Useful columns list

お役立ちコラム一覧

  • TOP
  • お役立ちコラム一覧

46〜60件目を表示中

  • 電験三種の平均年収は?年収をアップさせる方法やAIの影響についても解説

    電験三種とは第三種電気主任技術者のことで、電気工事の現場で責任者として監督を行うための資格です。 法律で電験資格保有者を設置しなければならないと定められており、需要が高い資格であるため、高年収を狙える資格です。 本記事では電験三種資格の平均年収について、最も多い年収帯や、年収をアップさせる方法、AIの影響などについて解説していきます。 ここからは電験三種の平均年収について、最も多い年収帯や、電気主任技術者全体の年収、年齢別年収なども紹介しながら解説していきます。 です。日本人のサラリーマンの平均年収が420万円なので、ほとんど同じくらいの年収であることがわかります。 年収分布を見ると、年収の下限は200万円、上限は600万円弱です。年収にばらつきがあるのは、電験三種が活躍できる業界の幅が広いことが挙げられます。 電験三種の平均年収と比較するため、三種に限らず電気主任技術者全体でどのくらい年収があるのかを紹介します。 となっています。電験三種は電験の中で最も初歩的な資格なので、二種、一種と上がっていけば年収もそれに応じて上がっていきます。 また、電験資格は技術者であるため、 実務経験が低い若手や新入社員ほど年収は低く、具体的には実務経験が5年未満だと年収が300〜400万円程度になる傾向があります。 また、電験三種から、二種、一種と上位資格を取得することで、役職につける可能性も上がります。 電気主任技術者の年齢別年収は以下のようになっています。 電験三種の平均年収ははサラリーマンの平均よりもやや高い程度ですが、年収1,000万円を狙いたいと考えている方も少なくないと思います。 次からは電験三種の資格で年収1,000万円を稼ぐことは可能なのかを解説していきます。 結論から言うと、です。 電験の最上位資格である電験一種でさえ、年収1,000万円以上稼げるのは全体の5%未満です。 ちなみに、電験一種の合格率は5%程度で、年間の合格者数は400人程度しかおらず、国家資格の中でも最難関の部類に入ります。 電験三種の場合、最も待遇の良い会社に入り、順調に出世していったとしても、となるでしょう。 電験三種で会社に勤めながら年収1,000万円を稼ぐのは非常に難しいですが、です。 電験三種で独立する場合、会社を設立する方法と個人事業主になる方法の2つがあります。 いずれの場合であっても、従業員を雇えば事業の規模を大きくすることができるため、でいくらでも稼ぐことは可能です。 電験三種を取得したあとは、年収がアップするように努力していくことが大切です。電験三種で年収をアップさせる方法には以下の3つがあります。 次からは、これら3つの方法について解説していきます。 電験三種は技術職であるため、技術が高ければそれに応じて評価も上がり、年収アップにつながります。そのため、電験三種取得後は会社で地道に実務経験を積んでいくことが大切です。 電験三種取得後、二種、一種と上位資格を取得することで年収がアップします。ただ、当然ながら上位資格になるほど試験の難易度も上がっていくので、取得するのは容易ではありません。 最上位資格である電験一種は合格率が5%前後であり、最難関国家資格である司法試験予備試験や司法書士試験の合格率3〜4%とほぼ同じです。 一種は有資格者が非常に少ないため需要も高く、 現在の会社よりも条件の良い会社に転職することで年収が上がります。ただし、転職する場合は年齢に応じた実務経験が求められます。 とされるので、これに満たない場合は現在の会社で経験を積みましょう。 電験三種を取得するだけでは、高い年収を得ることは困難です。大企業に勤めたとしても600万円程度が限界なので、 簡単に独立したいならば、個人事業主になる方法があります。資本金がなくても、管轄の税務署に開業届を提出するだけで個人事業主になれます。 一方、従業員を雇って手広く事業をおこなうならば、法人設立をおすすめします。 株式会社の場合は登録免許税や定款認証手数料などで20万円ほど、合同会社の場合は定款認証手数料が不要になるため6万円ほどで設立できます。 電気主任技術者として働くためには電験の資格が必要です。その中でも電験三種はもっとも取りやすい資格なので、ぜひとも取得しておきたいものです。 とはいえ、「電験三種を取得したのに、あまり給料が増えない」という声も少なくありません。 これは、電気主任技術者の仕事の性質上、単に電験三種を持っているだけでなく実務経験が求められるためで、と考えられます。 また、「苦労したわりには給料が低い」という声もあります。給料に納得できないときは、資格や経歴が評価される職場への転職も視野に入れるほうが良いかもしれません。 近年、目覚しく発展しているAI技術によって、電験三種の年収が下がることはあるのでしょうか。電験三種の仕事が単なる電気工事現場の監督だけであれば、AIに置き換えられてしまい、年収が下がることもあるでしょう。 しかし、電験三種は単に現場を監督するだけでなく、電気工事士への指示、クライアントとの交渉などの仕事もあります。 電験三種はのです。 そのため電験の現場にAIが導入されたとしても、電験三種の年収は下がりにくいと言えます。 電験三種で最も多い年収帯は400〜450万円となっており、サラリーマンの平均と同程度です。 特別高い年収とは言えませんが、上位資格を取得したり実務経験を積むことで、年収を上げることが可能です。 電験三種だけで年収1,000万円以上稼ぐことは難しいですが、独立すれば1,000万円以上稼ぐことは可能です。 勤めながら年収をアップさせるなら、まずは地道に実務経験を積みながら上位資格の取得を目指し、転職をすると良いでしょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験一種とは?平均年収や試験内容についても解説

    電験一種の正式名称は第一種電気主任技術者です。電気主任技術者は、電気工事の現場で責任者として仕事をするために必要な資格です。 電験一種とは具体的にどのような仕事を行うのか、資格の種類や、資格を取得するメリット、平均年収などを解説していきます。 電験二種や電験三種の説明も並行して行っていくので、電験一種に興味のある人はもちろん、電験試験全般に興味のある方もぜひ参考にしてください。 電験一種とはどのような資格なのか、資格の特徴や具体的な仕事内容などを解説していきます。また、電験一種について解説する上で、電験二種、電験三種についても合わせて解説していきます。 電験一種の正式名称は第一種電気主任技術者です。電気主任技術者とは、です。 電験資格には第一種のほかに第二種、第三種もあります。 それぞれの種類は業務内容の範囲が定められており、扱うことのできる事業用電気工作物の電圧が異なります。 として位置付けられており、扱うことのできる事業用電気工作物の範囲が最も広いです。 電験資格がそれぞれ扱うことのできる事業用電気工作物の範囲は以下のようになっています。 電験一種は扱える事業用電気工作物に限定がないので、就職先の業界の幅も仕事の幅も広いです。電験一種が特に需要が高いのは、発電所、共同火力、電源開発といった業界です。 仕事としては、になります。 オンライン化が進むことで、さまざまな職場で人員削減がおこなわれています。 たとえばセルフレジを導入することでレジ係を大幅に減らしている店舗も増えていますし、自動券売機を増やすことで切符売り場の窓口スタッフを減らしている施設も多いです。 しかし、オンライン化に電気は不可欠なため、。 需要がなくならない資格を取得したいなら、すべての電気工作物を扱える電験一種を目指してみてはいかがでしょうか。 電験一種を取得することの主なメリットは以下の3つです。 次からはこれら3つのメリットについて具体的に解説していきます。 電験一種を取得すると、転職で圧倒的に有利になります。 電験一種が扱う対象である事業用電気工作物は限定されていないことから、大規模な電気設備のある会社を中心にがあります。 電験一種は合格率が低く、毎年の合格者数が400人程度しかいないことから、有資格者は非常に少ないです。 事業用電気工作物の工事や維持、保安の現場には必ず電気主任技術者を設置しなければならないと法定されているにもかかわらず、です。 電験一種資格を取得することで、会社内で資格手当が支給され、年収アップが見込めます。 資格手当の支給額は会社によって異なっており、概ねです。 電験一種は電気系資格の中でも最高難易度の資格であるため、取得するだけで箔がつきます。 合格率が低いだけでなく、年間の合格者が400人であることからことは間違いありません。(司法試験の年間の合格者数は1,500人程度) 電験一種の平均年収は600万円です。 電験二種と電験三種の平均年収がそれぞれ450万円、540万円となっています。 電験一種の年収帯とそれぞれの割合は以下はのようになっています。 電験一種の取得する方法には以下の2つがあります。 次からはそれぞれの取得方法について具体的に解説していきます。 電験一種資格を取得するなら、試験に合格するのが最も一般的な方法です。 電験一種試験には受験資格がないので、年齢、学歴、実務経験等に関係なく誰でも受験することができます。 電験一種試験は一次試験と二次試験に分かれており、 試験に合格し、経済産業大臣から免状を交付されると、電験一種資格を取得することができます。 試験を受ける以外にも、認定を受けることで電験一種資格を取得することができます。 認定を受けるには、経済産業大臣の認定校で所定の単位を取得し、一定の実務経験があることが条件です。 具体的には、です。 ここからは電験一種の試験内容として、試験科目と、合格率から分かる難易度に分けて解説していきます。 電験一種試験は一次試験と二次試験に分かれています。一次試験の試験科目と出題範囲は以下のようになっています。 二次試験の科目と出題範囲は以下の通りです。 電験一種試験の合格率は以下のようになっています。 参考までに、国家資格の中でも最高難易度の司法試験予備試験や司法書士試験の合格率が3〜4%となっています。 このことから、電験一種は国家資格の中でも最高難易度の資格で有ることがわかります。 難易度の高い電験一種。しかし、きちんと作戦を立ててアプローチすれば、決して合格できない資格ではありません。 勉強時間は人によって異なりますが、電験二種を取得している方なら1,500~2,000時間、電験二種を取得せずに電験一種に挑戦する方なら2,000~2,500時間が目安となります。 。一次試験に合格してから二次試験の勉強をするのでは間に合わないので、一次試験と並行して二次試験の勉強もするようにしましょう。 スケジュール的に難しい場合は、一次試験の前年度合格者は翌年二次試験だけを受けることができるので、二次試験は翌年に受けるという方法もおすすめです。 電験一種対策におすすめの参考書を3冊紹介します。たくさん参考書を買うのではなく、科目ごとに1冊か2冊だけを購入し、繰り返し勉強するようにしましょう。 いちばんよくわかる 電験2種数学入門帖 おすすめ度:★★★★★ 電験一種に合格するためには、数学の部分をマスターしておく必要があります。この参考書は電験二種のものですが、しっかりと勉強すれば電験一種にも無理なく対応します。 この本の口コミ 完全マスター電験二種受験テキスト 理論 おすすめ度:★★★★☆ 一次試験に必要な理論を丁寧に網羅しています。こちらも電験二種用の参考書ですが、電験一種でも問題なく対応できます。同シリーズで電力、機械、法規の参考書もあるので、ぜひチェックしてください。 この本の口コミ 単位が取れる電磁気学ノート おすすめ度:★★★★☆ 予備校の人気講師が執筆した本書。分かりやすさに定評があります。頭の中でイメージしやすいように書かれているので、電気工事の現場経験が少ない方にもおすすめの参考書です。 この本の口コミ 電験一種は正式名称が第一種電気主任技術者であり、事業用電気工作物の工事、保安、維持などの監督を行うための資格です。 扱える電気工作物は限定されていないので、幅広い業界で需要のある資格です。 有資格者が少ないため、今後有資格者が飽和状態になる見込みはなく、就職や転職で有利になるのは間違い無いでしょう。 ただし、試験の合格率は非常に低く、国家資格の中でも最高難易度となっているので、取得するのは容易ではありません。 まずは電験三種を取得した後、実務経験を積みながら二種、一種とステップアップしていきましょう。 ▶ ▶ ▶

  • 消防設備士の種類は?種類の特徴や仕事内容も解説

    消防設備士の資格を取得したいけど、どの種類を取得すればいいのかわからないという方も少なくないかと思います。 消防設備士資格は甲種と乙種に分かれている上に、1類から7類、特類とさらに細かく分かれており、種類が大変多いです。 本記事では消防設備士資格の種類について、それぞれの特徴や仕事内容について詳しく解説していきます。 消防設備士の資格を取得しようと考えている方はぜひ参考にしてください。 消防設備士資格は種類が多いので、まずはどのような種類があるのかを知っておきましょう。ここでは、消防設備士資格の種類の甲種と乙種の違いを説明していきます。 消防設備士資格は甲種と乙種に分かれています。 甲種と乙種の共通点は消防設備の保守点検が独占業務であることですが、相違点は消防設備の工事ができるかどうかです。乙種資格のみ消防設備の工事を行うことができます。 しかし、ので、上位資格という位置付けとなっています。 そのため甲種の方が乙種よりも求人の数が多く、待遇も良い傾向があります。さらに、乙種試験では受験資格がありませんが、 そのため、消防設備士を目指すのであればまずは乙種資格を取得し、実務経験を積んだ後に甲種資格を取得するのが一般的です。 甲種と乙種は1類から7類と特類があり、まとめると以下のようになります。 上記のように、がありますが、乙種のように6類と7類がありません。 また、ことを知っておきましょう。 次からは消防設備士の各種類の仕事内容について具体的に解説していきます。 ここからは消防設備士の1類から7類、特類の仕事内容について解説していきます。それぞれ仕事内容が大きく異なるので、自分が就職したい業界に役立つ資格を選びましょう。 消防設備士1類は、です。 消防設備士1類が扱える消防設備には以下のようなものがあります。 消火栓やスプリンクラーは、商業施設や集合住宅など多くの建物や施設に設置されているため、消防設備士1類の需要は高いです。 また、上下水道設備の工事や保守点検を行っている会社でも需要のある資格です。 消防設備士2類は、です。消防設備士2類が扱える消火設備には以下のようなものがあります。 泡消火設備は、駐車場やヘリポートといった面積の広い場所で消化活動を行うためのものです。 面積が広い場所で火災が起きた場合、水よりも泡の方が拡散性が高いため、迅速な消火活動を行うことができます。 消防設備士3類は、です。 消防設備士3類が扱える消防設備には以下のようなものがあります。 ガスや粉末を用いた消火設備は、電気通信機室や精密機械室、美術館や博物館などに設置されます。 電気通信機室や精密機械室では水を使って消火を行うと、機械が故障してしまったり、機械がショートすることでかえって被害が拡大してしまう危険があるため、ガスや粉末を用いた消火を行います。 また、美術館や博物館には高価な美術品や歴史的価値の高い資料などが展示されており、水を使って消火すると展示物を損傷させてしまい、取り返しのつかないことになりかねません。 そのため、美術館や博物館でも、展示物への損傷を最小限に抑えることのできるガスや粉末を用いた消火方法を採用しています。 3類も 消防設備士4類は、です。 消防設備士4類が扱うことのできる消防設備には以下のようなものがあります。 火災報知設備は集合住宅だけでなく、映画館や劇場、ショッピングモールといった大型の商業施設のほか、学校や病院、官公庁など多くの人が出入りする施設で必ず設置されています。 そのためであると言えます。 消防設備士5類は、です。 消防設備士5類が扱うことのできる消防設備は以下のようなものがあります。 上記のような避難道具は、商業施設や学校、病院など一定の高さのある建物に設置されます。 設置される建物は限られるので消防設備士5類はそれほど需要は高くありませんが、 消防設備士6類はです。消防設備士6類は乙種にしかありません。 消火器は私たちにとって最も身近な消火設備であり、需要も高いです。 消防設備士の資格の中でもとしておすすめできます。 消防設備士7類はです。6類と同じく、7類は乙種にしかありません。 漏電火災警報器は、漏電を検知して警報を発する機器のことです。漏電火災警報器は特別な施工法の建物でのみ設置されます。 消防設備士特類は、です。特類は甲種にしかありません。 特殊消防設備とは、これまで紹介してきた1類から7類の消防設備に分類されないものを指します。 設置の対象となるのは超高層建築物や巨大複合建築物などの大規模で特殊な建築物です。特殊消防設備はいまのところ、全国に64の建物にしか設置されていません。 そのためでしょう。 消防設備士の種類は甲種と乙種に分かれており、さらに1類から7類、特類に細かく分かれています。甲種は乙種の上位資格なので、消防設備士を目指す場合は乙種から取得することをおすすめします。 種類ごとに需要は異なっており、活躍できる業界も異なっているので、自分の希望する業界で需要の高い資格を取得しましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電験二種とは?資格取得のメリットや試験内容も解説

    本記事では電験二種の概要や仕事内容、取得するメリットの他に、平均年収や取得方法、試験内容についても解説していきます。 電験二種に興味がある方や、これから電験二種を取得したいと考えている方はぜひ参考にしてください。 ここからは電験二種の正式名称である第二種電気主任技術者と、電験二種の具体的な仕事内容について解説していきます。 電験二種の正式名称は、第二種電気主任技術者です。 電気主任技術者とは、です。 電気工事士との違いは、現場での役割です。電気工事士が現場で電気工事を行うのに対して、電気主任技術者は現場で電気工事を行わず、あくまでも 電気主任技術者には第一種、第二種、第三種の3つがあり、それぞれ仕事内容と業務範囲が異なります。 次からは電験二種の仕事内容について具体的に解説していきます。 電験一種、電験二種、電験三種の業務範囲はそれぞれ以下のようになっています。 です。具体的な仕事内容としては、電気設備の保守メンテナンスのほか、施設内の目視点検も業務範囲です。 また、各種メーターの検針、管球交換、制御盤や警報装置の監視、緊急時の対応や簡易修繕といった業務もあります。 会社に就職してからも、電験二種を取得することで昇給や昇進につながるので、年収アップが見込めます。資格手当がつく会社も多いです。 私たちの生活に電気が必要である以上必ず一定の需要があるので、取得すれば一生食いっぱぐれない資格であると言えます。 電験の有資格者は、電気工事を行う場合に必ず責任者として設置しなければならないと法律で定められています。 5万ボルト以上17万ボルト未満の電気工作物を設置している施設では必ず電験二種の有資格者が必要であるため、です。 そのため電験二種の資格を保有していればになります。 経済産業省によれば、2045年にかけて大規模再生エネルギー設備が増加するため、それに伴って電験二種の需要も高まっていくと予想されます。 電験二種の平均年収は400万円です。となっています。 また、電験二種の年収の特徴として、ことが挙げられます。 電験二種保有者の主な就職先としては、電気・ガス業界、建設業界、ビルメンテナンス業界があります。 場合もあります。ビルメンテナンス業界は電気・ガス業界や建設業界に比べて年収は低いです。 ビルメンテナンス業界の年収が低いのは、労働集約型であるため、価格競争が起きやすいことが関係しています。 電験二種の取得方法には以下の2つがあります。 次からはこれら2つの方法について詳しく解説していきます。 電験二種資格を取得する最も一般的な方法は、試験に合格することです。電験二種試験には 電験二種試験は一次試験と二次試験に分かれており、いずれもマークシート方式となっています。 試験を受ける以外にも、工業高校の電気科、高等専門学校、短期大学の電気工学科、大学の工学部電気工学科などので電験二種の免状交付を得ることができます。 認定校で必要とされる単位は以下の科目です。 必要とされる実務経験は、以下のように学歴によって異なります。 ここからは電験二種の試験内容について、試験科目と、合格率からわかる難易度について解説していきます。 電験二種試験は一次試験と二次試験と二段階あります。 一次試験の四科目の分野とそれぞれの内容は以下の通りです。 二次試験の二科目の分野とそれぞれの内容は以下の通りです。 電験二種の平成25年度から29年度までの一次試験、二次試験の合格率は以下の通りです。 二次試験の合格率が11%から19%であることから、だと言えます。電験二種と同じくらいの合格率の国家資格として、行政書士や宅地建物取引士などがあります。 電験二種の対策にオススメの参考書を3冊紹介します。 おすすめ度:★★★★★ 過去に出題された計算問題の中から、特に重要度が高いものだけをピックアップして解説しています。解き方を戦術としてまとめているので、普段の勉強にはもちろんのこと、試験直前におさらいするときにも役立ちます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 電気工学の素養がない方にもオススメの参考書。どこから手を付けてよいのか分からないときでも、キーワードごとにまとめられているので、整理しながら覚えていくことができます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 電験二種の試験に必要な数学をシンプルにまとめています。解き方から学習の方法まで体系的に記載されているので、数学に対して苦手意識を持つ方にもオススメの参考書です。 この本の口コミ 電験二種の正式名称は第二種電気技術主任者で、電気工事の現場で保安監督の仕事を担当します。 扱える電気工作物は17万ボルト以下の電気工作物であり、具体的には商業施設や大型施設の電気設備の保守点検を担当します。 電験二種資格を取得するには試験に合格する方法と認定を受ける方法の2つがありますが、試験に合格する方が一般的です。 電験二種試験は一次試験と二次試験があり、合格率は10%台と難関です。 電験二種を目指している方は、しっかりと勉強して本試験に臨みましょう。

  • 電気工事士の仕事とは?仕事のやりがいや平均年収なども解説

    本記事ではそもそも電気工事士とはどのような資格なのかを説明した上で、電気工事士の仕事内容について詳しく解説していきます。 電気工事士の仕事に興味がある人はぜひ参考にしてください。 です。 電気工事の仕事には漏電や感電といった事故の危険も伴うため、電気工事士の資格保有者でなければ仕事をしてはいけないと法律で定められています。 電気工事士が扱う建物は多岐に渡りますが、扱う電気設備の規模が大きいほど高い専門性が要求されます。 電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事の2つに分かれており、それぞれ扱える電気設備の規模が異なっています。 続いて、具体的にはどのような業務があるのかを紹介します。そのうえでどの範囲の業務を第一種電気工事士が担当し、第二種電気工事士が担当しているのかを説明します。 電気工事士の仕事は、建築電気工事と鉄道電気工事に大きく分けることができます。 建築電気工事はさらに次の4つの業務に分けられます。 屋内配線工事 個人の家や会社、施設内の配線をおこないます。 屋内配線工事は建物を新築するときには欠かせない作業ですが、リフォームするときや新たな電気設備を導入するときにも欠かせない作業です。 外線の配線工事 電柱から建物に電気を引き込みます。 都市部などでは地中に電線が通されていることもあり、外線工事に地面を掘る作業が付随することもあります。 冷暖房(エアコン)の工事 エアコン取り外しや取り付け、クリーニングなどの作業もおこないます。 家電販売店の下請けとなる電気工事業者が請け負うこともありますが、個人宅などから清掃業者を通して直接依頼を受けることもあります。 ビル管理の仕事 ビル内にある電気設備や空調設備、エレベーターなどのメンテナンスをおこないます。 建物内のさまざまなトラブルへの対応を求められるため、電気工事士だけでなくボイラー技士や消防設備士などの資格が必要になることもあります。 鉄道関係の電気工事の仕事は、以下の3つに大別できます。 なお、鉄道電気工事は電車が走っていない深夜におこなわれることが多いため、夜勤がメインとなります。 変電設備工事 電車の種類によって電圧が異なります。 適した電圧に変えるための変電所を建設・メンテナンスする仕事も、電気工事士の仕事です。 線路工事 変電所から電車に電気を引き込んだり、信号機や踏切などの線路そばの施設を設置するのも電気工事士の仕事です。 もちろん、設置後は定期的にメンテナンスをおこない、事故が起こらないように管理します。 駅の設備工事 駅構内には電気を使った施設が多数あります。 電車の発着を知らせるモニターや自動改札機、券売機、照明、空調設備などの設置・メンテナンスも電気工事士が担当します。 第一種電気工事士 第一種電気工事士が扱えるのは、です。 500kW未満の自家用電気工作物とは、中小工場やビル、高圧受電の商店などに設置されている電気設備のことです。 一般用電気工作物とは、一般家屋、小規模商店、600V以下で受電する電気設備等のことです。 します。電気工事の規模が大きい場合、基本的にはチームで仕事をすることになります。 第二種電気工事士 第二種電気工事士が扱えるのは、です。 500kW未満の自家用電気工作物を扱うことはできないため、第一種電気工事士よりも扱える電気工作物の範囲が狭い下位資格に位置付けられています。 第二種電気工事士は、第一種電気工事士よりも規模の小さな電気設備を担当します。 また、です。 ビルメンテナンスでは、ビル内の電気設備の保守点検が主な仕事となるため、電気設備の修繕や工事の仕事は多くありません。 技術力を評価してもらえる 電気工事士に求められるのは、作業の正確さや丁寧さといった技術力です。 学歴や経歴はあまり問われませんので、腕一本に自信がある方にもおすすめの仕事と言えるでしょう。 また、。努力を重ねて腕を磨けば、昇進・昇給のチャンスも増えるでしょう。 仕事がなくならない オンライン化が進み、世の中の仕組みも変化しています。しかし、オンラインを利用するためにも電気は不可欠で、電気が必要な場面や場所は年を追うごとに増えています。 電気が必要ということは電気工事が必要ということです。つまり、だと言えるのです。 社会貢献性が高い 電気工事士は、電気工事を通じて人々の生活インフラを維持する仕事です。 現代社会は電気なしでは成立しない以上、電気設備が故障してしまうと人々が生活を営むことはできません。 平常であれば電気設備は当たり前のようにありますが、災害が起きると電気設備が故障してしまいます。 地震や台風といった自然災害が発生して電気設備が故障したとき、なのです。 成長を実感しやすい することができます。 スキルアップすれば社内でも評価され、昇給や昇進にも繋がっていきます。成長して会社から評価されることで仕事を頑張るモチベーションも上がり、この点でもやりがいを実感することができます。 肉体的にきつい仕事が多い 屋外の仕事では、夏の暑い日や冬の寒い日もずっと作業をし続けなければなりません。座って仕事をすることもできず、基本的にはずっと立ちっぱなしで仕事をすることになります。 現場仕事であるため常に動き回っており、工事道具などの重い荷物を運ばなければなりません。 労働時間が不規則になりやすい 朝から工事を行う場合もありますが、鉄道工事であれば鉄道が稼働していない深夜に作業をすることができます。 また、工事の現場では電気工事士だけでなく水道業者や大工など、様々な業者が出入りすることになります。 他の業者の業務状況によって工事の進捗も変わるので、スケジュールがずれ込み、 電気工事士の平均年収は400万円です。 見習い期間であれば、平均年収は250万円〜350万円程度となっています。 正規の電気工事士であれば、平均年収は300万円〜500万円です。 現場の責任者や役職者の地位に就くことで、平均年収は400万円〜600万円以上となります。 また、会社の規模によっても平均年収は異なっており、があります。電気工事士は独立ができる資格であるため、独立することでさらに高い年収を稼ぐことも可能です。 世の中を便利にする新しい機器が次々と生まれていますが、は今も昔も変わりません。 電気工事に携わる電気工事士の仕事は、今後も需要の高い仕事だといえるでしょう。 将来的に役立つ資格を取得したい方にも、今すぐ働ける資格を得たい方にも、電気工事士の資格はおすすめです。 また、技術力があればさらに重宝される仕事のため、学歴や経歴に左右されない職種を選びたい方にとっても良い選択肢となるでしょう。 電気工事士の仕事内容や、仕事のやりたい、辛いことや大変なこと、平均年収について解説していきました。 電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士があり、それぞれ扱える工事の範囲が異なります。 いずれも受験資格はありませんが、第一種電気工事士の免状を交付してもらうには実務経験が必要です。 そのため、電気工事の実務経験がない場合は、まずは第二種電気工事士から取得しましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 消防設備士の求人はある?おすすめ優良求人も紹介

    消防設備士の求人は、他のエンジニア系資格と比べるとそれほど多くはありません。そのため、消防設備士の求人をどのような方法で探せば良いのかわからず困っている方も少なくないかと思います。 本記事では消防設備士の求人の探し方に加えて、消防設備士のおすすめ優良求人も紹介していきます。 消防設備士として就職や転職を考えている方はぜひ参考にしてください。 まずは消防設備士の求人数がどの程度あるのかを知っておきましょう。 ここではマイナビ転職、エン転職、indeedの3つの求人サイトで「消防設備士」のキーワードで検索した結果をご紹介します。 上記の件数はエリアを絞らずに検索した結果です。ご自身がお住まいの地域ではどの程度の求人数が掲載されているのか調べてみましょう。 消防設備士の求人を探す方法には、以下の3つがあります。 ここからは上記の3つの方法を利用して消防設備士の求人を探す方法について解説していきます。 という特徴があります。そのため、自分の希望する条件にマッチした求人を見つけられる確率が高まります。 転職サイトによっては、専属の転職エージェントやキャリアコンサルタントが相談に乗ってくれるところもあるのです。 希望の条件に合った求人が掲載されるとメールや電話で連絡をしてもらえたりするなど、就職や転職をサポートしてくれます。 消防設備士の求人の中には、経験者のみを募集しているものも少なくありません。 でしょう。 ハローワークは正式には公共職業安定所という名称で、厚生労働省が設置する国行政機関です。そのため 求人に掲載するのは無料であるため、求人の数も多く、自分の希望条件にマッチした消防設備士の求人を探せる確率は高いです。 消防設備士の平均年収は、未経験者と経験者で異なります。 諸手当込みだと23万円〜25万円になります。 諸手当込みで34万円〜37万円になります。 しかし、会社の規模では給与は変わらない傾向があります。大企業でも中小企業でも、消防設備士の平均年収は400万円〜500万円程度となっています。 ここからは消防設備士のおすすめ優良求人について紹介していきます。優良求人であるかどうかは、給与や勤務時間、諸手当などの待遇を総合的に判断しています。 消防設備士の求人の中でどれを選んだら良いのかわからないという方はぜひ参考にしてください。 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社では、しています。応募資格は以下の通りです。 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京の仕事内容 です。 高速道路には常に最新の設備や技術が導入されているため、仕事を通して最新の設備や技術に触れることができ、キャリアアップにつながります。 例えば、無線ネットワークを生かした情報掲示パネルや電気自動車用スタンド、路面の明るさを感知して点灯・消灯する照明設備などがあります。 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京の特徴 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京は東名高速道路、新東名高速道路、中央自動車道など、40年以上に渡って日本の高速道路の保全管理を手掛けてきた会社です。 機械、通信、電気、建築、水質、土木などの 中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京の待遇 ホーチキ株式会社では、を行います。 応募資格は以下の通りです。あれば活かせるスキルは提示されていますが、な点が特徴です。 ホーチキの仕事内容 建設中や改修中のビル・マンションなどに火災報知設備や消火設備を設置するための等を行います。 ホーチキの特徴 ホーチキは、創業100年以上の東証一部上場企業で、として知られています。 海外進出してから58年、129ヶ国にセキュリティシステムの販売実績があります。 ホーチキの待遇 消防設備士の求人は他のエンジニア系の資格に比べて多くはないので、まずはご自身の住んでいる地域に求人がどの程度あるのかを調べることが大切です。 また、消防設備士は甲種、乙種と分かれており、さらに1類から7類まであるため、求人で求められている種類をしっかりと確認しておくことも重要です。 転職サイトやハロー枠などを利用して、希望条件に合った消防設備士の求人を探してみましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 東京の電気工事士のおすすめ大手優良求人は?求人の探し方や平均給与も解説

    東京には電気工事士の求人が多いので、どの求人がいいのか判断するのは大変です。そこで、本記事では東京エリアで掲載されているおすすめの電気工事士の大手優良求人を紹介していきます。 また、東京エリアで電気工事士の求人を探す方法や、東京エリアの求人に掲載されている電気工事士の平均給与も紹介していきます。ご自身で求人探しをする際には是非参考にしてください。 東京で電気工事士の求人を探すなら、まずは東京エリアでの求人数について把握しておきましょう。 次からは求人サイトのマイナビ転職、エン転職、indeedに掲載されている電気工事士について、第一種電気工事士と第二種電気工事士に分けて東京エリアでの求人数を紹介していきます。 以下は求人サイトで「第一種電気工事士」と「東京エリア」の条件で検索した結果、ヒットした求人数です。 ことがわかります。これはindeedのユーザー数が2,400万人と非常に多いことと、企業が求人広告を無料で掲載できることが理由です。 以下は求人サイトで「第二種電気工事士」と「東京エリア」の条件で検索した結果、ヒットした求人数です。 ことがわかりました。 東京エリアで電気工事士の求人を探す場合、大きく分けると以下の3つの方法があります。 次からは、これら3つの探し方の特徴について解説していきます。 転職サイトは掲載されるです。検索条件も細かく指定できるので、自分の希望条件にマッチした求人を見つけられる確率も高まります。 また、ことがあります。 希望する求人が掲載されると、転職エージェントが連絡してくれるなどのサービスを受けることができます。 電気工事士の資格はあるけど仕事については未経験であるという場合、就職や転職では不利になります。 電気工事士は専門職であるため、経験者のみ募集している求人も少なくありません。 そのため、未経験の方であればまずはアルバイトの求人を探してみるといいでしょう。 ハローワークの正式名称は公共職業安定所で、厚生労働省が設置する国の行政機関です。です。 転職サイトでは、現在の職種や業種、経歴など多くの情報を入力して会員登録する必要がありますが、ハローワークにはそういった面倒な作業は必要ありません。 求人を申し込むには最寄りのハローワークに直接出向く必要はありますが、求人を探すだけならその必要はありません。 東京の電気工事士の平均年収を、首都圏の近隣県の平均年収と比較しました。 ことがわかりました。 ここからは東京の電気工事士の求人の中でも、大手のおすすめの優良求人を紹介していきます。大手の優良求人の選定基準は、給与や福利厚生などの待遇です。 電気工事士として大手に就職したいという方はぜひ参考にしてください。 メタウォーター株式会社では、しています。 応募資格は以下の通りです。 メタウォーター株式会社の仕事内容 メタウォーター株式会社では、以下のような業務に従事します。 上下水道設備の保守点検を行うことになるので、 メタウォーター株式会社の特徴 メタウォーター株式会社は、となっています。 東証一部上場企業である日本ガイシと、同じく東証一部上場企業の富士電機という大手メーカーの水環境部門が合併してできた企業です。 メタウォーター株式会社は水インフラを担う企業として初めて東証一部に上場したという実績があります。 メタウォーター株式会社の勤務地・待遇 大和ライフネクスト株式会社では、しています。 大和ライフネクスト株式会社の仕事内容 大和ライフネクスト株式会社では、分譲マンションを良好な状態で維持し、資産価値を高めるための設備のメンテナンスや修繕工事の業務を行います。 具体的には、 大和ライフネクスト株式会社の特徴 大和ライフネクスト株式会社は、マンションやビル、商業施設など多種多様な物件の管理、開発提案を行っています。 社員の半数が女性であるのも特徴で、業界内ではとして知られています。 近年では電力小売事業や大規模修繕工事の元請会社の設立、医療モールの運営事業などを新たに始めました。 大和ライフネクスト株式会社の勤務地・待遇 株式会社NTTデータでは、しています。 応募資格は以下の通りです。 株式会社NTTデータの仕事内容 株式会社NTTデータは、公共サービスや金融サービスに関わるITシステムを提供しています。 株式会社NTTデータの特徴 NTTデータは、連結売上高約2兆1,000億、210の海外拠点を有する日本最大のSIerです。 事業内容としては、金融、公共社会インフラ、法人・ソリューション、グローバルの4つのセクションに分かれています。 インフラに関わる仕事のみならず、です。 株式会社NTTデータの勤務地・待遇 東京の電気工事士の求人は多く、平均給与も他の首都圏の近隣県と比べて高いです。東京は待遇の良い求人が多いものの、待遇が良ければそれに応じた実務経験や資格などの応募資格が要求されます。 自分の実務経験や保有資格と照らし合わせて、ぜひ希望の求人を見つけてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士の将来性|需要が期待できる理由を解説

    これから電気電気工事士の求人を探す新卒予定者や、未経験から電気工事士への転職を検討している方にとって業界の将来性についても気になるところです。 電気工事士の仕事は幅広く、家庭向け電気機器の修理や保守管理からビル・工場へ設置する大型の設備設置や配線作業まで担っています。 また、電気工事は、住宅や工場などあらゆる建物・設備に必要な工事ですので、これからも需要のある仕事です。 今回は電気工事士の仕事を始める・始めたい方に向けて、電気工事の将来性や需要を見込める理由を詳しく紹介します。 まずは、電気工事士という仕事が、今後なくならないのか・増えるのか需要について解説します。 電気は生活に欠かせないインフラの1つですので、将来性もありますしやりがいも感じられる仕事ですよ。 冒頭でも触れていますが、少なくとも電気工事士の需要および電気工事の仕事はなくなりません。 電気工事の仕事は、家庭用電気機器の修理や配線・結線作業をはじめ、発電所や変電所で使用する変圧器や配電盤の組み立てや保守管理などとされます。 また、電気は重要なインフラの1つで、家庭用電化製品や交通手段・業務用機器・医療用機器・通信設備などさまざまな設備機器は電気で支えられています。 つまり電気は、現代人が生きていくために必須のエネルギーです。 電気工事は、でもあります。 また、東京オリンピックなど大型イベントなどの際にも、建設ラッシュと同時に電気設備や配線工事の需要も高まります。 電気工事の業界は、少子高齢社会に伴う人手不足も懸念されているため、新卒者や未経験からの転職など、あらゆる市場から人材を確保しなければいけません。 そのため、電気工事士を目指す方にとっては、働きやすい環境でもあります。 社会インフラの1つ電気・電気設備は、今後ますます市場が拡大していくことも予想されます。大きな理由は、です。 IT産業というと、プログラミングや通信技術に関連した仕事に注目してしまいますが、そもそも電気がなければ動作しません。 たとえば私達が普段使用しているインターネットは、パソコンやスマートフォンだけでなく電気で稼働している通信設備(通信の制御やデータの保守管理など)によって利用できる仕組みです。 また、スマートフォンといった通信端末も、定期的に充電しなければ使用できませんよね。 最近では5G技術の発展も期待されていて、完成すればIOT社会の実現も可能になります。そして5G技術を運用するためにも、電気が必要です。 他にも さらに近年では太陽子発電や風力発電など、再生可能エネルギーで発電するシステムも一般家庭にも普及し始めていて、電気・エネルギー関連の需要も高まっています。 電気工事はです。 まだまだキャリアを広げるチャンスはありますし、新技術に触れたり知見を深めたりできます。 続いては、電気工事士の仕事や魅力について、未経験者やこれから資格を取得する方にも分かりやすく紹介していきます。 です。 第二種電気工事士は、一般家庭や小規模事業所の一般用電気工作物(エアコンなど電気機器の作業や配線など)に関する工事ができる資格です。 そして第一種電気工事士は、中規模以上のビルやマンション、工場・事業所などで使用されている事業用電気工作物(電気を供給するための設備や発電機の出力200万kW超えの設備)に関する工事ができます。 近年では 資格試験は、筆記試験と配線や各種機器の接続も行う技能試験の2つあり、どちらも合格しなければいけません。特に技能試験は、個人で材料を調達するのが費用面でも難しいところです。 ただ、資格取得費用と試験対策の時間を確保してくれる企業もあるため、働きながら資格取得を目指すことが可能です。 電気工事の場合は、もあります。 もちろん企業に雇われて社員として働くこともできますが、「収入をもっと増やしたい」・「休日の設定を自由に設定したい」などの目標を持っている場合は、独立開業もありです。 独立開業の大きなメリットは、自身で電気工事の営業を行い価格交渉までできるため、また、電気工事士の給料は、請け負っている仕事や企業規模によって100万円程度変わるため、独立することで年収が大きく変わる可能性もあります。 さらに、です。 元々独立志向の高い方や自分で仕事を取って業務を進めたい方は、将来的に独立開業も視野に入れながら転職・就職するのもいいでしょう。 ここからは電気工事士の仕事に、将来性および需要があるのか人材や社会的な部分を軸に紹介します。 2020年の日本は、以前から少子高齢化が続いている状況です。また、少子高齢化社会の要因は複数存在するため、今すぐ解決できる問題でもありません。 そのためと考えられます。 また、現在電気工事の業界を支えている、多くのベテラン電気工事士も近い将来定年退職(40代や50代)・退職(自営業などで仕事している60代や70代)しなければいけないため、急激な人材不足に加えて技術力低下も懸念されます。 ちなみに経済産業省の調査では、しています。 何かと不安要素の多い日本ですが、このような大きな課題を抱えている状況だからこそ、電気工事士として活躍できる現場も増えていきます。 もちろん経験と技術力を高めなければ仕事を任せられないので、まずは地道に日々勉強と経験を積み重ねることに力を入れましょう。 今後慢性的な人材不足になる可能性が高い一方、各社電気工事士を確保するために求人数を増やすことも期待できます。 また、経験者の人材不足が加速するため、企業は未経験者・若手の人材育成もしなければいけません。 そのため電気工事士は、未経験者にとっても仕事を始められる機会のある業界です。 もちろんベテラン電気工事士の退職によって、実務経験の豊富な電気工事士(30代~40代)も転職・ステップアップしやすい環境になるでしょう。 最後に電気工事士が活躍できる現場と、将来的に需要が増える現場についても紹介していきます。 現在、電気工事士が活躍できる仕事の種類や現場は、主にビル建設や鉄道での配線・保守管理などです。 電気工事士は、小規模事業所や家庭向けの機器修理や点検交換の他にも、上記のように大きな現場へ派遣されて工事を行う仕事も多い傾向です。 建設現場 ビルやマンションなどの建設時には、があります。解体時にはが主な作業です。 鉄道 鉄道会社の電気設備部門にて、電車へ送電するためのをします。 他にも、などが、仕事内容として挙げられます。 ビルメンテナンス オフィスビルやマンション、商用店舗など、不特定多数の人が利用する建物で稼働しているがあります。などもおこないます。ビルメンテナンスの業務には、電気工事士の他にも2級ボイラー技士や危険物取扱者乙種4類、第三種冷凍機械責任者なども必要です。 電気工事士は、鉄道や建設現場の他にも、メーカーの設備保守や防犯関係の設備交換などといった仕事もあります。 将来的に活躍できる可能性のある仕事とは、が予想されます。 ステップアップのためにも、電気工事だけでなくAIや5G通信など次世代の技術や産業に関する情報収集も欠かさないようにしましょう。 メーカー工場 工場内で使用されているなどがあります。 防犯会社 防犯設備を各家庭や商業用店舗、オフィスなどに設置したり点検したりといった仕事です。 情報通信 です。また、商用施設などへ通信設備を設置工事といった仕事もあります。 電気工事士だけでなく電気通信工事施工管理技士・電気通信主任技術者などの資格も必要です。 電気工事士の業界は、と考えられます。 また、それに伴って求められる技術や経験も多様化すると考えられるので、日々積極的に技術力を高める努力や、新しい業務への挑戦・情報収集を欠かさないことも重要になります。 他にも再生可能エネルギー産業の発展も目が離せない状況で、見込みもあります。 平均年収は500万円(実務経験10年以上)ですので、社員として働き続けることも可能です。また、独立開業の選択肢もあるので、経営者として働きたい方にも魅力のある業界です。 電気工事士は将来性のある業界・仕事と考えることができます。大きな理由は、電気というインフラに関連した仕事である点です。 今後も多くの人が電気を手離すことは考えられませんし、生活・仕事をする上で電気・電気機器の利用は欠かすことができません。 また、少子高齢化に伴う労働人口の減少課題もあるため、実務経験のある方だけでなく未経験者(入社後の資格取得・研修)も求められるようになります。 これから電気工事士の資格取得を目指している方や未経験から転職を悩んでいる方は、今回紹介した業界動向などから前向きに検討してみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士の平均給料は500万円!年収をアップさせる方法も紹介

    これから電気工事士の仕事へ就くために就職活動している方や、新人電気工事士の中には平均給料が気になっている人も多いかと思います。 電気工事士は、第二種電気工事士や第一種電気工事士の資格が必要な仕事で、常に需要のある業界でもあるため長期的に仕事を続けることができます。 今回は電気工事士の平均給料や将来性が気になる方へ向けて、平均給料や給料アップのポイントを詳しく紹介します。 電気工事士の平均年収は、一般的に約500万円です。しかし、実務経験の長さや技術力、各企業によって平均額は変わります。 まずは、電気工事士の平均年収と内訳、見習い期間や地域ごとの違いについても分かりやすく紹介します。 電気工事士の平均年収は、です。また、です。 電気工事士の給料は工事費から諸経費(会社の維持費用、工事に必要な材料費や交通費)を差し引いたもので、一般的な会社員と同じく月給制です。 他の職業と比べると、月収はやや高めであると言えます。 しかし、上記ではボーナスの平均金額を84万円としていますが、ボーナスの金額は変動しやすいので、平均年収は400万円+αで考えておくとよいでしょう。 年代別に分けた場合は、以下の傾向です。 上記に加えて、ボーナスが支給されます。一般的には年齢に応じて年収が上がるものの、のケースもあります。 また、電気工事士といっても、エアコン取付業務・工事現場の事業用電気工作物に関する作業など、仕事の種類で大きく役割や年収も変わります。 たとえば、エアコン取付や一般家庭の電気修理を行う小規模業者の中にも、工事単価を高めて平均以上の給料を付与していることもあります。 新卒で入社した場合は、誰もが未経験ですので見習い期間(研修期間)として、給料も抑えられています。また、未経験の第二新卒や中途採用の方も、同様に見習い期間が設けられています。 です。また、都市部や物価の高い関東・関西は、23万円前後の場合もあり、地方は18万円前後となる傾向です。 見習い期間でも20万円以上の給料を希望している方は、都市部の求人を探すのがおすすめです。 続いては、電気工事士として働く予定の方や既に働いている方へ向けて、どのやって給料・年収をアップするのか方法を紹介します。 次からは、上記5つの給料アップ方法について詳しく解説していきます。 1つは、これから就職する会社・現在働いている会社で、電気工事士としての経験を積むことです。電気工事士も技術力の問われる仕事で、 経験を積むためには、常に少し難易度が高いと感じる仕事を積極的に取り組むのが大切です。今の技術力と課題を整理し、年間・月間目標を立てながら自分なりに考えて業務を行いましょう。 電気工事士として技術力が低いと、転職先でも給料アップは見込めません。 ですので、電気工事士として経験を積むことは、社内評価を上げてもらうだけでなく、転職した場合の給与査定にも関係しています。 これから就職する方は見習い期間の給料だけでなく、昇給の条件についても調べましょう。 会社によって評価基準はさまざまで、経験や技術力ではなく勤務年数や態度・人柄で評価されるケースもあります。技術力で評価されるには、実力主義の会社を探すのがおすすめです。 電気工事といっても、ビル管理や工場の配線工事から家庭向けの電気機器修理まで、現場や種類は多種多様です。 各現場や仕事の種類によって工事費(予算)は変わるため、「どの現場で働くか」ということは給料に影響しています。 また、専門性が高く、経験者でないと扱うのが難しい現場に変えてもらうことで給料アップを狙うこともできます。 電気工事の仕事は、歩合給で支払われることも多いです。日給ではなく歩合給で給与が支払われる場合は、。 ただし、歩合給の仕事は単発のため、常にあるとは限らず、また、正社員として雇用されるわけではないため、有給休暇や賞与もありません。 短期的に多額を稼がなくてはいけない事情があるときは歩合給の仕事を選び、長期的に安定した収入を得たいときは正社員として勤務することをおすすめします。 電気工事を行うためには、少なくとも第二種電気工事士の資格が必要です。 第二種電気工事士は住宅や事務所などに設置している、一般用電気工作物(エアコンなど)の工事のみ許可されている資格です。 しかし、最大電力500kW未満の設備(ビルや大きな工場などで使用する電気設備)の電気工事には、第一種電気工事士が必要となります。 電気工事関係の会社も資格手当を設けていることがほとんどですので、上位の資格取得を目指すのも給料アップにつながります。さらに仕事の幅を広げたり専門性を高めたりするためにも、資格取得は大切です。 電験(電気主任技術者)は、事業用電気工作物の電気工事を行う現場で必須の資格です。 電験を取得している者が、事業用電気工作物を行う現場で現場責任者を務めなければいけないと定められているため電験は需要のある資格です。 電気工事施工管理技士は電験と似ていますが、設備全体の運用管理ではなく安全・工事スケジュール管理など現場管理のために用いられる資格です。 そして電気通信工事担任者は、通信回線(光回線や電話回線など)の工事ができる資格です。 現在勤めている会社では昇給が見込めない場合は、転職もおすすめです。 しかし、安易な退職・転職活動は、再就職が難しくなってしまうリスクもあるため、転職するメリットや必要性を何度も確認した上で行動するべきです。 は転職を検討してみる価値があります。 しかし、単に何となく転職したい・他の現場を見てみたいといった、漠然とした理由であれば転職についてよく考えて行動に移しましょう。 転職活動の際はです。 元々独立志向を抱いている方は、電気工事に必要な資格と実務経験を武器に、独立・起業という選択肢もあります。また、法人・自営業どちらの業態にするかは、売上や節税などの関係で選択できます。 独立のメリットは、自分で工事費の見積もりを作成できますし、努力次第で売上・年収も伸ばす余地がある点です。また、休日など働き方についても、全て自分で構築できるのも大きな魅力です。 です。 しかし、不安定な収入になる可能性もあるため、固定収入を求める方にはおすすめできません。あくまで独立志向が高く、働き方を1から構築したい・挑戦したい方向けの選択肢です。 電気工事士の平均年収は500万円前後で、他の仕事よりもやや高めでした。 資格を持っていないとできない仕事ということもあり、昇給の手段がたくさんありますが、技術力を高めるということが特に重要です。 まずは技術力を高めることを考え、その後社内の仕事を変えてもらったり転職したりといった選択肢についても検討してみましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 第一種電気工事士の筆記試験の内容とは?試験対策のポイントも紹介

    第一種電気工事士は、第二種電気工事よりも難易度が高く出題範囲も広くなっています。そのため試験対策にも一定の時間が必要で、効率よく準備・勉強を進めることが大切です。 今回は第一種電気工事を受けたい・受ける方へ向けて、筆記試験の内容や難易度をはじめ試験対策の方法についても分かりやすく解説していきます。 第一種電気工事士は第二種電気工事士の試験と同じく、筆記試験と実技試験に合格しなければいけません。そして、第一種電気工事士の筆記試験では、以下の項目から出題されます。 電気理論(計算)に関しては、第二種電気工事士で出題された基礎的な公式をベースに応用問題が出題される傾向です。たとえば交流回路の応用問題といえる、三相交流回路内で消費される電力を求める計算などです。 計算問題の他には、配線図面の読み取り問題、法令や測定器具・工具に関する暗記問題(正誤選択や穴埋めなど)などもあります。 第一種電気工事士の難易度は、合格率から読み取ることもできます。これまでの合格率を平均化させると、おおよそです。 第二種電気工事士の合格率は、ですので、第一種電気工事士の難易度の高さが分かります。なぜなら、第一種電気工事士は、第二種電気工事士よりも認められている設備範囲が広く、身に付けるべき知識も増えるためです。 特に計算問題に関しては、工場やビルなど大規模な設備で使用する電気工作物(事業用電気工作物)に必要な応用問題が出題されます。 もちろん電験程の出題範囲の広さではありませんし、試験対策を行えば合格できる見込みはあります。ちなみに電験三種は合格率20%前後です。 また、第一種電気工事士は記述式ではなく選択問題で、電験のように現場管理に関する法令までは出題されません。あくまで、です。 これから第一種電気工事士を受験する方は、第二種電気工事士よりも難易度は高いと意識しつつ、充分な勉強時間を確保した上で準備を進めましょう。 とされています。 第一種電気工事士には、を認めています。 具体的には以下の条件のうち、いずれかの項目を満たす必要があり、試験免除を受けるための証明書類を提出しなければいけません。 ・前回の第一種電気工事士の筆記試験に合格している(技能試験で不合格となった方を対象):証明書類の準備は不要。申し込みのみ行います。 ・第一種や第二種もしくは第三種電気主任技術者の免状の交付を受けている方(いわゆる電験第一種、第二種、第三種):電気主任技術者免状の複写(コピー)を添付。 ・旧電気事業主任技術者資格検定規則による電気事業主任技術者の資格を保有している方(旧規則の時期に電験の試験を受験し、合格・資格取得した方):検定規則に基づいた検定試験の合格者の場合、「合格証明書」もしくは「合格証書」の複写を添付 / 検定規則による認定学校(旧制の大学、工業専門学校、工業学校等)の 卒業者にあっては「卒業証明書」もしくは「卒業証書」の複写を添付。 証明書類を提出するタイミングですが、試験の申し込み時に添付することで確認・試験免除へ向けて手続きを進めてもらえます。また、申請書類の提出期間は、筆記試験・技能試験を受験する方と同じです。します。 第一種電気工事士の筆記試験および技能試験の過去問と解答は、一般社団法人電気技術者試験センターの公式サイトで公開されています。ですので、受験後に自己採点したい場合や、過去問を解きながら試験対策する場合に役立ちます。 第一種電気工事士はです。ちなみに2019年の筆記試験は、10月6日(土)に実施されました。 ここからは、第一種電気工事士の筆記試験に合格するための対策と、試験対策に必要な参考書の選び方について解説します。 第一種電気工事士に必要な勉強時間は約300時間とされていますが、非効率的な勉強方法や自分に合っていない参考書を選ぶと、余計な時間がかかってしまいます。どんな試験対策が必要なのか、取捨選択しながら準備することが大切です。 第一種電気工事士の試験対策で参考書選びに悩んでいる場合は、オーム社から刊行されている参考書から勉強するのがおすすめです。 第一種電気工事士に関する参考書は多数刊行されていますが、中でもオーム社の参考書は詳細な解説と過去問まで記載されています。また、単に各出題分野の説明をしているだけでなく、 オーム社の第一種電気工事士に関する参考書は、複数刊行されていてそれぞれ重視している部分が異なります。 筆記試験対策として購入する場合は、出題頻度の高い内容に絞って解説された「筆記試験完全マスター」や過去問と各出題項目を詳細に解説している「第一種電気工事士筆記試験完全解答」がおすすめです。 まずは出題頻度の高い項目から過去問を解いたり解説を読んだりしつつ、確実に得点を取ることができる対策を行いましょう。 おすすめ度:★★★★★   第一種電気工事士のテキストで勉強しても分からない部分が多い・どうしても点数が伸びない場合は、こちらのテキスト・問題集もおすすめです。第二種電気工事士のテキストですので、基礎から丁寧に解説しています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 前述の項目で紹介したテキストで基礎を学んだあとは、第一種電気工事士筆記試験完全解答がおすすめです。前半では、第一種電気工事士に必要な知識を、要点を絞りながら解説しています。後半は、過去問と解説付きの解答を10年分記載しているので、1冊でテキスト・問題集としての役割を持っているのが特徴です。 この本の口コミ ※口コミ無し おすすめ度:★★★★☆ こちらは、技能試験に特化した参考書です。具体的にどのような技能試験が出題されるのかイメージできない方には、特におすすめです。DVDで各作業工程を確認できるため、圧着のコツや効率的な動き方などを視覚的に理解しやすいのがメリットとなっています。 この本の口コミ 第一種電気工事士だけでなく、資格試験の試験対策を行う時は過去問を解くことが重要です。また、前回の過去問を解くだけではいけません。第一種電気工事士の筆記試験にも出題頻度の高い項目があるので、効率よく学習を進めて対策を立てましょう。 また、のため、過去問を解くことで解きやすくなります。過去問は一般社団法人電気技術者試験センターを参考にするのが、効率面から考えることをおすすめします。なぜなら過去10年間の問題と解答を一覧にしていて、確認に手間が掛からないためです。 第一種電気工事士の合格率は40%台と、第二種電気工事士よりも難易度は上がっているものの基礎を理解していれば解くことのできる内容です。また、出題項目は9種類あり、電気計算や理論の正誤判定をはじめ、工具や測定機器・電気部品・法令に関する穴埋め問題や正誤判定などがあります。 試験対策のポイントは、参考書で各項目を理解・暗記しながら過去問を解いて、内容と出題傾向を少しずつ覚えることです。 第一種電気工事士を取得すると、ビルや工場といった事業用電気工作物の工事ができます。電気工事士を目指す方は必須の資格ですので、まずは筆記試験対策から始めてみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 第二種電気工事士で出題される問題を知ろう|おすすめの問題集・参考書も紹介

    第二種電気工事士は、電気工事士になるための登竜門的な資格です。そのため、第二種電気工事士の資格を取得しようと考えている方の中には、どのような問題が出題されるのか全く知らないという人も多いと思います。 第二種電気工事士試験を受験するなら、まずは出題される分野や範囲、出題される問題の内容について知っておくことが大切です。 そこで、今回は第二種電気工事士の試験内容や、どのような問題が出題されるのかについて解説していきます。おすすめの問題集・参考書も紹介していくので、是非参考にしてください。 第二種電気工事士の過去4年間の問題を紹介します。いずれの問題もクリックすることで解答を表示させることができます。 なお、2019度の上期と下期、2018年度の上期と下期の技能試験は、いずれも同じ問題が出題されました。 2019年度上期 2019年度下期 2018年度上期 2018年度下期 2017年度上期 2017年度下期 2016年度上期 2017年度下期 第二種電気工事士試験は、大きく分けると筆記試験と技能試験に分かれています。 次からは筆記試験と技能試験で出題される問題の分野や範囲について解説していきます。 第二種電気工事士試験は 筆記試験の形式は四肢択一(4つの選択肢の中から1つの正解を選ぶ)のマークシート方式です。技能試験では作図をしたり、電線の切断や被覆剥きといった電気工事の現場と同じ作業を行います。です。 ここで注意していただきたいのは、筆記試験と技能試験は同一日程では行われないということです。技能試験は、筆記試験の約2ヶ月後に実施されます。そのため、筆記と同時並行で技能試験の練習もしておくと良いでしょう。 筆記試験の一般問題で出題されるのは全部で6分野です。それぞれの分野と内容、問題数は以下の通りです。 筆記試験一般問題の出題数は全部で30問となっており、そのため、毎年出題される分野に絞って学習すれば高得点を狙うことができます。 筆記試験の配線図問題で出題されるのは全部で2分野です。それぞれの分野と内容、問題数は以下の通りです。 配線図問題の出題数は全部で20問です。「配線図の表示事項及び表示方法」は、他の分野を学習することで自然と解けるようになっていきます。 また、「写真による問題」は暗記要素が強いため、コツコツと地道に覚えていくことが重要です。 技能試験では、電気工事に関する以下の9つの作業を行います。 試験時間が40分しかないので、時間配分を考えて取り組むことが大切です。 第二種電気工事士試験に合格できるのだろうかと不安に思う方も少なくないと思いますが、です。 次からは第二種電気工事士資格の合格率や合格ラインなどから見た難易度について解説していきます。 第二種電気工事士資格の合格率は、です。 平成23年度から平成30年度までの8年間の合格率は以下のようになっています。 参考までに、司法試験や司法書士、不動産鑑定士といった難関国家資格の合格率はどれも10%未満、FP技能士2級や測量士補といった中程度の難易度であれば合格率は20〜30%となっています。 それらの資格と比較すると、第二種電気工事士資格は合格率が高く、受かりやすい資格だと言えます。 第二種電気工事士は、しっかり勉強すれば決して難しくはありません。その理由として、以下の5つを挙げることができます。 筆記問題の免除に関しては、誰でも受けられるわけではありません。筆記試験の免除を受けられるのは、以下の6つの条件のうち1つでも満たしている場合です。 しましょう。 第二種電気工事士は独学でも十分合格できる資格です。とはいえ、市販されている問題集や参考書はたくさん種類があるので、どれを選んだら良いのかわからないという人も少なくないかと思います。 そこで、次からは独学する時におすすめの問題集・参考書を紹介していくので、ぜひ参考にしてください。 市販の問題集や参考書を選ぶ時は、以下の3つの基準を見て選ぶようにしましょう。 詳しく書きすぎていないものを選ぶ 参考書や問題集の中には、試験に出題されないような細かい知識まで詳しく記載しているものもあります。 しかし、試験までに使える時間は限られているので、を選ぶようにしましょう。 絵が多すぎないものを選ぶ また、絵が多すぎる問題集や参考書もあまりよくありません。漫画で説明してくれると確かに分かりやすいのですが、されます。 そのため、大事な部分はしっかりと文章で説明してあるものを選びましょう。 フルカラーであるものを選ぶ フルカラーであるものを選ぶことは重要です。第二種電気工事士試験では写真を見て答える問題が必ず出題されますが、その写真はフルカラーになっているからです。 そのため、 おすすめ度:★★★★★ フルカラーで見やすく、解説もわかりやすいことから第二種電気工事士試験の受験者に強く支持されている問題集。過去問の数も10年度分収録されており、これ一冊を完璧にすれば筆記試験対策としては十分です。 この本の口コミ 第二種電気工事士のおすすめ参考書をレベル別に紹介します。 初心者用の参考書は絵が多くわかりやすくなっていますが、上級者用は高度が問題が多数掲載されています。 自分の習熟度や理解度によって参考書を使い分けるようにしましょう。 全部絵で見て覚えるすぃーっと合格(ツールボックス) おすすめ度:★★★★★ 今までに電気工事に関わったことがない方でも、豊富な図や絵でイメージしやすいように工夫されている初心者向けの参考書です。何度も繰り返して出題される重要問題をメインに解説しているので、効率よく勉強できます。 この本の口コミ 第二種電気工事士らくらく学べる(電気書院) おすすめ度:★★★★☆ 丁寧な解説で、基礎から応用までしっかりと理解できるように構成されています。ある程度の実務経験があり、第二種電気工事士の資格取得を目指す中級車向けの参考書です。 この本の口コミ 第二種電気工事士筆記完全マスター(オーム社) おすすめ度:★★★★☆ 効率よく第二種電気工事士の筆記試験の勉強をできるように、過去問を徹底的に分析した良書。電気工事をしたことがあり、ある程度の基礎は理解している上級者向けの参考書です。 この本の口コミ 第二種電気工事士で出題される問題や試験の難易度、おすすめの過去問題集・参考書を紹介していきました。 第二種電気工事士は国家資格の中でも比較的合格率が高く、独学でも十分に合格できる試験となっています。 もし電気工事士の仕事に興味があるなら、最初のステップとして第二種電気工事士試験にぜひ挑戦してみてくださいね。 ▶ ▶ ▶

  • 第一種電気工事士とは?資格取得のメリットや試験概要・第二種との違いも解説

    第一種電気工事士資格を取得するメリットは以下の3つがあります。 次からは上記 3つのメリットについて詳しく解説していきます。 電気工事士資格には第一種電気工事士と第二種電気工事士の2つがあります。第一種電気工事士資格を取得することで、第二種電気工事士資格よりも扱える工事の範囲が広がります。 第一種電気工事士であれば、第二種電気工事士が扱える一般家庭や小規模な店舗・商店の電気工作物に加えて、ことができます。 第一種電気工事士は第二種電気工事士の上位資格なので、資格を取得することで給料が増えることにつながります。 例えば、第一種電気工事士は規模の大きな工事を担当するので、大企業に就職や転職することができれば収入が上がります。 また、第一種電気工事士資格を取得することで社内の資格手当を受けることができたり、昇進や昇給をすることで収入が増えます。 第一種電気工事士資格に合格すると、資格手当として平均で月額4,000円〜20,000円支給されるのが一般的です。 また、 上記の資格を取得することで、監督や管理者の立場になり、さらに業務の幅を広げることができます。 それだけでなく、のです。 電気工事士の資格を取得することで、転職が有利になります。実務経験があれば転職で有利になるのはもちろんですが、 電気工事の仕事の需要は増え続けており、資格保有者が足りない状況なので、資格さえあれば未経験でも採用したいという企業は増えています。 電気工事士として独立することが可能になります。 企業に所属して電気工事士として働くのでは、どんなに仕事を多く請け負ったとしても、また、勤続年数が増えて昇進したとしても、年収600万円を超えることは容易ではありません。 しかし、。法人を設立し、何人か従業員を雇って手広く電気工事を請け負っている方も少なくありません。 次からは、第一種電気工事士がどのような資格なのかについて、資格の概要を解説していきます。 第一種電気工事士は、電気工事をするために必要な、経済産業省が認定する国家資格です。 電気工事の仕事には漏電事故や転落事故、停電といった危険が伴うため、 です。そのため、第一種電気工事士の方が第二種電気工事士よりも試験の難易度が高く、合格率は低いです。 もし電気工事士を目指すなら、まずは第二種電気工事士資格を取得した後、実務経験を積んでから第一種電気工事士の合格を目指しましょう。 第一種電気工事士として仕事をするには、免状を交付されている必要があります。免状とは、第一種電気工事士資格を保有していることを証明するもののことです。 第一種電気工事士資格の免状を交付されるには、以下の2つのうちいずれかの条件を満たしている必要があります。 第一種電気工事士試験を受験するなら、まずは以下の5点について確認しておきましょう。 次からは上記の5点について具体的に解説していきます。 第一種電気工事士試験は、筆記試験と技能試験に分かれており、筆記試験と技能試験の概要はそれぞれ以下の通りです。 筆記試験と技能試験で出題される分野はそれぞれ以下の通りです。 筆記試験については、さらに以下のように細かく範囲が定められています。 第一種電気工事士の合格率は20%中盤から30%程度なので、となっています。 最難関の国家資格である司法試験や司法書士試験、公認会計士試験は合格率10%未満であり、第一種電気工事士と同じく合格率が20%中盤から30%の国家資格には、建設機械施工技士1級、建築施工管理技士2級、2級建築士などがあります。 第一種電気工事士試験は以下の3つの条件のうちいずれかを満たすと、筆記試験が免除される免除制度があります。 第一種電気工事士の平成26年から平成30年までの筆記試験、技能試験、最終合格率はそれぞれ以下の通りです。 そのため、第二種電気工事士資格を保有していなくても、第一種電気工事士資格から取得することも可能です。 ただし、であり、免状の交付には実務経験が必要であることに注意しましょう。 第一種電気工事士の筆記試験は50問出題されますが、なので、そこまで難関資格ではありません。1日30分ほど勉強するなら1年ほどで試験範囲を網羅できるでしょう。 もちろん勉強のスピードには個人差があるので、1日2時間程度の勉強量を1ヶ月続けるだけでも試験範囲を覚えられる方もいます。 まずは参考書や過去問を入手し、無理なく勉強を進めていけるように計画を立ててください。 第一種電気工事士の試験日と受験料はそれぞれ以下のようになっています。 また、第一種電気工事士試験の受験手続には以下の2つの方法があります。 1.インターネットによる申し込み 2.郵送による申し込み インターネットによる申し込みをするには、から、画面に従って必要事項を入力していきます。 インターネットによる申し込みでは、以下の4つの方法で受験手数料を納付することができます。 郵送による申し込みをするには、まずは書店等で配布されている受験案内を入手し、同封されている受験申込書に必要事項を記入します。 ゆうちょ銀行で振込手続きを終えたら、領収書として「振替払込請求書兼領収書」を受け取るのを忘れないようにしましょう。 受験票が届かないなどのトラブルが起きた際に試験センターへ問い合わせに使用するので、受験票が届くまでは大切に保管しましょう。 筆記試験の免除申請を行う場合は、インターネットによる申し込みの場合も郵送による申し込みの場合でも提出書類を試験センターに送付する必要があります。 ここからは第一種電気工事士と第二種電気工事士の違いについて詳しく解説していきます。 業務内容や試験の難易度、給料などについて具体的に解説していくので、ぜひ参考にしてください。 第一種電気工事士と第二種電気工事士は以下のように、扱える電気工作物の範囲が異なります。 第一種電気工事士は、一般家庭や小規模な店舗・商店などに加えて、ビルや工場、病院などの大規模建築物の電気工作物の工事を行います。 また、具体的には、変電所や架線の張り替え、駅構内の照明設備の工事などを行います。 です。 具体的には、住宅に家電製品を設置する際に伴う工事や、病院の医療機器、企業のセキュリティ機器の工事などです。 第一種電気工事士の合格率が20%台中盤から30%台前半であるのに対して、第二種電気工事士の合格率は30%台中盤から40%台前半です。 また、第一種電気工事士試験では第二種電気工事士試験よりもさらに応用的で専門性な問題が出題されます。 そのため、第一種電気工事士資格を取得する方が第二種電気工事士資格を取得するよりも難易度が高いのです。 第一種電気工事士の方が第二種電気工事士よりも給料が平均で5万円ほど多いです。 です。 電気工事士の給与は勤務先の会社によって異なりますが、平均月収だと第二種電気工事士が28万円〜30万円、第一種電気工事士が33万円〜35万円となっています。 第一種電気工事士は、第二種電気工事士の上位資格であり、扱える工事の範囲が広いです。 扱える工事の範囲が広いことから需要も高く、転職で有利になり、昇進に伴う昇給や資格手当によって収入アップにつながります。 専門性が高いことから問題が難しく、合格率も20%中盤から30%前半と第二種電気工事士よりも低いです。 そのため、まずは第二種電気工事士の資格を取得してから第一種電気工事士へとステップアップしていきましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士の資格とは?資格取得のメリットや業務内容・試験対策も解説

    です。 電気工事には感電事故や転落事故などの危険が伴うため、電気工事士の有資格者でなければ行うことはできないと法律で定められています。 電気工事士の資格には第一種と第二種があり、 最大電力500キロワット未満の自家用電気工作物とは、例えば中規模・小規模の工場やビル、高圧受電の商店といった比較的規模の大きな建物に設置されている電気設備のことです。 一般用電気工作物とは、一般家屋や小規模商店などに設置されている電気設備のことです。 第一種電気工事士の方が第二種電気工事士よりも扱える電気設備の範囲が広いため、第一種電気工事士の方が試験問題の難易度は高く、合格率は低いです。 そのため、電気工事士を目指すなら、まずは第二種電気工事士を取得するのが一般的です。 また、という違いもあります。 電気工事士資格を取得することで、以下の5つのようなメリットがあります。 次からは、これら5つのメリットについて具体的に解説していきます。 です。 そして、電気工事の需要は将来的にも見込めるので、電気工事士の資格を取得すれば一生困らないとされています。 電気工事の仕事は、新しく建物を作るときに電気設備を設置する工事をするために必要になります。 他にも、古くなった電気設備の補修や、建物の増改築に伴う増設や改修など、電気工事の仕事が必要となる場面は多岐に渡ります。 電気工事士は技術職であるため、手に職をつけることができるのも大きなメリットです。電気工事士は自身の専門的な技術によって仕事を行うため、会社に頼って生きていく必要はありません。 電気工事士の就職先は電力会社が代表例です。電力会社に就職した場合は、電力会社が管理する全国各地の電柱の工事を行うことになります。 しかし、 【電力会社以外に就職する例①】 電気工事会社や家電量販店などに勤めて、一般家庭の電気設備の工事をしたり、住宅に家電製品を取り付けたりする仕事を行うことがあります。 【電力会社以外に就職する例②】 遊園地や野球場、ライブ会場といった巨大施設に就職し、電気設備の保守点検や修理を行う場合もあります。 【電力会社以外に就職する例③】 自動車メーカーや食品メーカーの工場で、電気設備の保守点検や修理を行う場合もあります。 このように、電気工事士といってものがメリットです。 電気工事士の需要は高く、転職の求人も非常に多いです。そのため、電気工事士の資格を持っているだけで転職に有利になります。 電気工事士の求人の特徴は、未経験可、学歴・年齢不問としているところが多いことです。 電気工事士は需要が高いにもかかわらず、のです。 また、電気工事士の求人では40代で未経験で合っても資格さえあれば応募可能としているところも少なくありません。 もし現在30代後半〜40代といった年齢の方で資格取得を考えているなら、ぜひ電気工事士の資格を取得してみてはいかがでしょうか。 電気工事士は技術職であるため、知識だけあっても仕事ができるようにはなりません。実際に現場で仕事をして、経験を積んでいく中で技術も向上していくのです。 電気工事士の年収は会社によって異なるものの、平均的には実務経験によって以下のようになっています。 たとえ資格保有者であったとしても、実務経験が何もない状態であれば最初は見習い期間から始まることになります。 そこから経験を積み、技術を積んでいくことで 電気工事士の資格を取得することで、就職するだけでなく独立することも可能です。 電気工事士として独立する場合は、電気工事の会社を設立したり、個人事業主として業務を請け負うことになるでしょう。 独立することのです。また、会社に縛られることなく自分の裁量で全てを決められることもメリットです。 電気工事士の資格は、であると言えます。 電気工事士は、人々が安全かつ快適に電気を使うために欠かせない仕事を担うです。 また、資格に更新制度がないため、な点も魅力と言えるでしょう。 とはいえ、電気工事士ならではの苦労があるのも事実です。とりわけ以下の3点は、資格取得前にしっかりと把握しておきましょう。 建物・施設などに配電作業や設置作業をおこなう際には、がたくさんあります。 ビル管理などの比較的体力を使わない業務もありますが、トラブルが起こったときは電気工事士が修繕作業に当たるため、やはりある程度の労力は必要とされます。 電気工事士が扱う工具や機械は多種多様です。それぞれ扱い方が異なるので、覚えていかなくてはいけません。 また、図面を見て作業を進めていきますが、図面に表示されている内容も多様です。1つの見落としで、大勢の人々の安全を損なう可能性もあるので、。 第一種電気工事士の資格取得を目指すなら、さらに多くの内容を覚える必要があるでしょう。 現場が遠いときには、普段よりも早朝に起きて夜遅くに就寝することになるでしょう。 また、鉄道関連の業務に当たるときは、深夜業務となります。 と感じるかもしれません。 第一種電気工事士資格の取得を考えているなら、以下の3点について知っておくことが大切です。 次からは、第一種電気工事士の業務内容や試験概要、試験対策について具体的に解説していきます。 第一種電気工事士は、小規模な店舗や商店の電気設備に加えて、ビルや工場などの事業用施設や、大規模な店舗や商店の電気設備の工事を行います。 第一種電気工事士の業務内容を大きく分けると以下の2つがあります。 建築物電気工事 建築物電気工事とは、建物の電気設備の工事のことです。 ことになります。 規模の大きな現場で仕事をする場合、設備の数も多く、設備自体も大きく複雑になるため、複数人のチームで仕事をすることになります。 また、建築物電気工事では配線工事をするだけでなく、地下に配線を通すために穴を掘るといった仕事も行います。 鉄道電気工事 鉄道電気工事には、大きく分けると以下の3つがあります。 変電設備とは、電車に電気を通す際に、電車に合った電圧に変更するための設備です。第一種電気工事士は、を行います。 線路工事とは、です。 例えば、電車に電気を送るための架線工事や架線の張り替え工事などがあります。また、鉄道に速度や前方の上距を支持するための信号システムの工事もあります。 駅の設備工事とは、のことです。 第一種電気工事士試験は、筆記試験と技能試験の2つがあり、筆記試験に合格した人のみが、技能試験に進むことができます。 筆記試験は四択のマークシート方式です。技能試験は、配線図や施工条件から、実際に工具を使って配線を行います。 第一種電気工事士の筆記試験と技能試験の出題範囲は、それぞれ以下の通りです。 次に、第一種電気工事士の受験資格、難易度と合格率について解説していきます。 受験資格 第二種電気工事士資格を保有していなくても、第一種電気工事士試験を受験することは可能です。 ただし、試験に合格したとしても、以下の2つのいずれかの実務経験がないと免状交付されません。 免状が交付されないと電気工事士として仕事をすることはできません。 難易度と合格率 第一種電気工事士の直近5年間の筆記試験と技能試験の合格率、最終合格率は、それぞれ以下の通りです。 第一種電気工事士の最終合格率は20%台中盤から30%台前半であることから、ことがわかります。 参考までに、超難関と言われる司法試験や司法書士試験、公認会計士試験の合格率が10%未満です。第一種電気工事士と同じく20〜30%程度の合格率の国家試験として、測量士補や建築施工管理技士などがあります。 第一種電気工事士はので、しっかりと試験対策をして本試験に臨みましょう。 次からは第一種電気工事士の試験対策として、合格に必要な勉強時間と勉強方法について解説していきます。 勉強時間 第一種電気工事士合格に必要な勉強時間は、200時間から350時間程度であるとされています。1日あたり2,3時間勉強する場合は、勉強期間は3ヶ月から6ヶ月程度になるでしょう。 試験までに期間の余裕がある場合は、 勉強方法 第一種電気工事士試験は独学でも十分に合格することができます。独学で勉強する場合、 参考書や問題集は、自分にとってわかりやすいと思えるものを選ぶことが大切です。 筆記試験が終わったら、技能試験の練習をする必要があります。工具を揃えたら、テキストやネットの動画などを参考に配線作業の練習をしていきましょう。 第一種電気工事士筆記試験完全マスター おすすめ度:★★★★☆ 定番の問題の分析と解説から、最近の傾向の分析・解説まで幅広く網羅している参考書です。初めて第一種電気工事士試験を受ける方はもちろん、何度目かのチャレンジの方もぜひ持っておきたい良書です。 この本の口コミ 第一種電気工事士筆記問題集 (黒本合格シリーズ) おすすめ度:★★★★☆ 10年分の過去問が収められているので、これ一冊あればほとんどの傾向の問題に対応できます。また、解説が丁寧なので、参考書として利用することもできます。 この本の口コミ ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 技能試験すい~っと合格 おすすめ度:★★★★☆ 詳細な完成施工図や最速の作業手順などをすべて図解で分かりやすく解説しています。複線図の練習帳も付いているので、繰り返し学習にもおすすめの一冊。独学の人にも理解しやすく工夫された参考書です。 第二種電気工事士資格の取得を考えているなら、以下の3点について知っておくことが大切です。 次からは、第二種電気工事士の業務内容や試験概要、試験対策について具体的に解説していきます。 第二種電気工事士の主な業務内容として、以下の4つが挙げられます。 次からは上記の4つの業務について解説していきます。 建築物電気工事 建築物電気工事では、 具体的には、建築物を新築する際にコンセントを設置したり、家電製品を設置したりといった業務です。 建築物電気工事の実務経験を積むことで、施工管理者として責任者の地位に昇進していくことも可能です。 ビル設備管理 ビル設備管理では、 具体的には、電気設備に故障がないかチェックする保守点検業務や、停電時の対応、電気設備の補修などです。ビルメンテナンスの仕事をする場合、電気工事士の資格は必須とされるほど重要視されています。 サービスエンジニア サービスエンジニアは、 電気工事の知識だけでなく、修理を対応する電気機器についての知識も必要になります。 施工管理 施工管理は、自分で工事を行うわけではなく、を行います。[/textLine] 第二種電気工事士であっても、現場経験があれば施工管理の仕事を行うことは可能です。現場の責任者であるため、作業員よりも高い給与を得ることができます。 第二種電気工事士試験は、 試験形式も第一種電気工事士と同じで、筆記試験は四択のマークシート方式、技能試験は、配線図や施工条件から、実際に工具を使って配線を行います。 第二種電気工事士の筆記試験と技能試験の出題範囲は、それぞれ以下の通りです。 次に、第二種電気工事士の受験資格、難易度と合格率について解説していきます。 受験資格 また、第一種電気工事士のように免状交付に条件はありません。そのため、試験に合格したらすぐに免状交付を申請し、仕事を始めることができます。 難易度と合格率 第二種電気工事士の直近5年間の筆記試験と技能試験の合格率、最終合格率は、それぞれ以下の通りです。 第二種電気工事士のであることがわかります。 第二種電気工事士と同じく40%前後の合格率の国家試験として、航空無線通信士や給水装置工事主任技術者などがあります。 第二種電気工事士は勉強方法について調べた上で、しっかりと試験対策をして本試験に臨むことが大切です。 次からは第二種電気工事士の試験対策として、合格に必要な勉強時間や勉強方法について解説していきます。 勉強時間 第二種電気工事士試験の合格に必要な勉強時間は、50時間から150時間だとされています。 1日あたり2,3時間の勉強を続けることができれば、です。 平日にあまり時間を取ることができない場合でも、土日に4〜5時間ずつ勉強する子ができれば、3ヶ月で合格レベルに達することができます。 勉強方法 第二種電気工事士試験に独学で合格するなら、市販の参考書や問題集を購入しましょう。 第二種電気工事士試験では基本的な知識が問われるので、 参考書で基本的な知識をインプットしたら、問題集を解いていきましょう。です。電気工事士試験では過去に出題された問題が繰り返し出題されているので、過去問はしっかりと解けるようにしておくことが大切です。 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格 おすすめ度:★★★★★ 絵や写真をふんだんに使って解説しているので、電気に対する知識があまりない方でも理解しやすく工夫されています。直感的に問題を理解したい方に、特におすすめの一冊です。 この本の口コミ すい~っと合格赤のハンディ ぜんぶ解くべし!第2種電気工事士 筆記過去問 おすすめ度:★★★★☆ 過去10年分の問題を収録しています。点数が取りやすい問題から学習していけるように編集されているので、確実に合格ラインを突破したい方におすすめです。 この本の口コミ ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士技能試験すい~っと合格 おすすめ度:★★★★★ ケーブルストリッパや電工ナイフなどの基本的な道具の使い方も丁寧に解説しています。作業のイメージが湧きやすいように工夫されているので、実務経験が少ない方にもおすすめの参考書です。 この本の口コミ 電気工事士には、向き不向きがあります。 せっかく勉強して資格を取得しても、仕事を始めてから「私には向かないかも…」と気付くのではもったいないです。 電気工事士に向いている人の特徴と向いていない人の特徴をまとめましたので、ご自身がどちらに該当するのかぜひチェックしてみてください。 電気工事が好きなこと、そして、体力があり、早起きが得意なことが求められます。 また、作業中に予想外の展開があることも日常茶飯事なので、柔軟かつ応用力のある対応も電気工事士に不可欠なポイントです。 電気工事は高所での作業も少なくないので、高所恐怖症の方にはおすすめできない仕事です。 それに加えて、早朝・深夜の作業が苦にならないことも求められます。とはいえ、電気工事士として仕事をしていくうちに、不規則な時間が続くことに慣れるかもしれません。 体力的に深刻な問題を抱えておらず、なおかつ電気工事が好きな方なら、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。 電気工事士は需要の高い資格であり、中でも第一種電気工事士はより需要の高い資格です。 電気工事士の資格は年収アップも十分に狙うことができ、それ以外のメリットもたくさんある資格です。ぜひ電気工事士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • DD3種はどんな資格?資格のメリットや試験概要・勉強方法も解説

    DD3種は電気通信設備の工事を行うための国家資格ですが、取得することで以下の3つのメリットがあります。 次からは、DD3種を取得することで得られる上記の3つのメリットについて詳しく解説していきます。 DD3種は電気通信設備工事担任者と呼ばれる資格の一種です。DD3種が担当するのは電気通信設備の中でも、電柱や地下の光ファイバーといった屋外の設備ではなく、建物内にある設備です。 具体的には、光回線終端装置、ルーター、スイッチングハブ、パソコンや電話をLANケーブルなどで接続する際の工事を担当しています。 会社に対して技術力を証明できると、就職や転職の際に有利になったり、社内での昇進や昇給に繋がります。 DD3種資格を取得することで、転職の際に有利になります。 これは、「一定の電気通信設備の工事を行う際は、DD3種を含む電気通信設備工事担任者を設置しなければならない」と法令で義務付けられているからです。 具体的には、以下の4つの「工事担任者を要しない工事」以外では、DD3種を含む電気通信設備工事担任者を設置しなければなりません。 DD3種の資格を取得することで、情報通信エンジニアの資格を申請することができます。 情報通信エンジニアとは、情報通信について最新の知識・技術を持っていることを証明するための資格です。 情報通信エンジニアの資格を取得すると様々なメリットがあります。情報通信エンジニア資格を取得するメリットは以下の5つです。 特に、のは、就職や転職、社内での昇進や昇給において大きなメリットであると言えるでしょう。 DD3種の仕事に興味がある方や資格を取得したいと考えている方であれば、まずは以下の2つの点を知っておきましょう。 次からはこれら2つの点について詳しく解説していきます。 DD3種は総務省が認定している国家資格です。です。 電気通信技術工事担任者の種別は、以下のように7つに分かれています。 【AI第1種の工事内容】 ・アナログ伝送路設備に端末設備又は自営電気通信設備を接続するための工事 ・総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事 【AI第2種の工事内容】 ・アナログ伝送路設備に端末設備等を接続するための工事 ※端末設備等に収容される電気通信回線の数が50以下であって内線の数が200以下のものに限る ・総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事 ※総合デジタル通信回線の数が64kbps換算で50以下のものに限る 【AI第3種の工事内容】 ・アナログ伝送路設備に端末設備を接続するための工事 ※端末設備に収容される電気通信回線の数が1のものに限る ・総合デジタル通信用設備に端末設備を接続するための工事 ※総合デジタル通信回線の数が基本インタフェースで1のものに限る 【DD第1種の工事内容】 ・デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事 ※ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く 【DD第2種の工事内容】 ・デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事 ※接続点におけるデジタル信号の入出力速度が100Mbps以下のものに限る ※主としてインターネットに接続するための回線にあっては入出力速度が1Gbps以下のものに限る ※ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く 【DD第3種の工事内容】 ・デジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事 ※接続点におけるデジタル信号の入出力速度が1Gbps以下のものであって、主としてインターネットに接続するための回線に係るものに限る ※ただし、総合デジタル通信用設備に端末設備等を接続するための工事を除く 【AI・DD総合種の工事内容】 ・アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事 DD1種、DD2種、DD3種の共通点は、いずれもデジタルの電気設備やインターネットの通信設備の工事を担当すると言うことです。 DD3種と、DD1種およびDD2種の違いは、工事を担当する建物の規模です。 のに対して、DD1種およびDD2種は主にビルやマンションといった規模の大きな建物の工事を担当します。 電気通信工事担任者の業務内容は、大きく分けると以下の5つです。 上記のうち、 PCやスマートホンがインターネットに常時接続しているのが一般的ですが、これはLANが組まれているからです。 LANを組むためには、LAN専用の配管が屋内に引き込まれている必要があります。建物の配管の有無に応じて工事を行うのが、DD3種の業務内容です。 DD3種を受験を考えているなら、以下の4つの点について知っておくことが大切です。 次からは、これら4つの点について詳しく解説していきます。 DD3種の合格点は、 本試験では3科目を同じ時間内に解く必要があり、試験時間は120分となっています。 【電気通信技術の基礎】 電気工学や電気通信に関する知識が出題内容で、出題数は全部で22問あります。 【端末設備の接続のための技術及び理論】 端末設備・接続技術の知識、ネットワーク技術、情報セキュリティについての知識が出題内容で、出題数は全部で20問です。 【端末設備の接続に関する法規】 電気通信事業法、有線電気通信法、不正アクセス禁止法が出題内容で、出題数は全部で20問です。 DD3種は1年に2回試験が実施されています。過去3年間、6回実施された試験の合格率は以下の通りです。 参考までに、中難易度の国家資格として測量士補や建築施工管理技士の資格が挙げられ、合格率が20〜30%程度となっています。 DD3種と同じく合格率が40%程度の国家試験として、高圧ガス製造保安者、航空無線通信士、情報セキュリティマネジメントなどがあります。 ここからはそれぞれの科目の出題範囲について詳細に紹介していきます。 電気通信技術の基礎の出題範囲は以下の5分野です。 端末設備の接続のための技術及び理論の出題範囲は以下の11分野です。 端末設備の接続に関する法規では、以下の8つの法規が出題されます。 DD3種は、以下の3つの場合に科目免除を受けることができます。 「電気通信設備工事担任者の他の種別の合格者」に関しては、 「一定の資格保有者」に関しては、 「実務経験者」に関しては、 DD3種試験の勉強をするなら、いきなり始めるのではなく、まずは以下の3つについて知っておく必要があります。 次からは、以上の3つの点についてそれぞれ詳しく解説していきます。 平日と休日に何時間勉強できるかによって必要な勉強期間は異なりますが、一般的には3ヶ月の準備期間が必要だとされています。 と3ヶ月で勉強時間が45〜90時間に達します。 と3ヶ月で勉強時間が72〜120時間に達します。 平日も休日も毎日にコツコツ勉強していくタイプなのか、休日に集中して勉強を進めるタイプなのか、自分の勉強スタイルに合わせて勉強計画を立てましょう。 DD3種試験はしっかりと勉強方法を考えて取り組めば、合格は決して難しくありません。 ここからは各科目の勉強法について解説します。 電気通信技術の基礎 になります。 もし高校数学を忘れてしまっている場合は、もう一度復習しておくといいでしょう。 端末設備の接続のための技術及び理論 ネットワークやセキュリティに関する知識問題が出題されます。です。 そのため、参考書を繰り返し読んだり、過去問をを繰り返し解くことで、記憶を定着させましょう。 端末設備の接続に関する法規 法律に関する問題ですが、いきなり難しい条文を読んでも理解するのは難しく、問題を解けるようにはなりません。 過去問を繰り返し解くことで、繰り返し問われている論点や、ひっかけのパターンを覚えていくことができます。 工事担任者DD3種標準テキスト おすすめ度:★★★★☆ 最新の試験傾向を踏まえた学習ができるテキストです。試験で何度も問われる点や間違えやすい点も図や表などを使って分かりやすくまとめているので、初めてDD3種を受験する方にもおすすめです。 この本の口コミ わかるAI・ DD全資格{基礎} おすすめ度:★★★★☆ 基礎と法規、技術・理論を科目ごとに分かりやすくまとめています。単元や出題ポイントごとに見開きページで図解し、勉強しやすいように工夫しているテキストです。 この本の口コミ 工事担任者DD3種実戦問題(リックテレコム社) おすすめ度:★★★★☆ 前回の試験問題1問ずつに対して丁寧に解説しているので、過去問をしっかりと復習したい方におすすめです。重要ポイントをまとめた項目もあるので、直前学習にも活用できます。 「工事担任者DD3種標準テキスト」は、DD3種だけを受験するなら最もおすすめです。 「わかるAI・ DD全資格{基礎}」は、電気設備工事担任者の全種別の基礎科目のみのテキストとなっています。基礎科目に関しては「工事担任者DD3種標準テキスト」よりも詳しく解説されています。 そのため、 が挙げられます。この問題集は、前回の試験で出題された過去問に加えて、予想問題も掲載されています。過去問にも予想問題にも1問ずつ詳しく解説されているので、初学者にもおすすめできます。 が挙げられます。この問題集があれば、参考書と問題集を別々に買う必要がないというメリットがあります。その一方で、「工事担任者DD3種標準テキスト」よりも説明が詳しくないというデメリットがあります。 DD3種の試験を申し込みする場合、以下の2通りの方法があります。 次からは、それぞれの申し込み方法について詳しく解説していきます。 申請書による申し込みの手順は以下の通りです。 1.申請書を取り寄せる 2.申請者本人が申請書へ記入 3.郵便局の窓口で試験手数料を払込み 4.申請書を郵送 インターネットによる申し込みの手順は以下の通りです。 1.電気通信国家試験センターのHPにアクセスする(申込画面への入力) 2.ホームページで申請申し込み(申し込み手順に沿って申請者本人が必要事項を入力) 3.入力完了後、完了画面を印刷しておく。 4.入力完了後、指定したメールアドレスに受付完了メールが届く(申請受付番号、手数料の払込方法、申請内容、試験手数料などのお知らせが届きます。) DD3種、電気通信設備工事担任者になるために必要な資格です。 DD3種の業務内容は建物のLAN工事を行うことであり、インターネットが普及した現在では需要が高いのはもちろん、将来的にも需要の見込める仕事です。 一方、DD3種の合格率は40%以上あり、電気通信設備工事担任者の中では最も難易度の低い種別となっています。 そのため、電気通信設備工事担任者を目指すのであれば、まずはDD3種の資格から取得してみてはいかがでしょうか。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 消防設備士はどんな資格?業務内容や資格の分類・試験概要も解説

    消防設備士になるメリットとして、以下の3つが挙げられます。 次からは以上の3つのメリットについて、詳しく解説していきます。 消防設備士とは、消防設備の点検や工事を行うために必要になる国家資格のことで、です。 独占業務とは、その資格を保有している者のみが行うことができる業務のことで、医師が行う医療行為や弁護士の訴訟代理も独占業務に当たります。 消防設備の点検や工事の仕事は消防設備士の資格がなければ行うことができないため、就職する上で大変有利になるのです。 消防設備士は現在需要が高いだけでなく、将来的な需要も見込める資格です。 なぜなら、です。 例えば、学校や病院、工場、飲食店などには、必ず消防設備を設置しなければならないと法令で定められています。 また、消防法第17条3の3には、消防設備を点検する際は消防設備士の有資格者にさせなければならないと定められています。 つまり、不特定多数が出入りする建物や規模の大きな建物が作られれば消防設備士を設置する必要があるため、今後も一定の需要が見込めることは間違いないのです。 消防設備は、万が一火災が起きたときに、迅速かつ適正に消化を行うために必要になるものです。 消防設備士の仕事は、でしょう。 次からは消防設備士の具体的な業務内容と、消防設備士を必要とする施設について解説していきます。 消防設備士の業務は、甲種消防設備士と乙種消防設備士で異なっています。 甲種消防設備士と乙種消防設備士の違いは、 甲種消防設備士のみが扱える特殊消防用設備等とは、超高層建築物、巨大複合建築物などの特殊な防火対象物に設置する消防設備や、新技術を用いた消防設備のことです。 火災に備えるためにも、消防設備士は建物の消防設備をしなくてはいけません。 また、必要に応じて、工事を実施して必要もあります。 消防法第17条1項には、以下の建物・施設に消防設備を設置しなければならないと定められています。 消防設備士の資格には、甲種と乙種があると説明してきました。 そして、ので、それぞれの資格の特徴について知っておくことが大切です。 次からは、甲種消防設備士と乙種消防設備士のそれぞれの分類の違いや、分類ごとの具体的な業務内容を解説していきます。 甲種消防設備士は、第1類から第5類と特類の6つに分類されています。そして、乙種消防設備士は、第1類から第7類までの7種類に分類されています。 それぞれの分類では扱える消防設備の種類が異なります。次からは、それぞれの分類と扱える召募設備について解説していきます。 甲種 再度説明すると、甲種消防設備士は消防用設備又は特殊消防用設備等の工事、整備、点検を行うのが仕事です。分類は第1類から第5類と、特類があります。 と言えます。 消防設備士を目指すなら、最終的には甲種消防設備士になることを目標にするといいでしょう。 乙種 こちらも再度説明しておくと、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うのが仕事です。分類は第1類から第7類まであります。 しかし、受験資格がなく誰でも受験できるため、消防設備士を目指すなら最初に乙種消防設備士資格の取得を目指しましょう。 第1類 第1類が扱える消防設備は以下の通りです。 です。 スプリンクラーをはじめとする水を使う消火設備は、ビルやマンションなど、非常に多くの建物に設置されています。 そのため、需要は高く、取得しておくと就職で有利になるのは間違いありません。上下水道などの配管工事を行う会社であれば、特に需要の高い資格であると言えます。 第2類 第2類が扱える消防設備は以下の通りです。 です。泡を使った消火方法は、特に大規模建築部を消火する際に有効です。 しかし、泡を使った消火方法は使用する建物が限定的であるため、需要はそれほど高いとは言えないでしょう。 第3類 第3類が扱える消防設備は以下の通りです。 上記のような消火設備は、 気体や粉を使った消火は、美術館や博物館、電気室、電気通信機室、精密機械室など火災が起き際に行われる方法です。 第4類 第4類が扱える消防設備は以下の通りです。 自動火災報知設備とは、火災が起きたときに発生する火や煙を感知し、ベルを鳴らして建物内に火災の発生を知らせる装置です。 消防法と条例により、一定面積以上の建物や店舗がある雑居ビル、重要文化財には設置が義務付けられています。 そのため、です。 第5類 第5類が扱える消防設備は以下の通りです。 です。 消化器や自動火災報知設備、スプリンクラーなどと比べると、避難はしごや救助袋、緩降機が設置されている建物は多くありません。 そのため、第5類はそれほど需要は多いとは言えませんが、避難はしごや救助袋、緩降機は人命救助と密接に関わる重要な設備です。 第6類 第6類が扱える消防設備は消火器のみです。 第6類は甲種にはなく、乙種にしかない資格となっています。消火器は言うまでもなく最も身近な消火設備です。 一般住宅には設置義務はないものの、消化器を設置している住宅は少なくありません。乙種は誰でも受験できるので、まずは身近な消火設備の点検などを行いたいなら第6類を取得してみましょう。 第7類 第7類が扱える消防設備は漏電火災警報機のみです。 第7類は甲種にはなく、乙種にしかない資格となっています。 漏電火災警報器とは、電気配線や電気機器の漏電を検知して、警報する装置のことです。電気配線や電気機器の絶縁や不導体が損傷していると、感電や発火の原因になってしまいます。 特類 です。甲種消防設備士のみ特類が設けられています。 特殊消防用設備等の例として、以下のようなものがあります。 上記の特殊消防設備等を設置しているのは、日本全国に64の施設しか存在しません。そのため、でしょう。 就職を見越してあらかじめ取得しておくのではなく、特殊消防設備等を設置している施設に就職することになってから取得するための資格であると言えます。 これまで紹介してきた資格の中で、特に需要が高いのは乙種6類、甲種4類、甲種1類の3つです。 そのため需要が高く、消化設備士としての就職を目指すなら上記の3つの資格を取得することをおすすめします。 甲種4類と甲種1類は受験資格があるため、まずは受験資格のない乙種6類から取得してみてはいかがでしょうか。 消防設備士の資格を取得するには、試験を受ける必要があります。そのため、まずは消防設備士試験の概要について知った上で、対策を立てる必要があります。 次からは消防設備士の試験の概要として、以下の3つを解説していきます。 甲種消防設備士と乙種消防設備士の受験資格は異なります。乙種消防設備士の受験資格は異なるので、誰でも受験することができます。 甲種消防設備士の受験資格は以下5つです。 「一定の実務経験を有する者」とは、以下の4つのいずれかに該当する者を指します。 「一定の資格・免状を有する者」とは、以下の14の資格・免状のいずれかを保有している者を指します。 合格率を見ることで、消防設備士の難易度を知ることができます。消防設備士は分類別に受験するので、合格率も分類別に異なっています。 以上の合格率を見ると、ことがわかります。また、甲種であるからといって、乙種に比べて合格率が低いと言うわけではないようです。 参考までに、司法試験や司法書士試験、公認会計士試験などの難関国家資格の合格率は10%未満です。消防設備士と同じく合格率30%程度の試験だと、測量士補や建築施工管理技士などがあります。 と言えるでしょう。 消防設備士の試験は。 試験会場はすべての都道府県にありますが、住民票がない都道府県でも受験することができるので、アクセスしやすい会場を選びましょう。 受験の申請は、受験を希望する都道府県の消防試験研究センター支部宛におこないます。 各都道府県の消防試験研究センター支部もしくは消防本部でを取り寄せ、受験料を払い込んだ郵便振替払込受付証明書を添付して提出します。 甲種消防設備士を受験する場合は、受験資格を証明する書類も一緒に提出しましょう。 なお、も可能なので、願書を取り寄せる手間と書類提出の手間を省くこともできます。 甲種消防設備士と乙種消防設備士のいずれかの分類に合格していると、他の分類を受けるときに筆記試験の科目が一部免除されます。 具体的には、されます。 ただし、乙種消防設備士の分類に合格しても、甲種消防設備士の筆記試験は免除にならないので注意しましょう。 例えば、乙種消防設備士第1類に合格すると、乙種消防設備士の第2類から第7類までの筆記試験が免除されます。 しかし、されます。 「消防関係法令の共通部分と基礎知識」が免除される場合、すでに取得している消防設備士の分類によって、どの分類が免除されるかは異なります。 具体的には、以下の通りです。 消防設備士試験は、「難易度と合格率」の見出しでも紹介したように合格率が3割程度であるため、しっかりと試験対策をして受験に臨む必要があります。 次からは、消防設備士の試験対策として、おすすめのテキストや過去問を用いた勉強方法などについて詳しく解説していきます。 合格に必要な時間は人によって異なりますが、だとされています。 平日に30分〜1時間、休日に2〜3時間ずつ勉強したとすると、勉強期間は3ヶ月程度となるでしょう。 そのため、知識ゼロの状態から消防設備士の勉強をする場合であれば、3ヶ月前から勉強をしておくと良いでしょう。 消防設備士のテキストや問題集を選ぶなら、「工藤本」と呼ばれる、工藤政孝先生の本がおすすめです。 工藤先生は消防設備士のテキストや問題集を多数出版されている方で、です。 工藤本の特徴として、ゴロ合わせがあることが挙げられます。消防設備士は暗記重視の傾向が強い試験なので、ゴロ合わせで覚えることで効率的に知識を吸収していくことができます。 特に、 消防設備士を受験するなら、過去問は絶対に解かなければなりません。なぜなら、消防設備士試験は過去問と似た問題が毎年出題されるからです。 市販の問題集だけでも確かに対策をすることはできますが、本試験と同じ形式に慣れておくことが大切です。 特に、必要があります。 消防設備士の資格について、資格を取得するメリットや各分類の特徴、試験概要、試験対策などを解説していきました。 興味がある方は、ぜひ工藤本や過去問を使って試験対策をしつつ、乙種消防設備士試験から受験してみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

46〜60件目を表示中