機械に進みましょう。 また、試験範囲が広いので、一通り勉強するだけでは、最初に学んだことを忘れてしまう恐れがあります。 一通り勉強したら、に充てましょう。 第三種電気主任技術者試験は合格率が非常に低い試験であり、国家資格の中でも難関です。 そのため、第三種電気主任技術者試験に合格するなら、少なくとも半年以上前からしっかりと勉強しておくことが大切です。 第三種電気主任技術者試験では科目合格制度があるため、いずれかの科目に合格すれば、合格した科目に関しては翌年及び翌々年の試験が免除されます。 そのため、一度に全科目合格を目指すのではなく、一科目ごとに着実に合格して行けるよう計画を立てていきましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種は就職で有利になる?電験三種の就職先や業界も紹介

    本記事では、電験三種が就職で有利になる理由や、電験三種があれば未経験でも就職できるのかどうか、電験三種の就職先や業界についても解説していきます。 電験三種資格に興味がある人や、電気業界に就職したい人はぜひ参考にしてください。 電験三種が就職で有利になる理由として、以下の4つが挙げられます。 ここからは、それぞれの理由について詳しく解説していきます。 電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者と言います。電気主任技術者は、事業用電気工作物の維持、保安、工事に関する監督を行うのが仕事です。 と法令で定められています。 そのため、電験三種を含む電気主任技術者は電気工事会社や施設の管理会社では必ず必要になるため、需要が高く、就職で有利になるのです。 電験三種資格は慢性的に人手不足です。電験資格は、三種、二種、一種いずれも合格率が低く、として挙げられます。 また、電験業界は高齢化が進んでおり、若年者の有資格者がいないことや、電験資格を取得できる認定校が少ないことも影響しています。 そのため、たとえ未経験であったとしても資格さえ取得していれば採用したいという企業は多いです。 経済産業省の発表によると、電験三種は業務ビルの増加と人材供給の減少によって、2045年には想定需要1.8万人に対して4千人程度不足する見込みだとされています。 ので、電験三種が就職で有利になることは今後も変わらないでしょう。 電験三種資格を取得すると、一般的な就職先は電気保安業界であり、大型施設や店舗などで電気設備の点検保安業務を行います。 しかし、電気主任技術者資格を持っていると、電気保安業界だけでなく、幅広い業界の求人があります。例えば、です。 そのため電験三種を取得すると電気保安業界に限らず、幅広い業界が選択肢に入るため、就職で困ることはないでしょう。 電験三種資格があれば業界未経験でも就職することは可能です。ここからは、電験三種有資格者が未経験で就職する場合について解説していきます。 まず断っておく必要があるのは、ということです。 実際、電験三種の求人を見てみると、応募条件に経験者のみとしているものは少なくありません。特に、大企業であるほど応募条件に一定の実務経験を要求しているところが多い傾向上がります。 未経験でも電験三種で就職はできますが、経験者よりも不利になり、特にということは知っておきましょう。 人手不足の影響で、電験三種有資格者であれば未経験でも可としている求人は増加傾向にあります。 電験三種はもともと合格率の高くない試験ですが、年を追うごとに難易度が上がっており、しています。 少子化の影響で電験三種を持っている若年者も減少しており、実務経験のある若い電験三種有資格者が減っていることも大きい要因です。 未経験、無資格可で求人を出している企業も一定の割合で存在するため、です。 電験三種があると就職できる業界として、以下の5つが挙げられます。 次からは、これらの5業界について解説していきます。 ビルメンテナンス業界では、ビルに限らず大型商業施設や高層ビル、病院、マンション、ホテルなど比較的規模の大きい施設で電気設備のメンテナンスを行います。 施設の規模が大きくなるのに応じて電気設備の規模も大きくなるので、電験三種はビルメンテナンス業界では一定の需要があります。 ただ、施設の規模が一定以上の大きさになると電験三種では対応できないため、 プラントエンジニアとは、様々なプラントの企画や設計、施工、運転管理、改造などを担当します。 プラントの種類は様々で、例えば化学プラントや発電・エネルギープラント、水処理プラントなどがあります。 こういったプラントにある事業用電気工作物は規模が大きいため、電験有資格者を設置する必要があることから、電験三種の需要も高いのです。 プラントエンジニアはなっています。 インフラプラント業界では、航空、鉄道、高速道路といった交通インフラや、水処理やゴミ処理、産業廃棄物処理といった環境インフラ施設を保安します。 これらの施設の事業用電気工作物の規模が大きいため、電験有資格者を設置する必要があることから、電験三種の需要は高いです。 インフラプラント業界の求人のほとんどはです。 電験三種有資格者の中で最も一般的なのが電気保安業界です。電気保安業界では、自社で電気主任技術者を設置していない企業に出向いて、年次点検や月次点検などを行います。 電気保安業界は安定しているため人気が高く、就職希望者は多いです。 ただ、注意していただきたいのは、電気保安業界は求人が少なく、応募するときに実務経験を要求されるということです。 電験三種であればであるため、要件を満たす方であれば就職先としておすすめできる業界です。 再生可能エネルギー業界は、電験三種の就職先としては新しい業界です。太陽光発電や風力発電、バイオマス発電など、新エネルギーによる発電施設での保守、点検を行います。 新しい業界であることから人手が不足しており、積極的に求人を出しています。 できる業界です。 電験三種資格があることで就職で有利になります。 電験三種有資格者は合格率が低いことと少子化の影響で年々減少しており、市場価値は高まっています。そのため未経験で合ったとしても電験三種資格があれば就職先には困らないでしょう。 ただし、大手に就職するには実務経験が要求されるので、まずは中小企業に就職してキャリアを積んでいくことをおすすめします。 電験三種の就職先の業界も幅広いため、ぜひ自分に合った業界や会社を選んでください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の実務経験とは?資格認定の実務経験や実務経験が積める職場も紹介

    電験三種の資格を取得したり、電験三種資格で就職するには、実務経験が必要となります。 本記事では電験三種における実務経験の範囲や、実務経験が認められない例を上げながら具体的に解説していきます。 また、電験三種の実務経験が問われる資格認定や、実務経験なしでも就職・転職ができること、実務経験が積める職場なども紹介していきます。 これから電験三種の資格認定を受けたり、電験三種取得後に就職したいと考えている方は是非参考にしてください。 電気工事関係の仕事の中でも、電験三種の実務経験の範囲に含まれる業務は決まっています。 また、実務経験として認められない業務もあるので、まずは電験三種の実務経験として認められる範囲を知っておきましょう。 だとされています。電圧が500ボルト以上の業務として該当するのは、以下の設備に関する監督指導です。 上記の設備の監督指導として、具体的には以下のような業務が該当します。 電気工作物に関係のない設備に関する業務や、電気設備に関する業務であったとしても、 また、以下のような受配電設備を含まない需要設備の維持・運用も実務経験として認められません。 電験三種の取得方法には試験に合格する方法と、認定を受ける方法の2つがあります。認定を受けるには実務経験が要求されるため、どのような実務経験が必要なのか知っておく必要があります。 ここでは電験三種の認定に必要な実務経験や、認定試験とはどのようなものなのかについて解説していきます。 電験三種の取得方法には、試験に合格する方法と、資格認定を受ける方法の2つがあります。 試験に合格して取得するのが一般的ですが、以下のような条件を満たすことで資格認定を受けられ、無試験で資格を取得することができます。 電験三種の認定を受けるには、「電圧500ボルト以上の電気工作物の維持、工事、運用の実務経験」が必要ですが、実務経験の年数は以下のように学歴によって異なります。 資格認定は無試験で資格を取得できるというメリットがある一方で、以下のようなデメリットもあります。 試験と認定はいずれもメリットとデメリットがあるので、自分にとって有利な方を選びましょう。 認定を受けるには、経済産業省経済産業局の担当者が面接し、審査を行います。 実務経験や学歴の条件を満たしているからといって無条件で資格を取得できるわけではなく、審査次第で不合格になることがあります。 であるため、たとえ認定の条件を満たしていても基準が明確な試験を受けるという人は多いです。 面接は一度ではなく、何度か通う必要もあるので、資格認定を受けるのは容易なことではありません。 電験三種資格があれば、実務経験なしでも就職・転職することは可能です。 次からは電験三種有資格者の就職・転職事情について、20代〜60代まで年代別に解説していきます。 20代であれば、電験三種の資格があれば容易に就職・転職することができます。 電気主任技術者は人手不足であり、常に若い人材を探しているため、場合によってはです。 ただし、無資格である場合は入社後に会社の指示で資格を取得することになるでしょう。 20代で無資格である場合は、 30代でもです。 しかし、30代の場合、20代とは異なり、前職での管理職の経験や、関連業界での実務経験が求められることがあります。 例えば、水道工事や建設工事での現場監督経験や、ビルメンテナンス業界での実務経験、電気に関連する業界での営業や事務などです。 ただ、電気主任技術者業界は高齢化が進んでおり、 関連業界での実務経験や業界経験がなかったとしても、積極的に応募してみましょう。 40代・50代になると、 40代・50代の年齢だと職場では責任者の立場となるため、若手として扱うわけにはいかず、実務経験がないと雇いにくいという事情があります。 また、 しかし、高齢化が進んでいる電気主任技術者業界では、40代・50代で実務経験なしでも、有資格者であれば取りたいという企業は少なくありません。 60代になると定年に近い年齢となるので、正規採用されるのは難しいと思われるかもしれませんが、募集要項に「シニア歓迎」と記載している会社もあります。 60代であれば老後の生活費を稼ぐために、正社員ではなくアルバイトで働きたいという人も多いです。です。 電験三種で実務経験が必要となるのは、認定試験、就職、転職の時です。電験三種資格の実務経験といっても、単に業務経験があるだけでは認められないので注意しましょう。 電験三種の実務経験として認められるのは、一般的には500ボルト以下の電気工作物維持や工事に関する監督指導業務です。 実務経験がない場合でも、電験三種を試験に合格して取得することができ、資格があれば就職や転職をすることが可能です。 資格取得や、就職・転職に関しては、自分の実務経験に合った最適な方法を選択しましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の科目合格って何?試験が有利になるって本当?

    電験三種の試験の難易度が高い一方で、「科目合格制度」というものが設けられています。 この制度を上手に利用すれば、かなり資格を取得しやすくなります。 本記事では、この「科目合格制度」について紹介します。 電験三種の受験を検討している方はぜひ参考にしてください。 電験三種の試験は、しています。 例えば最初の試験で「理論」のみ合格した場合、残り3つの科目を2年以内に合格すれば資格を取得できるということです。4科目をバランスよく勉強するのに不安を感じる人は、得意科目を集中的に攻めましょう。 人によっては科目合格制度のメリットについて、イメージできないかと思います。 科目合格制度は2年間(来年・再来年)の有効期間があります。ですので、3年かけて、各科目の合格を目指すことが可能です。 たとえば3年間かけて合格を目指すには、以下のような流れも考えられます。 していきます。 出題傾向や難易度についてご説明しますので、対策を検討する材料にしてください。 理論の難易度はやや易しめとなっており、直近5年の合格率は14.0%です。ということです。計算問題は過去問に類似したものが多く出ていますので、過去問をやり込むのと並行して計算速度をあげる対策が必要となってきます。 電力の難易度はやや難しめで、直近5年の合格率は12.9%となっています。難しめと言っても、基礎的な内容をしっかりと学習しておけば十分に合格できる科目でもあります。 です。 機械も難易度はやや難しめで、直近5年の合格率は13.7%と電力よりもやや高めとなっています。試験の特徴としては、ということが挙げられます。他の科目が4〜5分野なのに対し、機械は9分野も勉強しなければならないため、労力がかかります。 また、ソフトウェア関連の知識も要求されるため、他の科目とは毛色の異なる学習内容が求められるのです。 法規は4科目の中で最も難しい科目で、直近5年の合格率は9.6%と最低となっています。試験の特徴はということが挙げられます。そのため、ヤマが外れた時の痛手が大きいのです。 もし法規の試験範囲を網羅している時間がないのであれば、範囲の広い電気設備技術基準ではなく電気関係法規に比重を置いて学習するようにしましょう。 電験三種の試験は一回で4科目全てに合格できればそれが理想ですが、。 以下の項目からはそんな科目合格制度の利用法について解説していきます。 電験三種の資格試験は、です。にこの2科目は難易度も高く、年度によって出題範囲にばらつきがあるため、毎年勉強し直していると負担が大きくなってしまいます。 機械に関しては理論の分野の内容も絡んで来ますので、まずは満遍なく4科目全部を勉強して、それからから集中的に機械と法規の2科目を攻めるのがおすすめの攻略法です。 4科目全てに同時に合格をしなくても良いという。3年以内に全ての科目に合格しないといけないということは、つまり4年目には最初に合格した科目の免除がなくなりますので、該当の科目を再受験しなければならなくなります。 免除された科目は安心し切ってしまうため勉強の質が低下しやすくなります。そのため、再受験する頃には知識が大幅に抜けているリスクがあったり、一度合格しているために中々勉強のモチベーションが上がらないと言ったことが考えられるのです。 精神的にもですので、科目合格制度があるからと言って安心し切ってしまわないように注意しましょう。 電験三種の受験を行う際には、1点注意点があります。それは「科目合格申請」し忘れです。 事前申請がない場合、2回目以降の受験では昨年合格していた科目に関して、今年不合格になってしまうと不合格へ書き換えられてしまいます。 たとえば去年、理論に合格したとします。そして今年は科目合格申請をし忘れ、機械に合格して理論は不合格となった場合、理論は不合格へ書き換わり再度合格しなければいけない状況となります。 科目合格申請と呼ばれる合格科目の免除申請を行い、既に合格している科目の記録を書き換えられないようにすることが大切です。 以上のように、しています。 年々合格する科目が減っていくのは精神的に楽そうですが、3年目で合格しないと受験し直しになる科目が発生するというプレッシャーで十分なパフォーマンスを発揮できない可能性も考えられます。 そのため、。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種って高校生でも取得できる?方法や難易度を解説

    電験三種の資格は就職においても有利になると言われています。 今回の記事は、していきます。 電験三種の資格に興味がある、あるいは在学中に資格を取得して将来の役に立てたいという方はぜひ参考にしてください。 電験三種は高校生でも受験でき、毎年数十名の合格者が出ています。 以下の項目からは高校生が電験三種を受験した場合に考えられることを説明していきます。 になっています。 実際に電験三種の受験生を年齢別に区分した以下のグラフを見てみましょう。 割合は少ないものの十代の受験者も確実にいます。 また、学生というのは大学生や短大生も含みますが、社会人でなくとも受験している人は多数存在していることが分かります。 となっています。その試験内容は一般的には工業高校電気科卒業程度の難易度と言われていて、基本的な理数系の知識をベースとして専門性のある知識の習熟が必要不可欠です。 そのため文系学生ですと普段学校のカリキュラムで習うことのない分野を学ばなければならなくなります。 工業系の学校に通って専門的なことを学んでいる学生であっても、合格するための敷居はなお高いので、高校3年間+αの学習と時間がかかると考えたほうが良いでしょう。 していきます。 敷居の高さを感じている方も、具体的なプランを持てば合格する確率がグッと高まりますので、ぜひ参考にしてください。 一般的にと言われています。毎日2時間、約8ヶ月勉強するとおよそ500時間となり、最低ラインに到達する計算になります。 普通科の高校生が高校での勉強に加えて資格の勉強をし、合格するのはかなりの胆力が必要になります。高校入学前という方は専門コースの履修や進学を視野に入れましょう。専門コースとは、たとえば電気科のある工業高校や、例年合格者数上位に入っている工業高校などのことです。 必ずしも上記の工業高校に入らなくてはいけないということではありませんが、どの高校が何に力を入れているのかは確認しておきましょう。 電験三種の科目は「理論」「電力」「機械」「法規」の4科目がりますが、そのうち。その理由は理論の科目が他の機械の科目などに関わって来ることも多く、そこが理解出来ていないと効率良く学習することができないためです。 また、法規の科目は最後に勉強するようにしましょう。法規は範囲が広く、テストにおける一問ごとの配点の比重も大きいので、重点的に学習するのは最後にするのが効率的なのです。 電験三種の試験は、「科目合格制度」を取っていて、。ただし、この期間を過ぎてしまうと最初に合格した科目の免除は取り消されてしまい、もう一度合格しなければならなくなりますので注意しましょう。 一度合格した科目をまた勉強し直さなければならないというのは精神的にも負担がかかりますので、「科目合格制度」に頼り過ぎないようにしましょう。また、試験はマークシート方式を採用していますが、科目によっては計算問題も多く出題されます。 高校1年生や2年生、もしくは中学3年生の場合は、在学中に電験三種の勉強と合格を目指すことはできます。しかし、現時点で高校3年生の場合は、在学中の合格を目指すハードルの高さも問題です。ですので、在学中の合格を目指すのではなく、電験三種の資格取得支援を行っている企業へ就職を目指しましょう。 電気工事会社の中には、資格手当の付与の他にも就職後に資格取得を目指す社員向けに、 求人票に資格取得支援・資格取得制度などの表記があるので、就職先を探している方は特に注目です。 があります。 「科目合格制度」がありますので、一回の受験でで4科目全てに合格しようと気負う必要はなく、最大で3年スパンで見て計画を立てましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種の仕事とは?仕事内容や就職先も解説

    本記事では電験三種を取得した人、電気主任技術者の具体的な仕事内容や、就職先などについて解説していきます。 これから電験三種の資格を取得したいという人や、電気工事の現場で働きたいという人はぜひ参考にしてください。 電験三種の仕事内容には、大きくわけて以下の4つがあります。 次からは、これら4つの仕事内容について具体的に解説していきます。 電気設備の点検・保安 電験三種のです。 商業施設や大型施設などに常駐しながら、施設内を歩き回り、設置されている電気設備に異常がないかどうかを毎日チェックします。 特に、施設の規模が大きくなるほど設置されている電気設備も複雑になっていくので、故障した際に普及が難しくなります。 規模の大きな施設で電気設備の異常が発生すると経済的な損失が大きくなるため、電験三種の有資格者が定期的に点検していくことは重要な業務です。 電気設備の修理の手配 電験三種の有資格者が電気設備を点検していった結果、電気設備に異常が見つかったら修理を行う必要があります。 しかし、修理を行うのは電験有資格者ではなく電気工事士なので、電気工事に業務を依頼します。その際にです。 日中は施設が稼働しているので、修理を行うのは施設が閉鎖された夜中になります。 修理が終わると、電験三種有資格者は電気工事士から説明を聞き、になります。 その他の設備の修理の手配 電験三種の仕事は、施設の主要な電気設備の点検や修理の手配だけではありません。 施設内にはスイッチやセンサー、コンピューターなど電気が使用される機器が多く設置されています。ので、それに応じることも電験三種の業務の一つです。 電気工事の監督 電験三種の仕事は、事業用電気工作物の維持、保安、工事について監督を行うことです。 具体的には、 工事が適切に行われているかどうかを検査し、必要に応じて電気工事士に指示を行うのも電験三種の仕事です。 電気工事士の資格を保有していると、第二種なら600ボルト以下の工事、第一種は600ボルト以下の工事と最大電力500kW未満の工場等での電気工事をおこなうことができます。 一方、電験三種に合格して電気主任技術者の資格を取得すると、電圧5万ボルト未満の電気工作物(出力5千ボルト以上の発電所は除く)の工事をおこなうことに加え、維持や管理といった保安の監督として働くこともできます。 つまり、のです。 電験三種の主要業務である点検には、以下のように3種類あります。 次からはこれら3つの点検業務について詳しく解説していきます。 月次点検とは、 キュービクルとは自家用電気工作物のことを指しており、月に一度、または隔月に一度必ず点検しなければならないと法定されています。 キュービクルに絶縁監視装置が土地つけられている場合は、点検義務が隔月に一度に緩和されます。 月次点検は、具体的には 年次点検では、その際に、高圧部の絶縁の良否、高圧ブレーカーの動作の良否、その他各機器の詳細な点検をおこないます。 年次点検を怠ったために高圧部の絶縁不良に気づかず、構内が全停電するばかりか、近隣の建物にも停電が及ぶ事故が少なからず発生しています。 近隣にも停電が及んでしまった場合はです。 竣工検査とは、自家用電気工作物の電気工事を行った場合に、完成時に、それが工事計画図書や法令等に合致して施工されているか、設備が必要な能力を有しているか、といったことについて検査をすることです。 具体的には、を行います。 他にも、機器に異常が生じたときにしっかりと警報が作動するかどうかを確認するためのや、各設備が認可通りの能力を発揮するかどうかを測定するなども行います。 では、電験三種を取得すると、どのように仕事に関わるようになるのでしょうか。2つの例を紹介します。 7:30~8:00ごろに出勤し、工場内にある電気が使用されている設備や機械装置の点検・メンテナンスをおこないます。 その後、電気使用量をチェックし、電気工事部で改善案などについて話し合い、17:00ごろに退勤します。 大きなトラブルが起こらない限り残業はないので、です。 特定の工場等の保守・メンテナンスとは異なり、変電所や発電所の点検やメンテナンスは、毎回、作業現場が異なります。 8:00~9:00に現場に到着し、負荷試験を実施できるか調査をしてから試験をおこないます。 なお、。作業が終了したら、勤務先に戻って報告書を提出してから帰宅します。 これまでは電験三種の具体的な仕事内容について解説していきました。しかし、電験三種の仕事は就職先によって異なることも知っておきましょう。電験三種の主な就職先は以下の3つです。 そこで、ここからはこれら3つの就職先について解説していきます。 建設会社の事業内容には建物を建設することだけでなく、建設した建物の維持、保安、管理も含まれています。 電験三種の有資格者が建設会社に就職すると、を行います。 また、建物の工事が竣工してから売却されるまでのも行います。 電気設備会社とは、電気設備の保守点検や工事を行う会社のことです。 大規模な施設や店舗では電験有資格者を雇って施設に常駐させますが、小規模な施設や店舗では電気設備会社に仕事を依頼します。 施設や店舗から依頼があった場合、電験三種の有資格者がを行います。 商業ビルが設備管理を行う場合、ビル管理会社に外部委託するのが一般的です。 電験三種の有資格者がビル管理会社に就職すると、委託されたビルを巡回してて点検し、それが終わったら次の委託先に向かいます。 します。 電験三種の仕事内容や就職先について解説していきました。電験三種の仕事はあくまでも電気設備の維持、保安、工事に関する監督が仕事で、工事は行いません。 その点、電気工事を専門とする電気工事士とは異なるので、仕事内容についてはしっかり区別しましょう。 電験三種の主な仕事は点検と修理の手配になりますが、定期的な点検を怠ると大きな事故に繋がり、損害賠償責任も発生します。 電験三種は責任の大きな仕事を担当することになるので、手抜きは許されません。責任が大きい反面、比較的収入は高く、安定しています。 電気設備は企業の経済活動に欠かせない設備であるため、社会的責任は大きく、それだけに仕事にやりがいを感じるという人も多いです。 もし電験三種に興味があるなら、ぜひ目指してみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験三種は転職に有利?転職先や転職後の平均年収も紹介

    電験三種は技術系であることから、食いっぱぐれない資格として知られています。そのため電験三種資格を持っていると転職を有利にすることができます。 本記事では電験三種について、資格を持っているとなぜ転職で有利になるのか、転職先や転職後の平均年収についても解説していきます。 これから電験三種資格を取得しようと考えている方はぜひ参考にしてください。 電験三種があれば転職で有利になる理由として、以下の3つが挙げられます。 次からはこれら3つの理由について具体的に解説していきます。 電験三種が転職で有利になるのは、です。 電験三種の正式名称は第三種電気主任技術者であり、電気工事の現場において事業用電気工作物の工事、維持、保安に関する監督を行うのが仕事です。 つまり、電験資格は現場の責任者になるために必要な資格なので、危険を伴う電気工事の現場に必ず設置しなければならないと定められているのです。 そのため商業施設や電力会社など、のです。 電験三種を含め、電験資格は合格率の低い難関資格として知られています。合格率が低いことからのです。 以下は電験三種試験の直近5年間の合格率です。 電験三種は電験資格の中でも最も難易度の低い試験ですが、それでもです。 参考までに、電験三種と同じく合格率が10%未満の国家資格には公認会計士や不動産鑑定士、社会保険労務士などがあります。 電験三種は電気工事に欠かせない資格であるため、常に一定の需要があります。しかし、電験三種は人材が不足することによって、今後さらに需要が高まっていくことが予想されます。 電験三種の人材不足の原因として、経済産業省は少子化による人手不足と業務ビルの増加を挙げています。 電験三種が不足するとされているのは不安業界で、 そのため、電験三種資格を保有している限り、将来的にも転職で困ることはありません。 電験三種があれば未経験でも転職することは可能です。では、電験三種があるとなぜ未経験でも転職することができるのでしょうか。 ここからは、電験三種有資格者の未経験での転職事情について解説していきます。 誤解がないよう最初に説明しておくと、実務経験がある方が転職で有利になるのは間違いありません。 実際に求人を見てみると、経験者のみを応募条件としている会社は多いです。特に、大手企業であるほど経験を重視している場合が多いです。 電験三種は技術系の資格なので、単に知識を知っているだけでなく、現場で実際に知識を使えるかどうかが重視されるのは当然のことです。 しかし、 少子化による人手不足の影響で、近年では未経験可の求人が増えています。 そのため、もし電験三種としての 実務経験を積むことで、より条件の良い大手企業にも転職しやすくなります。 50代・60代というと、一般的な職種では転職は難しいとされています。しかし、電験三種の有資格者であれば、50代・60代でも転職することは可能です。 次からは50代・60代の電験三種有資格者の転職事情について解説していきます。 50代・60代であったとしても、電験三種資格があれば求人は多いです。電気主任技術者業界はのです。 ただ、50代・60代だと実務経験が重視されるので、未経験で転職するのは難しくなります。 電験資格の求人を出している業界は幅広いため、50代・60代であっても様々な業界で働くことができます。 電験三種が活かせる業界として、例えば、があります。 特に、では人材が不足していることから、50代・60代でも実務経験があれば採用されやすいです。 50代・60代で転職する場合、です。 ただ、50代・60代での働き方は多様で、正社員ではなくアルバイトを選ぶ人も多いです。電験三種でです。 50代・60代でさらに年収を増やすために働くのか、定年後のお小遣い稼ぎとして働くのか、目的によって年収は大きく変わってきます。 電験三種は合格率が7~10%程度の難関資格です。しかし、せっかく資格を取得しても転職で失敗すると、思うような収入を得られないことがあります。 次の2点に注意し、慎重に転職活動を進めてください。 ハローワークでも仕事を探すことはできますが、わざわざ足を運ばなくても、。 しかも、年収や職場、職種などを入力するだけで自分で探せるので、ハローワークで担当者と話し合う手間も省けます。 たいていの転職サイトは登録料も利用料も無料なので、気軽に活用してみてはいかがでしょうか。 「ビル管理はしたことがないから…」などと、自分で自分に制限をかけてしまうのではもったいないです。 。 もちろん「経験者のみ」と記載されている案件は難しいですが、「経験不問」の案件なら尻込みせずにどんどんチャレンジしてみましょう。 電験三種取得後の主な転職先として、以下の3つがあります。 ここからはそれぞれの転職先について解説していきます。 建設会社の仕事には建物の建設だけでなく、建物の電気設備の維持、修繕、工事も含みます。 特に、ビル、工場、病院、官公庁といったを行います。 ビルや工場、病院、官公庁といった建物では、一般的な企業が所有する建物とは異なり、することが求められます。 電気設備も24時間稼働させる必要があるため、定期的なメンテナンスが必要となります。 上記のような施設で、を行います。 商業用ビルでは管理会社にビルの管理業務を委託しているため、ビル管理会社は電験三種有資格者の求人を募集しています。 ビル内を点検し、のが仕事です。 電験三種業界は慢性的に人手不足であるため、未経験でも資格さえあれば転職することも可能です。 ただし、年齢が高くなるのに応じて実務経験が求められるので、未経験での転職は若年者の方が有利です。 電験三種の需要は今後も増加することが予想されているため、一度取得すれば一生食いっぱぐれない資格であると言えます。 電験三種資格を持っているのであれば、積極的に転職にチャレンジしてみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

31〜45件目を表示中