Useful columns list

お役立ちコラム一覧

  • TOP
  • お役立ちコラム一覧

1〜15件目を表示中

  • 消防設備士のテキストについてご紹介!正しい選び方についても解説

    取得すれば転職の幅が広がる消防設備士の資格ですが、どのテキストで勉強すればよいか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 各テキストの種類や、選び方についてもご紹介いたしますので、消防設備士の受験を考えている方はぜひ参考にしてください! ここでは、具体的な消防設備士のテキストの選び方をご説明していきます。 また、製図の分野は理解するの時間がかかり、一般的なテキストに記載されている内容だけでは不十分なので、製図専用のテキストを購入する必要があります。 おすすめ度:★★★★☆ この本一冊で網羅生が高いので、受験用に一冊購入し、何度も問題を反復するだけで充分な対策になりますよ。 この本の口コミ Apple Booksやkindleなどを使えば電車の中など、移動時間などでも勉強することができます。 電子書籍はかさばらないため持ち運び、整理が簡単なのがメリットです。 また、図解や前述の製図問題がわかりやすく、直感的に内容を理解することができますので、市販のテキストでは理解しづらいという方は検討してみてください。 おすすめ度:★★★★☆   消防設備士 1類 超速マスターは、基礎から1つ1つ丁寧に解説しています。そのため消防設備士の予備知識がない方、テキスト1冊目という方にもおすすめです。また、解説を視覚的にイメージできるよう、図・イラストも積極的に挿入しているのも嬉しいポイントです。問題集も盛り込まれているので、1冊でテキスト・問題集2つの役割を担っています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆   比較的テキストの種類が少ないともいわれている、消防設備士2類の中で貴重なテキストといえるでしょう。また、内容は筆記試験対策向けとなっていて、重要用語の太字や色文字表記、問題集も盛り込まれている丁寧な作りです。筆記試験対策のテキストを探している方におすすめです。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆   見開き2ページの大きなデザイン・構成で解説しているのが特徴的です。また、2ページのうち、左側を本文・右側を問題と解説に分けています。コンセプトは短期集中型ということですので、試験対策の時間が少なめという方にもおすすめの1冊です。また、実技試験は、別途参考書が必要のようです。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆   消防設備士および4類を初めて受験する方に適した、参考書となっています。また、問題集も盛り込まれているので、1冊で用語や理論を覚え、問題を解いて学習度の確認までできます。さらに各問題には解説があるので、復習しやすい構成です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆   金属製避難はしごや救助袋などの整備や点検ができる5類の解説、そして練習問題もまとめた1冊です。主な特徴は、初心者にも分かりやすい解説を意識した構成といった点です。また、カラーページや図・写真も盛り込むことで、視覚的にも理解しやすい優れたテキストとなっています。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆   「乙種第6類消防設備士試験」は、試験に出やすい部分や重要項目に絞った参考書となっています。ですので、試験直前の確認はもちろん、6類に関する参考書1冊目としてもおすすめです。また、口コミの中には、「乙種第6類消防設備士試験」のみで受験したケースもあり、実用性の高い内容です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆   消防設備士7類の受験が初めてという方にもおすすめの1冊。基礎から解説しているのはもちろん、重要項目は色付など何がポイント何か分かりやすいデザインとなっています。また、内容も濃く、1冊で試験対策が可能となっているのも特徴的です。各テーマの最後に、練習問題を用意しているので適宜学習度の確認もできます。 この本の口コミ 消防設備士の試験はとにかく問題をこなした回数が合格に直結しますので、知識を暗記したあとは問題を反復することが大事です。 また、前述の製図問題は別途対策するのが望ましいので、そちらは専用のテキストを購入するのがおすすめです。 以上、消防設備士のテキストについてご説明してきました。 それに加えて甲種対策で製図問題は専用のテキストを購入する必要があります。今回の記事に書かれていることを参考にして、ぜひ消防設備士の試験を突破してください。

  • 工事担任者総合種とは|概要について解説

    工事担任者の資格は区分が多くありますが、中でも最終的には総合種の取得を目指している方も多いのではないでしょうか。 たとえば、AI第1種とDD第1種を取得すれば、AI・DD総合種を取得することが可能になります。 また、工事担任者総合種が行える業務内容は、アナログ伝送路設備又はデジタル伝送路設備に端末設備等を接続するための工事業務となりますので、詳しくは以下の表を参考にしてください。 つまり施工管理者として、通信設備関係の工事を管理する際に、工事担任者の資格が必要です。 また、具体的には光ファイバ(光通信の送受信に必要な設備)や、光ファイバに関する設備を接続する工事において、約5種類の業務を管理します。 情報通信関係の工事現場で、管理業務を目指している方は特に必要な資格でもあります。 情報通信関係の工事会社へ転職する際に、工事担任者の資格を保有しているとアピールポイントになりますし、会社によっては即戦力として採用を検討することでしょう。 そもそも施工管理業務は有資格者でなければ担当できないため、工事担任者を保有している人材を求める傾向にあります。 また、年収に関しては厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によると、男性474.8万円・女性333.0万円といった水準です。(35~40歳代、平均勤続年数男性13.3年、女性5.9年 の場合) ですので、需要のある資格として期待されます。 その理由の1つは、前段で触れた社会情勢・時代にマッチした資格だからです。 スマート家電やIOT機器を正常に動作させるには、通信設備がなければ成立しません。そして、情報通信設備は、有資格者が設置・管理しなければいけませんし、専門知識や技術も必要です。 さらに5G技術が今後本格的に普及させる流れに入れば、情報通信設備工事の作業担当者と施工管理者、つまり工事担任者のAI・DD総合種有資格者も多くの工事会社に求められます。 なぜなら総合種は、工事担任者AI・DD1種の出題範囲から問題を作成しているからです。ただ、合格できれば、AI1種とDD1種の工事範囲を網羅しているので、資格手当アップや仕事の幅を広げやすいメリットも得られます。 難易度の高い資格ですが、試験対策の時間を確保できる方や年収アップや仕事の幅を広げたいと考える方は、受験を検討してみてはいかがでしょうか。 また、工事担任者のAIとDD・1~3種の合格率を以下に紹介します。また、今回は2019年(1回目)の合格率を参考にしています。 総合種の資格は、先ほどもご説明した通りAI・DDの双方の資格を取得する必要があります。また、工事担任者の中で最も合格率が低く、難易度も特に高い難関資格です。 その大きな理由は出題範囲の広さです。工事担任者AI・DD総合種は、AI1種とDD1種の試験範囲を全て含めているため、試験対策の範囲もその分広くなります。 また、AI1種は、工事規模に関わらずアナログ電話回線・ISDN回線接続工事に携われますし、DD1種はISDNを除いた全てのデジタル回線工事に携わることができるので、それぞれの難易度も高い特徴があります。 難易度のレベルとしては、総合種が最も難しく、次いで1種・2種・3種といった順番です。許可されている工事の範囲も同様の順番となっています。 難易度の高さを理解した上で、総合種への受験を判断してみてください。 ここでは工事担任者の試験のための勉強方法について解説します。 今すぐ知識を付けたいと思っても、何もしなければ意味がありません。 工事担任者の試験は電気通信工事関係の基礎知識をはじめ、ネットワークやセキュリティ、法律(法規)などからも出題されるのが特徴です。また、各科目を暗記するだけでなく、技術や法規の理屈や意味を理解する必要もあります。 なぜなら専門用語に関する暗記問題の他、理論や理屈を問う問題も多いからです。テキストで解説されている内容を、人に説明できる程に理解できるよう意識しましょう。 テキストは暗記や理屈を理解する場合に適していますが、解き方や出題傾向を掴むことは難しいところです。 ですので工事担任者の過去問をまとめた問題集や、過去問を参考に作成した演習問題を購入し、さまざまな形式の問題を解きましょう。また、単に問題を解くだけでなく、間違った問題はテキストで復習します。 さらに自分が常にどこで間違えやすいのか、どんな内容を覚えられないのか苦手分野も確認するのが大切です。苦手分野を確認できたらテキストも活用しながら反復学習し、少しでも漏れやミスを減らすよう対策を施します。 これらの方法を使うことで3科目のうち1〜2科目、組み合わせれば全ての試験を免除することが出来ますので、試験の負担を大幅に削減することが可能です。 科目合格による免除 工事担任者AI・DDには、過去に同資格試験を受験し指定科目を合格していれば、科目合格による免除制度を受けることができます。 ただし注意点があり科目合格による免除制度の適用期間は、前回の科目合格した試験日から数えて3年以内のうち最後の試験の申請受付期間最終日と定められています。 ですので、過去の試験から3年を超える場合は、一部科目を合格していたとしても免除されません。 特に過去の受験日と今回の受験日は確認しておきましょう。ま田、免除される科目は、各資格の「基礎科目」のみです。 資格による免除 資格による免除とは、特定の資格を取得していると工事担任者AI・DDの「基礎」もしくは「基礎・法規」を、免除してもらえる制度のことです。 また、特定の資格と免除科目は、以下の通りです。(AI・DD総合種の場合) 続いて無線関係の資格と免除科目を紹介します。 さらに工事担任者の資格取得によって、以下の科目も免除されます。 該当する資格を保有している方は、免除制度へ有効活用してみましょう。 実務経験による免除 実務経験による免除とは、特定の通信工事に関する実務経験(仕事として携わること)があると一部科目を免除してもらえる制度のことです。 電気通信工事へ未経験から転職する方は活用の難しい制度ですが、既に数年働いている方は実務経験による免除制度を活用してみましょう。 ちなみに工事担任者AI・DD総合種の免除科目及び条件は、以下の通りです。 こちらの免除制度に関しては、他の制度と違い非常に細かな条件を設定しているため分からないことも多いでしょう。 まずは試験を実施・管理している「一般財団法人日本データ通信協会」へ、メールや電話などで問い合わせしてみるのも大切です。 認定学校の修了による免除 認定学校の終了による免除とは、工事担任者に関係している電気通信の課程を設定している高等学校などで、特定科目を修了もしくは修了見込みであれば、一部科目を免除できる制度のことです。 つまり、電気通信関係の科目がある高等学校・専門学校などへ通っていて、特定科目を修了していたり修了する見通しが立っていたりしている場合は、「基礎」を免除できます。 勘違いしやすい条件として、卒業証明書を提出すれば免除されると考える方もいるのではないでしょうか。 認定学校の終了による免除では、修了証明書でなければいけませんので必要書類を間違えないよう気を付けてください。 工事担任者は、前半で紹介したとおり合格率が低く難易度の高い資格試験です。また、どの科目も専門性が高く、電気通信技術をはじめセキュリティや法規、接続工事など10科目以上から出題されます。 試験範囲が広く深い工事担任者の試験に合格するには、少なくとも試験当日から3ヶ月前には勉強を始めましょう。 また、仕事で忙しい方や免除科目が無い・初めて受験するといった方は、5ヶ月程前から準備するのもおすすめです。 工事担任者は理論や公式だけでなく、計算問題もあるので求められる知識や内容が各科目によって変わります。 おすすめ度:★★★★☆ 「工事担任者2018秋AI・DD総合種実戦問題」は、タイトル通り実践的な内容をコンセプトとしていて、過去3年分の問題と、基礎を理解した方向けに分かりやすく解説を行っています。 ですので、1冊で総まとめができるお得なテキスト・問題集です。ただし、全くの初心者に向けた構成ではないため、別途入門者向けテキストも必要でしょう。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 「工事担任者科目別テキスト わかるAI・DD総合種「技術・理論」」は、特に出題・試験範囲が広く点数を落としやすい技術・理論科目に特化したテキストです。 文字による解説だけでなく、イラストも交えているので苦手な方にも配慮した構成となっています。総合的なテキストの補足・補強としておすすめの1冊です。 この本の口コミ 以上、工事担任者総合種についてご紹介してきました。 試験対策についても紹介しましたので、本記事を活用してぜひ工事担任者総合種を取得してください。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気通信工事施工管理技士を詳しく紹介|資格取得のメリットや資格概要も

    通信関係の仕事に関心がある方や未経験から転職したい方の多くは、通信工事に必要な資格について知りたいと考えているのではないでしょうか。 近年では5G通信技術の開発も進み、今後さらに通信技術・設備の需要は高まると考えられています。そして、電気通信工事施工管理技士と呼ばれる資格が新設されました。 そこで今回は電気通信工事への転職を検討している方へ向けて、電気通信工事施工管理技士の仕事内容と資格概要をはじめ、取得メリットや平均年収などについてもご説明します。 まずは電気通信工事施工管理技士の仕事内容や将来性、どのような知識や技術が求められるのか紹介します。 また、これから電気通信関係の仕事へ就職・転職しやすい仕事なのか、難易度や条件も解説します。 電気施工管理技士には、1級と2級があります。 2級は一般建設業の営業所の専任技術者を務めることができますが、1級は一般建設業だけでなく特定建設業の営業所で専任技術者を務めることができます。 また、2級は現場ごとの主任技術者を務めることができますが、1級では監理技術者を務めることが可能です。 の取得にチャレンジしてみましょう。 電気通信工事施工管理技士とは2019年に新設された国家資格のことで、資格を必要とする仕事も電気通信工事施工管理技士と呼びます。 また、施工管理技士と名のつく仕事は、現場の安全管理や工程管理、施工計画などを行う国家資格の総称です。 また、一般住宅や小規模オフィスでの施工管理だけでなく、ビルや工場などあらゆる施設での電気通信工事に関わります。 電気通信工事施工管理技士の仕事へ転職・就職するためには、電気通信工事施工管理技士の資格を取得しなければいけません。 ただ、人材から見た転職・就職しやすさは、他の業界よりも期待できるでしょう。電気通信工事の施工管理に関する工事件数は増加傾向であるものの、人材は追い付いていないという実状があります。 電気通信工事施工管理技士は年齢や経験年数によっても変わりますが、 また、賞与は企業業績によって大きく変わるものの、平均80万円ですので比較的良い条件といえるでしょう。 通信関係の資格に強い関心を持っている場合は、電気通信工事施工管理技士の仕事も視野に入れてみるのがおすすめです。 電気通信工事施工管理技士の資格は、2019年に新設された資格です。つまり新しい国家資格となっています。 現代はIoT・5G技術やAI、インターネットなど通信関係の需要が高まっています。電気通信工事の管理が認められている電気通信工事施工管理技士は、将来性のある資格といえるでしょう。 電気通信工事施工管理技士に求められる能力は、まず電気通信工事施工管理技士の有資格者であることです。 また、施工管理については、製品やサービスの品質管理や施工担当者や周辺環境の安全管理、工事の工程などまとめ方に関する内容となっています。 基本的に自身で施工を行う立場ではありませんので、現場管理に関する知識などが求められる点に注目です。 続いては電気通信工事施工管理技士の資格取得を目指すメリットを、3つ紹介します。施工管理技士として働く方はもちろん、雇用主である企業にとってもメリットがある点が特徴的です。 法律では電気通信工事を含む会社は、営業所を設置するに(500万円以上の工事を請け負う事業所)建設業の許可を受けなければいけません。 さらに各営業所には、実務経験のある方もしくは電気通信工事施工管理技士を配置する必要があります。 電気通信工事施工管理技士の資格を取得した場合は、監理技術者と主任技術者として働くことができます。 監理技術者は総額4,000万円以上の工事を行う現場に必要な人材で、主任技術者は監理技術者の配置をしなくてよい全工事に配置しなければいけません。 つまり、さまざまな契約金額・規模の電気通信工事の管理で必要とされるのが、電気通信工事施工管理技士ということです。 電気通信工事業を営む会社は、電気通信工事施工管理技士を含む施工管理技士の有資格者を雇用することで、企業評価が高くなります。具体的には、経営事項審査で加点されます。 経営事項審査とは、国や地方公共団体が発注している工事を受注する際に行われる手続きで、規定の条件を満たさなければ入札へ参加できません。 ここでは電気通信工事施工管理技士の資格概要や難易度、受験資格について紹介します。電気工事士などと違い、受験資格に条件があるため、受験を目指す方は特に確認しておきましょう。 電気通信工事施工管理技士の試験は、。 学科試験に合格した方は、次年度の学科試験が免除され、実地試験だけを受験することもできます。 なお、学科試験では1級・2級を問わず電気通信工学等と施工管理法、法規の3つの科目を受験しますが、実地試験では1級・2級いずれも施工管理法の範囲だけが出題されます。 電気通信工事施工管理技士は、施工管理や法規だけでなく電気通信に関する幅広く専門的な内容が出題されます。そのため難易度は高いといえるでしょう。 「令和元年度 電気通信工事・造園施工管理技術検定(1級・2級)合格者の発表」(国土交通省) (参考:https://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000678.html) 電気通信工事施工管理技士は、1級と2級で異なる日程です。これから受験を考えている方は、間違えないよう注意しましょう。 また、受験願書受付期間も定められていて、例年1級は5月中で2級は3月・7月中と分かれている点も注目です。 また、以下の通り全国47都道府県で実施されません。 また、学科試験3科目と実地試験1科目という構成で、マークシートによる回答方式です。 学科試験3科目は法規と施工管理、電気通信に関する幅広い内容から出題されます。 また、電気通信は、通信技術だけでなく電子回路や制御、情報通信(プログラムや機械)や通信設備など複数の項目を覚える必要があります。 1級と2級で出題科目自体は共通しているものの、出題比率や専門性・難易度は変わっているのが特徴です。 さらに出題形式は2021年度から変わり、第一次検定合格後に技士補の試験を受験・合格し、二次検定も合格できれば資格取得となります。 ですので、2021年の受験を目指す方は、今後さらに詳しく発表される出題科目・試験の流れを確認した上で試験対策を新たに立てましょう。 電気通信工事施工管理技士を受験するためには、特定の条件(学歴)および資格が必要となります。 1級の試験の受験資格 電気通信工事施工管理技士1級の試験を受験できるのは、以下のA~Eのいずれかの条件を満たしている方です。 A:学歴 B:2級電気通信工事施工管理技術検定合格者 C:電気通信主任技術者資格者証の交付を受け、同種目に関し指導監督的実務経験1年以上を含む6年以上の実務経験がある方 D:専任の主任技術者の経験が1年(365日)以上ある方 E:指導監督的実務経験年数が1年以上、及び主任技術者の資格要件成立後専任の監理技術者の設置が必要な工事において当該監理技術者による指導を受けた実務経験年数が2年以上ある方 2級の試験の受験資格 電気通信工事施工管理技士2級の学科・実地試験を受験できるのは、以下のAかBのいずれかの条件を満たしている方です。 A:学歴 B:電気通信主任技術者資格者証の交付を受け、同種目に関し1年以上の実務経験のある方 なお、学科試験だけを受験する方は、受験する年度に17歳以上であることが条件となります。 また、実地試験だけを受験する場合は、以下のいずれかの条件を満たしていなくてはなりません。 受験の申込みは簡易書留郵便による個人別申込みに限られます。遅れないようにかならず願書受付期間を把握しておきましょう。 また、。ウェブサイトかコールセンター、郵送、全国建設研修センターや地域づくり協議会の窓口などで入手しておいてください。 願書提出時には、証明写真と住民票も必要です。さらに、1級で15年以上、2級で8年以上の実務経験がある場合と2級の学科のみ受験者以外は卒業証明書も必要です。 できれば事前に準備し、願書受付期間を過ぎないように注意してください。 以上、電気通信工事施工管理技士の資格概要や難易度、仕事内容や将来性について解説しました。 今後5G技術の本格的な運用と共に、関連設備の設置や施工管理はより必要とされる職業になります。年収は実務経験10年以上で平均400万円を超えるので、長く続けられる仕事でもあります。 これから受験を考えている方は、まず電気通信工事施工管理技士の受験資格と2021年の出題科目や試験の流れに関する変更点を確認した上で試験対策を始めてみてください。

  • 電気工事会社の実際の仕事内容や平均年収、待遇を紹介

    電気工事士の資格を活かした仕事といえば、電気工事会社で働くことです。しかし、具体的に電気工事会社でどのような仕事を行うのか、分からない方もいるかと思います。 また、これから電気工事士を目指す方は、平均年収や転職の難易度についても知っておくべきでしょう。 今回の記事では、電気工事士として働きたい方へ向けて、電気工事会社での仕事内容や平均年収などについてご説明します。 また、現場施工だけでなく、設計や施工管理など多岐渡るのも大きな特徴です。 それでは電気工事会社が担っている仕事内容を紹介します。 電気工事会社では電気設備の設置や調整・修理だけでなく、施工管理と設計、積算といった業務も行っています。そこでここでは、4つの仕事に分けて概要や特徴牡解説します。 現場施工:実際の工事を行う また、実際の作業では、施工図と呼ばれる図面に沿って、指定されたボックス機器や照明・設備と電線を結線したり設備を設置したりします。 作業時には作業服やヘルメットを身に付け、持参した工具で電線の長さの測定や切断、圧着やネジを締めるなど多種多様な作業を行うのも特徴的です。 現場施工には、第二種電気工事士もしくは第一種電気工事士の資格が必要です。[/textLine] 施工管理:工事が円滑に進むように監督・管理する 施工管理とは、作業が円滑に進むよう、スケジュールや作業品質の管理を電気工事の現場で指示をしたり管理したりする仕事です。 電気工事の仕事は、一定規模へ拡大すると作業者だけで工程通り進めることが難しい状況になります。ですので、施工管理を行う管理者が必要になります。 また、施工管理者は現場施工を行いませんし、電気工事に必要な工具や収納ケースなども持参していません。 施工管理には施工管理技士と呼ばれる資格が必要です。 設計の仕事:電気設備の設置場所や配線ルートを決める また、設計する際は、法律の範囲に収まるよう配線の種類や設備機器の設置を慎重に検討します。 さらに予算の範囲内で施工できるどうかも検討する必要があるため、コストと要望のバランスを保たなければいけません。 設計者は設計業務だけでなく、施工時に現場へ赴き、発注者と共に設計通りの施工状況か確認します。(監理作業) 積算の仕事:どのくらいの工事費用が掛かるかを計算する 当たり前ですが、電気工事はボランティアではありません。また、いただいた仕事を予算の範囲内で収めなければ、赤字になってしまいます。 そこで積算と呼ばれる工事費の計算・発注者へ提示する仕事も進めます。 具体的には、 求められる能力は予算に関する考え方や基本的な計算能力、そして積算業務の経験などでしょう。現場施工などと違い、国家資格取得などは不要です。 ここからは電気工事の施工業務で、工事対象の建物を簡単に解説します。また、各建物で必要とされる電気工事屋設備についても紹介します。 一般住宅 当たり前ですが一般住宅には、コンセントや照明機器などが設置されています。そして、電力会社が供給している電気を、コンセントから使用できるようになっています。 また、最近では太陽光発電システムや家庭用蓄電池の設置、HEMSといった最新技術を用いた電気設備の施工業務も必要とされています。また、一般住宅の電気工事は第二種電気工事士の資格が必要です。 マンション また、コンクリート床や壁で建築されているため、一般住宅と施工方法に違いがあるのも特徴的です。 高圧電力の電気工事に第一種電気工事士の資格が必要ですので、キュービクルなどの作業は第一種電気工事士の資格を取得しなければいけません。 オフィスビル オフィスビルはマンションや一般住宅と違い、各フロアが広い傾向にあるため配線や設備設置などの施工範囲も広がります。 また、照明設備に使用する切り替えスイッチなどは、一般の機器とは違うタイプを使用します。 工場 工場では照明設備や電源設備の設置だけでなく、生産に使用する機械設備や三相交流電源の設置配線といった業務も担います。 配電盤も家庭用と違い、人の手では運べない程重量のあるタイプとなるので、フォークリフトなどによる移動・配置など大掛かりな作業です。 店舗 その他の配線や電源設備の施工については、他の建物で行われている作業と大きな差はありません。 仮設の建物 企画展示やイベントなど、一定期間電源設備が必要な建物でも電気工事は必要です。 しかし、受電できる環境ではない場合は、発電機を別途発注・設置し、燃料などの資材も準備します。 仮設の建物の多くはイベント関係ですので、演出用に強い光が必要なこともあります。そこで、イルミネーション用のLEDや投光器なども設置するのが特徴です。 電気工事会社へ就職・転職する上で、資格取得は待遇面でメリットがあります。 それでは電気工事会社の資格手当や、勤務時間・平均年収について紹介します。 電気工事会社での勤務時間は1日平均8時間ですが、 また、シフト制の会社もあるので、夜勤シフトや早朝シフトも存在します。 繁忙期や納期が迫っている現場の場合は、残業もあります。電気工事会社での転職を検討している方は、求人情報でシフト制や残業時間についても確認しておきましょう。 また、地域ごとに物価も変わるので、場所によっては平均年収350万円前後のケースもあります。 資格手当は年収や賞与と同じく、電気工事会社によって変わります。また、電気工事士の資格手当が高い会社では、第二種電気工事士3万円・第一種電気工事士5万円といったケースもあります。 電気工事業界でキャリアアップするためにはどうすれば良いでしょうか。 年収増につながるキャリアアップの方法を紹介します。 転職の難易度は、電気工事会社の方針と事業内容によって変わります。たとえば未経験や資格未取得でも採用している会社は、異業種からも転職しやすい傾向です。 しかし、経験者や即戦力を望んでいる会社は、未経験者を採用する可能性は低いため難易度の高い求人です。 また、第二種電気工事士に受験資格はありませんので、受験および合格を目指すことは可能です。 第一種電気工事士は、免状交付に実務経験といった条件はあるものの受験資格はありません。 電気工事士の資格を取得していると、できる仕事が広がります。 第二種電気工事士の資格を取得するならば一般用電気工作物の工事に従事することができますし、第一種の資格なら一般用電気工作物に加えて事業用電気工作物の工事もおこなえます。 。 もちろん、資格を取得していると転職に有利になるため、今よりも好条件の職場へ移ることも可能になります。 電気工事業界では、資格を取得していることも大切ですが、それと同様にされます。 同じ資格を保有しているなら経験豊富な人に責任ある仕事を任せたいと考えるのは自然なことなので、経験を積むことでキャリアアップが狙えるでしょう。 ブラックな職場でない限り、今の職場で勤続年数を積み重ね、主任や責任者などの職位を狙ってみてはいかがでしょうか。 オンライン化とAI化が進んだことで、必要とされる仕事も変わりつつあります。 しかし、オンラインもAIも電気がなければ利用できないため、。 将来性のある職に就きたい方は、ぜひ電気工事業界を目指してみてはいかがでしょうか。 電気工事士の資格を取得しているなら、就職や転職の幅も広がるでしょう。しかも電気工事士の資格は経験不問で取得できるため、電気の素養のない方でも独学でも十分に取得可能です。 以上、電気工事会社の仕事内容や勤務時間、平均年収などについて紹介しました。 どれも求められる能力や資格が異なりますし、専門的ですので複数の技術を同時に身に付けるのは現実的ではありません。どれか1つ選び、基礎から勉強を始めるのがおすすめです。 電気工事会社への転職・就職を希望している方は、今回の記事も参考にしながら準備を進めてみて下さい。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士の免状を取得しよう|準備するものや流れを説明

    第二種電気工事士や第一種電気工事士の試験に合格したあとは、免状の取得手続きへ進みます。しかし、人によっては、「免状取得に必要な手続きが良く分からない」と感じているかと思います。 免状取得の流れは比較的簡単ですが、必要書類や交付窓口などを間違うと思わぬ二度手間となってしまいます。ですので、 そこで今回は電気工事士試験の受験者や合格者に向けて、免状取得の流れと必要なもの、そして注意点について解説します。 電気工事士として仕事をするためには、電気工事士の技能試験と筆記試験に合格しなければいけません。しかし、技能試験と筆記試験に合格したからといって、すぐ仕事ができる訳でもありません。 電気工事士の試験に合格した場合は、免状(免許証のようなもの)の取得手続気も必要です。そして 続いては、電気工事士の免状を取得するまでの流れを解説します。 また、申請先の都道府県については、少し気を付ける部分があります。 まずは、住民登録した都道府県が分かる住民票を確認するのが大切です。 ですので、確認なしで今住んでいる都道府県・自治体へ申請手続きを行わないようにしましょう。 住民票の確認後は、必要書類の準備へ進みます。免状取得に必要な書類は各都道府県で違う項目もあるため、 一般的には、以下の書類を用意します。 次の項目で各必要書類について、もう少し詳しく紹介します。 また、申請書類と同時に手数料や証明写真の準備もしておきましょう。 それでは各必要書類・写真の、準備に関するポイントを解説します。 電気工事士免状交付の申請書 電気工事士免状交付の申請書は、各都道府県の公式サイトからダウンロードおよび印刷にて取得できます。 また、申請書をダウンロードする時は、申請先の都道府県が発行している書式を選ばなければ申請できません。 申請書に記入する内容は、以下の通りです。 また、窓口ではなく郵送で申請する場合は、郵送した日を記入すれば問題ありません。 試験合格のはがきの原本 電気工事士試験(技能試験、筆記試験)に合格すると、合格を記したはがきが自宅へ送付されます。 ただの通知として雑に扱わないよう気を付けてください。 証明写真2枚 免状交付申請の際は、本人確認として証明写真を2枚添付しなければいけません。また、証明写真のサイズは縦4cm・横3cmで、申請日から6ヶ月以内に撮影したものである必要があります。 申請に必要な手数料5,300円 申請時には手数料を支払います。また、手数料は第二種電気工事士5,300円、第一種電気工事6,000円と異なります。 収入証紙は申請先の都道府県にて取得でき、取得場所は各都道府県の公式サイトで確認できます。 住民票 申請時には住民票で申請先の確認を行います。 ちなみに東京都や大阪府などは、住民票の提出不要です。 必要書類の確認と準備、そして申請書へ必要事項を記入した場合は、都道府県の窓口もしくは郵送にて提出しましょう。 何度か触れていますが、提出先は住民登録している都道府県ですので、今住んでいる場所と誤解しないよう注意も必要です。また、日時や各窓口によって、混雑状況は異なります。 何も確認せず最寄りの自治体窓口へ申請した場合、申請先ではないため可能性もあるので必ず住民票を確認しましょう。 電気工事士の免状交付に関する手続きに期限はありません。そのため、忙しい方などは後回しにしてしまいがちになるかと思います。 電気工事の仕事へ就くために資格取得を目指している場合は、特に早めの免状交付申請を意識しておきましょう。 また、再交付申請を行う場合は、再交付用の申請書を準備する必要もあるので手順を確認しておきましょう。 それでは、電気工事士の免状再交付について解説します。 たとえば、免状交付を受けた都道府県が東京都とします。その場合、千葉県へ住民登録を変更した場合でも、再交付の申請先は東京都となります。 免状交付を受けた時点で、申請窓口を別途メモしておくのがおすすめです。 また、再交付に必要な書類やものは以下の通りです。 これから免状交付を受ける方も、再交付申請に必要な書類などを覚えておきましょう。 電気工事士免状再交付申請書、電気工事士免状書換え申請書 まずは電気工事士免状再交付申請書、もしくは電気工事士免状書換え申請書を用意します。 電気工事士免状し再交付申請書は、免状を紛失したり破損したりした場合に必要な書類です。 一方電気工事士免状書換え申請書は、氏名など必要事項のどこかに変更が生じた場合に必要な書類です。ただ、住所変更の場合は書換え申請不要となっています。 書換え申請を行う場合は、電気工事士免状書換え申請書と電気工事士の免状が必要です。 免状(紛失の場合はなくてもよい) 再交付の際、免状が手元にある場合は申請時に提出します。 手数料 電気工事士免状再交付申請時には、2,700円の手数料を支払う必要があります。 ちなみに書換え申請の場合は、手数料2,100円と異なるので混同しないよう気を付けましょう。 証明写真2枚 サイズに関しても、縦4㎝・横3cmと新規申請と変わりません。また、裏面に氏名を記入するという規定も、新規申請時と共通しています。 免状返送用封筒 免状返送用封筒とは、定型封筒のことでホームセンターやスーパーなどで販売しています。ですので、簡単に入手できる封筒です。 封筒に申請先の住所などを記載し、必要書類や写真も同封・提出します。 ちなみに窓口へ直接申請する場合は不要ですので、申請方法を決めたあとに準備するのがいいでしょう。 各必要書類や必要事項の記入を終えたら、新規申請時に免状交付を受けた都道府県へ直接申請もしくは郵送にて申請します。 以上、電気工事士の免状交付申請の手順や必要なものについて紹介しました。 不備がある場合は再申請しなければいけないため、手間と時間もかかります。 また、免状交付は申請から約1ヶ月後ですので、交付されるまで待ちましょう。 今回の記事を参考に免状交付までの流れを把握しつつ、準備してみて下さい。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気通信主任技術者ってどんな資格?|資格の取得方法から仕事内容まで紹介

    異業種への転職を考えている方や電気通信工事に従事している方の中には、電気通信主任技術者と呼ばれる資格に興味関心があるのではないでしょうか。 電気通信主任技術者の資格を必要とする仕事は多数あり、携帯電話基地局での現場管理や電波測定や分析などの求人があります。 また、 電気通信主任技術者は、「伝送交換主任技術者」と「線路主任技術者」の2種別に分かれています。資格試験を受ける際は、どちらか一方の資格を選択します。 伝送交換主任技術者 電気通信主任技術者の伝送交換主任技術者は、事業用電気通信設備で必要な資格です。 そもそも また、社会的に影響の大きな通信設備を事業用電気通信設備と呼びます。 伝送交換主任技術者の試験範囲は、線路主任技術者よりも広い傾向です。 しかし、電気通信工事の経験がある方や、通信技術系の資格を保有している方であれば、やや難易度の高い資格といえるでしょう。 線路主任技術者 たとえば、海底ケーブルや通信マンホールなど構造物全般のことです。 取り扱っている通信ケーブルは、光ファイバーや電話回線などとなっています。 電気通信主任技術者の主な仕事内容は、電気通信工事を行うのではなく、管理者としての立場で仕事に携わります。 そして、事業用電気通信工事および設備機器の運用を行う事業者は、電気通信主任技術者有資格者を配置しなければいけないため、さまざまな現場で必要とされる職種でもあります。 また、女性は年収約330万円で推移しています。 安過ぎる年収ということでもありませんので、異業種からの転職をはじめ現場から管理業務へ移りたい場合に年収面で大きな問題はないといえるでしょう。 また、賞与については各企業の業績や、方針によって変わるものの60~80万円の水準です。 事業用電気通信設備の設置や運用を行う事業者は、法令によって電気通信主任技術者有資格者を配置する必要があります。 通信インフラが求められない・なくならない限り、電気通信主任技術者の仕事も継続的に存在するといえるでしょう。 また、有資格者でなければ携わることのできない仕事でもあるので、常に人材不足気味でもあります。 ただ、次の項目で紹介する資格取得をしなければいけないので、まずは資格概要や試験対策から始めましょう。 続いては電気通信主任技術者の資格概要を、基礎から紹介します。 伝送交換主任技術者と線路主任技術者で受験する試験科目が異なります。それぞれの資格でどのような科目を受験するのか説明します。 伝送交換主任技術者 伝送交換主任技術者の試験科目は、法規と伝送交換設備及び設備管理、電気通信システム、専門的能力の4つです。 専門的能力の試験は、して受験します。 事前にどの科目を受験するか申告する必要はないので、問題を見て、高得点を狙えそうな科目を選んでください。 線路主任技術者 線路主任技術者の試験科目は、線路設備及び設備管理、法規、電気通信システム、専門的能力の4つです。 専門的能力の試験は、して受験します。 こちらも事前にどの科目を受験するか申告する必要はないので、問題を実際に見てから、高得点を狙えそうな科目を選びましょう。 全科目で6割以上の点数を、確保するわけではない点にも注意しましょう。 合格率は例年20%前後で推移していて、難易度の高い資格として知られています。 しかし、通信技術に関する専門的知識を持っている方や、趣味で通信関係の技術に触れている方、電気通信工事の作業者として仕事に就いている方には、やや難しい資格といえるでしょう。 電気通信の仕事へ転職したい未経験者の中で、管理業務へ関心がある方は電気通信主任技術者の資格取得を目指すのもおすすめです。 また、受付期間が設定されているため、定期的に一般社団法人日本データ通信協会、「電気通信国家試験センター」のWebサイトで確認しましょう。 ちなみに7月の試験の場合は受付期間4月上旬~5月上旬頃で、1月の試験の場合は受付期間10月上旬~11月上旬の傾向です。 また、受験会場は15都道府県に限られています。 電気通信主任技術者には、科目免除制度が用意されています。 内容は多岐にわたっているので、一般社団法人日本データ通信協会「電気通信国家試験センター」の、科目免除に関する条件や内容を確認するのが大切です。 申し込み方法は、郵送とインターネットの2種類から選ぶことができます。webサイトでの操作や確認が苦手な方は、郵送をおすすめします。 しかし、申請書類を「電気通信国家試験センター」から取り寄せる手間などを考慮すると、一般的にはインターネット申請がいいでしょう。 インターネット申請は、「電気通信国家試験センター」内で指示に従って氏名や住所などを入力するのみで、受験申請完了です。 また、一部科目が免除されている場合は、9,500円~18,000円まで抑えることができます。 ここからは電気通信主任技術者の試験対策に関する、注意点や効率的な学習方法、勉強時間などについて解説します。 用語や説明の暗記だけでは、合格の難しい試験内容です。 そのため参考書をベースに、理解することを意識しましょう。 しっかりと理解しながら勉強しよう 電気通信主任技術者の勉強するうえで欠かせないのは、各科目の理解です。計算問題にかぎらず論理回路などどの問題も、仕組みや原理を問われる内容となっています。 そのため、単に公式や用語を暗記しただけでは、試験に対応するのは難しいでしょう。 また、ノートに用語や説明を書き写したり、繰り返し書いたりする勉強方法も非効率的です。 電気通信主任技術者の場合は、4科目の参考書を見るだけでなく、意味や仕組みを理解しながら学習を進めることを基本方針としましょう。 過去問を有効活用しよう 過去問を解くことで、本試験の出題傾向や自身の理解度を確認できるようになります。 過去問は3年~5年分を用意し、試験日まで繰り返し解きます。また、過去問の中で間違えた問題が発生した場合は、参考書で何が間違っていたのか確認しながら、正しい内容を覚えます。 また、参考書を読み込みながら過去問を解き、間違えた問題を参考書で復習を繰り返します。 参考書については、4科目それぞれ販売されているので全ての参考書を用意し、勉強時間を意識しながらスピーディに読み込むのが大切です。 最初のうちは、分からない用語や説明ばかりで、ダラダラと参考書を眺める可能性もあるかと思います。 しかし、時間をかければ良いということではありませんので、理解できる部分から学習を進めていきましょう。 電気通信主任技術者の試験対策としておすすめの参考書は、株式会社オーム社から発行されている以下の書籍です。 おすすめ度:★★★★★ 広い試験範囲の中から繰り返し出題されている問題にフォーカスを当てて、詳しく解説している参考書。12回分の過去問も分野ごとに分類して解説しているので、苦手分野を集中的に勉強することができます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ よく出る問題を厳選して詳しく解説している良書。6年分の過去問も掲載しているので、参考書としても問題集としても活用できます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 出題傾向と対策に焦点を当てて詳しく解説している参考書。過去問も掲載しているため、具体的な問題を解きながら実力を身につけていくことができます。 この本の口コミ 上記の参考書を揃えることで、伝送交換主任技術者4科目の試験範囲を押さえることができます。また、線路主任技術者を選択する場合は、法規と電気通信システム以外異なる内容です。 たとえば日本理工出版会が発行している以下の書籍がおすすめです。 おすすめ度:★★★★☆ 思わず見逃してしまう細かなポイントなどにも注目し、得点力を高められるように工夫してまとめられています。合格に近づくためにもぜひ活用したい良書です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆ 合格に必要な知識をコンパクトにまとめている参考書。試験まで時間が迫っているときにもおすすめです。時間に余裕があるときは、何度も繰り返して習得しましょう。 この本の口コミ また、イラストが必要な部分には、回路図などを示してしています。 専門的能力に関しては、伝送交換主任技術者と線路主任技術者どちらも複数科目から選択するので、選択予定の参考書・テキストを探しましょう。 以上、電気通信主任技術者の資格概要や、仕事内容について解説しました。 また、合格率20%前後ですので難易度は高めですが、未経験者も試験対策を行うことで合格を目指すことは可能です。 電気通信工事の管理業務へ就きたい方は、今回紹介した電気通信主任技術者(伝送交換主任技術者もしくは線路主任技術者)の試験対策なども参考にして準備を始めてみてください。 ▶ ▶ ▶

  • 電験三種は過去問だけで合格は難しい!効率の良い正しい過去問の使い方を解説

    電験三種は、第一種・第二種電気工事士以上に試験の難易度が高いものになています。 また、電験三種の試験は、過去問とは異なる問題作成が行われます。つまり過去問を解くだけでは、試験対策として不十分です。 電験三種は第一種・第二種電気工事士などと比較して、問題の作成傾向が違うのはもちろん難易度も非常に高いため、単に過去問を解くだけでは合格の難しい資格です。 また、ここでは過去問を解くことを軸にした試験対策が、 既に電験三種の試験対策を始めている方は、1度勉強方法の流れや覚え方を照らし合わせてみましょう。 たとえば、試験対策として2018~2019年の過去問を解いたとします。しかし、2020年の本試験では、2018年や2019年に似た問題は出題されません。また、さらに過去の問題とも異なる傾向です。 電験三種の本試験は、毎年上記のような出題方式で試験を実施しているため、過去問を解いて暗記するだけでなく別の対策が必要です。 電験三種の試験対策を始める時は、暗記に加えて「理解・応用力」も身に付けるようにしましょう。 電験三種は過去問を暗記するだけでは、解くことのできない出題方式と説明しました。つまり、電験三種の4科目「理論」・「電力」・「機械」・「法規」を、理解しなくてはいけません。 また、電験三種の場合は、過去問とは異なる問題だけでなくひねった問題も多い傾向です。 ちなみに第一種・第二種電気工事士の場合は、過去問と本試験で共通点も多いので暗記重視でも比較的合格を目指せる内容です。 第一種・第二種電気工事士の資格取得者や、暗記を中心とした勉強を行っている方は、まず暗記重視の勉強方法から離れましょう。 そして基礎を理解するというスタンスで、参考書を読み込みます。 特に第二種電気工事士の場合は、電気理論や電気工事について全く知らない状態でも、参考書を読んだり過去問を解いたりすることで暗記できるようになります。 そのため、暗記重視の試験対策でもある程度点数を獲得できます。 しかし、電験三種の場合は4科目全て難易度の高い内容で、なおかつ試験範囲も非常に広いのが特徴です。 基礎知識がない状態では、電験三種の参考書を読んだり過去問・問題集を解いたりしても、理解が進まない可能性もあるでしょう。 さらに毎年の難易度には波があるため、より難しい内容のケースもあります。 続いては、電験三種の具体的な勉強方法と共に、効率の良い学習手順や過去問の使い方まで分かりやすく紹介します。 電験三種の試験対策を始める時は、単語などの暗記はもちろん、 ですので、過去問や問題集から解くのではなく、「基礎の理解」から始めるのが重要なポイントです。 電験三種の勉強方法として、まずはテキストや参考書、過去問や問題集を購入します。 また、4科目のうち「理論」のテキストや、参考書の勉強から始めるのがおすすめです。なぜなら理論で取り扱っている計算式や電気理論が、機械・法規・電力でも必要となるためです。 しかし、人によっては、計算式や電気回路、電気回路に用いるベクトルや交流の原理などについて理解できないケースもあるでしょう。 電験三種のテキストで理解出来ない場合は、三角関数や二次方程式など基礎的な数学のテキストで1つ1つ公式や意味を確認するのも大切です。 一般的に電験三種の参考書は、理論・機械・電力・法規の4冊に分かれています。そして、1冊参考書を一通り学習した後は、その科目の過去問を解きましょう。 試験対策を始めている方の中には、全科目の参考書を学習してから過去問を解いているケースもあると思います。 しかし、 つまり理論の参考書を読んだ後は、理論の過去問や問題集を解くのがおすすめです。 電験三種の過去問を解く場合、少しでも分からない単語や内容、理解できない原理や仕組みなどがあればテキストや参考書で必ず確認します。 第一種・第二種電気工事士の場合は、テキストを暗記のために使用している方もいるかと思います。 しかし、電験三種の場合は、間違えた知識や分からない内容を確認・理解するために使用しましょう。 また、参考書を読んだ時は、分かったつもりになっていることもあります。 過去問を解くことは、理解できていない部分の認識につながるので、参考書・過去問を交互に活用するのが大切ですよ。 過去問や問題集で間違えた問題は、参考書で復習したのちに再度問題を解きましょう。また、復習と問題を解き直す場合は、その日のうちに行うのが大切です。 仮に翌日や1週間後に解き直しても、問題や知識の定着につながりにくく再び忘れてしまいます。 さらに間違えた問題は、正解・理解するまで何度も復習するのも重要なポイントです。 しかし、計算問題や原理・仕組みを問う内容ではなく、知識を問う文章問題や何10回解いても間違ってしまう問題は、次の項目や問題へ進みましょう。 知識を問う文章問題は特に毎年問題が変わりやすく、時事問題なども出題されます。まずは計算問題や法規、電気設備の仕組みなどを問われる内容から学習を進めるのが効率的です。 試験が近くなった場合は、昨年の過去問を解いたり、最新年度の予想問題を解いたりするのもおすすめです。 ただし予想問題は、あくまで予想ですので内容を覚える必要はありません。 もちろん最新年度の過去問を解き、徐々に2年・3年前の過去問へ進むの1つの対策です。 仕上げ・調整用として、試験日間近にどの過去問を解くのか事前に決めておくと、区切りをつけることができますしスケジュールも立てやすいといったメリットがあります。 電験三種の試験は、毎年異なる問題が出題されるだけでなく、原理や仕組みの理解度を問われる内容です。そのため、計算式や用語の暗記だけでは対応できません。 また、4科目のうち、理論の学習から始めるのが大切です。理論は他の3科目と共通している内容が多く、先に理解しておくと効率的に学習できます。 資格取得を目指している方は、今回紹介した内容を参考に試験対策を始めてみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 工事担任者の試験免除制度とは|利用法について解説

    この記事では、工事担任者の試験免除制度についてまとめています。 この制度を利用することで、試験がグッと楽になりますので、工事担任者の資格取得を目指している方はぜひ利用を検討してください! これらの方法を使うことで3科目のうち1〜2科目を免除することが出来るので、積極的に利用するようにしましょう。 科目合格制度とは3科目の内どれか一つでも合格していれば、その翌月から3年以内の試験では合格済みの科目を免除することが可能な仕組みのことです。 具体的には、以下のような免除条件を満たしている方であれば科目合格制度を利用できます。 また、科目合格の期限が切れるタイミングの試験が天災などの理由で開催されなかった場合、総務大臣告示によって次の試験まで有効期間を伸ばすことが出来ます。 ただし「技術・理論」の科目は必ず受験しなければならないので注意してください。 ここで言う実務経験とは、電話機やパソコンなどの端末設備などを接続するための工事のことです。 詳しくは以下の表を参考にしてください。 ただし、受験までに修了証明書、修了見込証明書を提出する必要があるので、しっかりと前持って準備をするようにしましょう。 ちなみに2020年の受付開始日は8月1日(土)で、締切日は9月7日(月)までとなっています。また、受験票の発送日は、普通郵便にて11月4日(水)から予定されています。そして試験日は11月22日(日)の予定です。 また、学校の免除の認定内容によっては全試験ではなくAI第3種とDD第3種のみの「基礎」 の免除になる場合があるので、こちらも注意が必要です。 ただし全科目免除を使用する場合は審査が必要で、審査が通らなかった場合は直近の試験を受験する必要がありますので、あくまでも全科目免除に頼り過ぎないようにしましょう。 実際にどのような場合に全科目免除となるのか、具体例を3つほど紹介します。 こちらのケースは、全科目免除の中でシンプルかつ分かりやすい方法なのではないでしょうか。ただ、難易度は第2種の方が高いため、第3種から受験する方もいるでしょう。 ちなみにAI第1種を全科目合格している場合は、AI第2種・第3種も全科目免除できます。 AIと同じく第3種が最も難易度が低いこともあり、上位資格の第1種を取得していると第2種および第3種を全科目免除できます。また、DD第2種の全科目合格の場合は、DD第3種の全科目免除も可能です。 最も難易度が高いため、容易に取得できない側面もあるものの取得できれば、工事担任者AI第1種~第3種・DD第1種~3種全ての資格について、全科目免除できます。 受験資格は特にありませんので、仕事で関連する専門知識を学んでいたり長期間の試験対策が可能だったりする方は、工事担任者総合種の取得も目指してみてはいかがでしょうか。 工事担任者の試験は受験資格がなく、試験の免除条件も多い資格ですので、自分が該当しているかどうかをしっかり調べて試験の負担を減らしましょう。 工事担任者の受験を考えている方は、今回の記事に書かれていることを役立てて試験突破を目指してください! ▶ ▶ ▶ ▶

  • 工事担任者の資格交付の申請について解説|よくあるミスもご説明

    本記事では、工事担任者の資格者証の申請手順について解説していきます。 申請の際に必要な書類や注意点についてもまとめていますので参考にしてみて下さい。 工事担任者の申請を行う時は、事前に申請期限も確認しておきましょう。 また、申請期限は、工事担任者試験に合格もしくは全科目免除によって合格、あるいは養成課程修了日から3ヶ月以内となっています。ですので、合格日や修了日はメモしておきましょう。 ちなみに再交付申請や既取得資格の組合せによる申請の場合は、期限がないので混同しないことも大切です。 申請に必要な書類は以下の通りです。公的証明書類など、オンラインですぐに手に入らないものもあります。 期限に余裕をもって必要な書類を取り寄せておくようにしましょう。 工事担任者資格者証交付申請書 工事担任者資格者証交付申請書は工事担任者の試験に合格したことを示し、なおかつ正式な形で交付申請を行うために必要な書類です。 また、書類の取得は、総務省の各種申請ページから「工事担任者資格証交付申請書」のPDFデータをダウンロードにて可能です。 申請様式については、いくつか注意点もあるので以下の項目を参考にしてみてください。 そして申請書の記入項目は以下の通りです。 収入印紙については、郵便局で販売されているものを使用して問題ありません。また、交付申請には1,700円、再交付申請には1,350円がかかります。 さらに必要事項の記入・収入印紙以外に、証明写真も添付しなければいけません。写真に関する規定は以下の通りです。 また、証明写真の準備ができたら、申請書類にのりあるいは両面テープで指定の場所に貼り付けます。 総合すると、 氏名及び生年月日を確認できる公的証明書類等 工事担任者の交付申請を行うためには、公的証明書類の提出も必要です。また、 上記が主な公的証明書類です。また、上記のいずれか1つを提出することで、申請手続きを進められます。 これから交付申請の予定がある方は、指定された書類の中から提出できる公的証明書類を用意しましょう。また、公的証明書類の提出時には、いくつか注意点もあるので以下にまとめました。 公的証明書類の提出不要・必要の条件も理解した上で、無駄のない準備を進めるのが大切です。 返信用封筒 資格者証(縦54mm、横86mm、厚さ1mm、重さ約5g)を郵送に送付して欲しい場合は、返信用封筒を同封することで対応してくれます。 しかし、いくつか注意事項もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。 たとえば郵便事故による郵送できない場合に備えて、返信用封筒は簡易書留もしくは特定記録(郵便物の引き受けを記録)を指定しておきます。なぜなら郵便事故が発生した場合は、申請者の判断にて再交付しなければいけないからです。 特定記録をしていれば、どのような状態か記録されているので再交付の必要性に気付けますし、簡易書留も同様に記録してもらえます。 また、各郵便料金は以下の通りです。 ちなみに簡易書留で不在時に配送が来てしまった場合、不在時から1週間以内に再交付しなければいけません。 また、何度か不在を繰り返すと、再度返信用封筒を送付しなければいけないため、不在にならないよう受け取れるよう時間にも気を付けておきましょう。 養成課程の修了証明書 一般的な講座や通信教育ではなく、資格取得まで含まれた養成課程を受講した場合は、養成課程時に受取った修了証明書も申請書類に添付しなければいけません。 そのため、養成課程の修了証明書も紛失・破損しないよう、丁寧に保管しておきましょう。 資格者証 資格者証を紛失していない状態を前提として、交付申請もしくは訂正申請を希望している場合は、申請時に資格者証を返納しなくてはいけません。 委任状 交付申請に関して、仕事で忙しかったり特別な事情で手続きできなかったりしている場合は、代理で別の方が申請手続きを進められます。 しかし、代理で申請する場合は、委任状を用意し押印など必要事項を記入・記述した上で、申請書類に添付しなければいけません。 ですので忘れずに委任状も用意しておくのが大切です。 交付申請に必要な書類を用意できたら、郵送手続きへ進みます。また、郵送先については、各受験地によって変わります。 たとえば関東圏の場合は、以下の通り定められています。 関東以外で受験した方の中で郵送先が分からない場合は、地方総合通信局(総務省のHPにて確認可能)へ問い合わせてみましょう。 無事交付申請書類を準備、郵送できた場合は、申請から1ヶ月程度で資格者証が届きます。また、万が一1ヶ月過ぎても資格者証が届かない場合は、管轄の総合通信局へ問い合わせ・相談してみてください。 こちらでは工事担任者の資格交付を申請する際の注意点についてご説明します。 必要書類と共に送付した写真に不備があった場合は撮り直しになってしまいます。二度手間になってしまわないように指定された通りの写真を送付しましょう。 返信用封筒の同封を忘れている場合、資格者証を窓口に直接受け取りに行くか、返信用封筒を追加送付することになってしまいます。 そのため、郵送を希望する場合は、必ず所要の切手を貼り、返信先(住所、氏名)を記載した返信用封筒を同封しましょう。 また、郵便料金の不足にも注意しましょう。 特に、「工事担任者資格者証」の交付申請を「電気通信主任技術者資格者証交付申請書」で申請してしまうミスに気を付けなければなりません。 正しくは「工事担任者資格者証交付申請書」なので、こちらを間違えないようにしてください。 申請書又に必要な額を超えて収入印紙を貼付してしまった場合は、申請書の余白に「過納承諾 氏名」のように記載し、押印する必要があります。 また、 さらに、「収入証紙」では申請書を受け付けることができない点も注意してください。 収入印紙には割印を押すと使用できなくなりますので、割印は絶対にすることも必要です。 工事担任者の資格は、試験が終わった後も資格証の申請が終わるまで気を付ける点が多々あります。 工事担任者の資格者証を交付する際は、今回の記事に書かれている事柄に注意して、滞りなく資格者証を手に入れましょう。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 消防設備士の合格に必要な勉強時間についてご紹介!勉強方法についても解説

    消防設備士の資格は取得しておけば就職や転職で有利になると言われていますが、具体的にどのくらいの勉強時間を確保すればいいのでしょうか。 まずは消防設備士の資格取得に必要な勉強時間や、スケジュールについて分かりやすく解説します。また、消防設備士の資格試験は、学科試験と実技試験に分かれいてますがどちらも筆記試験です。 知識0の状態から始めたとすると平日1時間、休日2時間の勉強を2〜3ヶ月続けると合格できると言われています。しかし、必ず3ヶ月の勉強期間で合格できるということではありません。 自身が消防設備士に関する知識をどれだけ保有しているのか確認した上で、3ヶ月以上・以下といった勉強時間を決めるのも大切です。また、自身の生活スタイル・仕事の状況も加味して、1週間の勉強時間・科目を決めていきましょう。 消防設備士の試験対策を考える時は、逆算しながらスケジュールを作成するのがおすすめです。たとえば試験当日から3ヶ月間を試験対策として考えるとします。 まずは平日と休日の勉強時間を設定しましょう。消防設備士の場合は、平日に1時間の勉強・休日に2時間以上の勉強時間を確保できるといいでしょう。 そして平日1時間・休日2時間としてスケジュールを作成すると、1週間・1ヶ月の勉強時間は以下のようになります。 上記のように必要な勉強時間・確保できそうな時間の合計は、平日・休日の勉強時間から計算してみてください。 続いては消防設備士の資格試験を受験する方に向けて、2つの勉強方法を紹介します。また、勉強方法を選択する時は、予算や勉強時間のバランスを考えながら決めるのが大切です。 1つ目の勉強方法は、独学による勉強です。消防設備士のテキストは一般向けに多数作成・販売されているので、自宅で試験対策を始めることはできます。 独学で消防設備士の資格試験対策を始める主なメリットは、試験対策にかかる費用を抑えられる点です。試験対策を始める前に自身の知識を把握した上で、テキストを探すことができれば必要最小限の費用で済みます。また、最近の資格試験向けテキストは、初心者向けの入門テキストもあり独学で勉強可能です。 一方独学によるデメリットは、学習のスケジュール・進め方が難しいという点です。また、分からない部分があっても、講師による助言などはありません。 そのため、自身で1から10まで学習スケジュールを組み立てられる方や、情報収集が得意な方であれば独学はおすすめです。 2つ目は、専門学校に通う方法です。 「日本消防コンサルティング」や「たまはな」などでは、消防設備士の試験対策に関する講座を用意しています。また、専門の講師がいるので、分からない部分を質問できます。 でしょう。 あらかじめカリキュラムが決められているので、それに沿って受講するだけで一通り学ぶことができます。さらに通信教育も用意しているので、在宅で授業を受けられるのも嬉しいポイントです。 一方デメリットとしては、独学より試験対策費用が必要な点でしょう。たとえば日本消防コンサルティングは28,500円、「たまはな」は22,680円と一定の費用はかかります。 費用を抑える必要がない方は、専門学校を検討してみましょう。 ここからは消防設備士の試験に向けて勉強を始める場合、どのような点に注意すべきなのかポイントを分かりやすく紹介します。 消防設備士には一定の難易度があり、基礎から1つ1つ理解しなければ合格の難しい内容です。また、鑑別問題などもあるので、実技試験もしっかり対策しましょう。 消防設備士の資格試験(筆記試験)では基礎的式という科目もあり、基本用語なども覚えなければいけません。しかし、理論や公式を活用した応用問題もあるので、基礎から応用まで全て網羅する必要があります。 つまり また、消防設備士の乙種は、基礎的知識も出題されるので未経験者にも取り組みやすい類といえるでしょう。一方甲種は実務経験が必要であったり、応用問題が多かったりなど既に乙種を取得している方向けでもあります。 鑑別とは、設備や器具の名称や使用方法を正しく解答する、もしくは正しい解答を選択する問題のことです。消防設備士試験の場合、実技試験で鑑別問題が用意されています。 さらに製図に関する問題も出題されます。製図の問題では、図面に正しい配線図や記号を書き込みのが特徴です。どちらも暗記力が問われるため、暗記を行う時間が必要です。 ですので、事前に学習スケジュールへ、実技試験対策および暗記を軸とした学習時間を組み込んでおきましょう。 ここでは消防設備士の試験対策にオススメの参考書を、3シリーズ紹介していきます。 おすすめ度:★★★★☆   「消防設備士6類 超速マスター」は、乙種ということもあり基礎知識を中心とした内容となっています。また、他の類でも必要とする知識もあるので、入門向けのテキストとしても適しています。独学でなおかつ初めて受験する方は、特に持っておきたい1冊です。 この本の口コミ おすすめ度:★★★★☆   本試験によく出る!シリーズは、直近の試験から問題作成を行ったり、豊富な解説を加えたりなど特筆すべきポイントが複数あります。また、筆記試験だけでなく実技試験(製図や鑑別など)の問題集も含まれているので、1冊で筆記試験と実技試験の練習ができます。 この本の口コミ おすすめ度:★★★☆☆   消防設備士の実技試験で出題される、製図問題に特化したテキストおよび問題集です。本試験以上の難易度で問題を作成しているため初心者向きではありません。しかし、本試験で満点を目指している方にはおすすめです。また、「4類消防設備士 製図試験の完全対策」に慣れることで、本試験の製図を簡単に感じさせてくれるメリットもあります。 この本の口コミ 以上、消防設備士の勉強時間について解説してきました。 消防設備士の試験対宅に必要な時間は、一般的に3ヶ月程度とされています。また、できれば平日に1時間・休日に2時間以上の勉強時間を確保できると、充分な試験対策といえるでしょう。 独学と専門学校どちらにもメリットとデメリットがあるので、試験対策にかけられる予算や時間、得意な学習方法を確認しながら選択してみるのも大切です。 今回の記事を参考に勉強時間やスケジュールを策定してみてください。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 工事担任者の試験の申し込み方法についてご説明|よくある注意点なども解説

    資格試験には少々めんどうな申し込み作業がつきものです。申し込みがしっかり出来るかわからないと試験対策にも集中できませんよね。 そこで今回の記事では工事担任者の試験の申し込み方法について解説していきます! 試験申し込みにおいてよくある失敗についても解説していきますので、ぜひ参考にしてください! 受験願書は全国の大型書店で手に入り、書店で配られている電気通信の「工事担任者」試験申請書類の中に同封されている3連式払込取扱票の3枚目の裏面が受験願書です。 また、申し込み方法によっては受付期間が違うので注意をしましょう。 続いては工事担任者試験の申し込み手順を、詳しく紹介します。 試験の申し込みには、申請書の取り寄せから記入、手数料の支払いなどいくつかの作業を必要とします。ですので、事前に1つ1つ確認し、漏れやミスがないよう準備しておきましょう。 また、申込方法には郵送とインターネットの2種類に分かれているので、自身の状況に合った方法を選んでください。 まずは申請書を郵送にて申し込む方法を解説します。 申請書の取り寄せ 郵送にて申し込む場合は、試験の申請書類一式を取り寄せる必要があります。 また、申請書類の取り寄せ方法は、一般社団法人日本データ通信協会・電気通信国家試験センターへアクセスし、「申請書類一式送付依頼」のページへ移動します。 そして、「申請書類の郵送申込用紙ダウンロード」をクリックし、PDFファイルをダウンロードします。 ダウンロード後はデータを印刷し、返信用封筒へ送付依頼書類を同封・試験センターへ郵送といった流れです。 申請者本人が申請書を記入 一般社団法人日本データ通信協会・電気通信国家試験センターのサイトから、申請書類一式をダウンロード・印刷・取り寄せまでできた後は、申請書類に必要事項を記入します。 必要事項は住所や氏名・生年月日・試験種別、そして受験科目コードなどいくつかあるので、漏れのないよう送付前に2重チェックしておきましょう。 郵便局窓口で試験手数料を払い込み 必要事項の記入が完了したら最寄りの郵便局へ赴き、申請書類にかかる試験手数料を支払います。 また、試験手数料は8,700円ですが、全科目試験免除となっている場合は5,600円です。そのため、初めて受験する方は、免除で適用される手数料と見間違えないよう気を付けてください。 申請書を郵送 試験手数料の払い込みが完了すれば、最後の手順「郵送手続き」に入ります。 また、郵送の際には払い込み時に受け取る「 振替払込受付証明書」も必要ですので、書類確認・支払い・申請の手順を間違えないようにしましょう。 続いてはインターネットでの申込方法について、4ステップで紹介します。インターネット環境が整っている方、比較的パソコンに慣れている方は、こちらの方法を検討してみてください。 ホームページへアクセスする まずは、申請先であり試験実施団体でもある、一般社団法人日本データ通信協会・電気通信国家試験センターへアクセスしましょう。 アクセス後はトップページ左側(サイドバー)、「インターネット申請・申請内容・振込確認」のボタンをクリックし、申請画面へ移動します。 ちなみに申請画面は、受付期間でなければアクセスできないため、事前に受付期間もトップページから確認しておくのが大切です。 申し込み手順にしたがって申請者本人が必要事項を入力 申請画面へ移動できたら画面に表示される申し込み手順に沿って、必要事項を本人が入力します。 必要事項時については、前段で紹介した郵送と同じく氏名や住所・生年月日などに加えて、申請確認用のメールアドレスも入力しなければいけません。 ちなみに必要事項の記入漏れ・ミスがないよう、2回・3回と丁寧に入力内容を確認するのも大切です。 入力完了、完了画面を印刷する 必要事項の入力完了後は、申請ボタンを押し、申請内容などが記載されている完了画面を印刷します。完了画面を印刷しておくことで、受験科目コードや登録メールアドレスを確認できます。 万が一、完了画面印刷後に記入ミスがあることを気付いた場合、インターネットで再申請しないよう注意してください。 一般社団法人日本データ通信協会・電気通信国家試験センターの公式サイトによると、 ですので、自己判断にて再申請せず冷静に電話もしくはメールで相談しましょう。 入力完了後、記入したメールドレス宛に受付完了メールが届く 入力完了および申請確認も終えた場合は、申し込み時に登録したメールアドレス宛にメールが届きます。 また、こちらのメールには、受付完了に関する内容が記載されているので、忘れずに確認しておきましょう。 もし完了メールが届かない場合は、スマホあるいはパソコンから迷惑メールボックスに入っていないか確認したり、メールセンターへ問い合わせたりしてみます。 さらに、それでもメールが届いていない状況であれば、一般社団法人日本データ通信協会・電気通信国家試験センターへ相談してみる必要があります。 ここでは、工事担任者の申し込みの際に生じやすいトラブルについて解説していきます。 まずご説明するのは郵送とインターネットの両方の申し込み方法に見られるミスです。 住所の記載ミスで受験票が届かない 受験票が届いていないことに気づくのがギリギリになってしまうと最悪試験自体受けられなくなってしまいますので、ビル、会社名まで間違えずに記載しましょう。 科目免除のコード表記ミス 資格や科目合格で試験科目の免除申請をする場合は、資格制度が改正され、改正前と改正後の資格や合格科目で免除コードが異なりますので、十分気をつけましょう。 経歴証明書の提出忘れ 工事担任者の試験では、過去に提出した経歴証明書をもう一度提出する必要があり、経歴証明書を伴う申請の場合は伴わない申請よりも受付期間が短いので注意する必要があります。 経歴証明書への必要書類の写しの添付忘れ また、「技術及び理論」科目の免除申請に求められる端末設備等の仕様書の添付忘れも目立ちますので、こちらも注意が必要です。 特に以下の項目は要チェックが必要です。 自分のメールアドレスを間違えた こちらも郵送の場合と同じように、受験票の受け取りが遅れてしまうと試験自体受けられなくなってしまう可能性もあるので、十分気を付けてください。 自分が記載したメールアドレスが正しかったかどうか後から不安になりそうな場合、入力画面をスマホのカメラかスクリーンショットで記録しておくのがおすすめです。 受験料の支払い忘れ インターネット申請の場合の試験手数料払込期限は、インターネット申請受付期間最終日の翌日までです。 また、受験料の払込みの際に「受付番号」の記入忘れも見られますので、こちらも注意してください。 申請内容を間違えたので再度申し込もうとした その場合はインターネットからの再申請はせず、電話やメールで直接照会するようにしましょう。 個人申請するのを誤って一括申請した場合も同様です。 以上、工事担任者の試験の申し込み方法について解説してきました。 今回の記事に書かれていることに注意して、工事担任者試験の申し込みの際にミスをしないようにしましょう! ▶ ▶ ▶ ▶

  • 第一種電気工事士の実務経験について|受験資格や免状交付の条件について解説

    資格試験を受けようと概要を確認してみると、受験資格や免状交付に制限や上限をかけているケースがあります。 第一種電気工事士の場合は、実務経験が資格取得にとって大きなポイントとなります。また、実務経験の区分が細かいため、事前に1つ1つ丁寧に確認することも大切です。 そこで今回は、第一種電気工事士の取得を目指す方へ向けて、受験資格や免状交付の条件や申請方法などについて分かりやすく紹介します。 誰でも受験可能ですので、第二種電気工事士未取得の方も問題なく挑戦できます。また、第一種電気工事士の受験者は、例年10万人程度で増加傾向といった特徴もあります。 第二種電気工事士についても受験資格はありませんので、第一種・第二種電気工事士共に誰でも受験できる点も覚えておきましょう。 ただ、難易度は第一種電気工事士の方が高いため、受験者の多くは第二種電気工事士取得者でなおかつ電気工事関連の会社で勤務している電気工事士です。 第一種電気工事士に受験資格はありませんが、受験申し込みについては期間について条件を設けています。 電気工事士試験の実施団体「一般社団法人電気技術者試験センター」は、毎年申し込み期間と試験日を公開していて、指定された申込期間中に申し込み手続きを進めなくてはいけません。 たとえば2020年の場合は、以下のような申込期間および試験日となっています。 また、点にも注意が必要です。 インターネットによる申し込み手続きの場合は、開始日の午前10時受付開始・終了日の17時に受付終了となります。一方郵送の場合は、終了日の消印有効です。 受験資格の確認も大切ですが、受験日や申し込み期間についてもで確認しましょう。 。 第一種電気工事士の受験資格と申し込み期間を確認できた後は、申込み方法についても把握しておくことが大切です。 郵送の場合は、以下の流れです。 受験案内書に記入する項目は、氏名や住所などの基本情報ですので難しい内容はありません。また、郵送の場合は受験手数料11,300円です。 続いてインターネットの申し込み手続きを、以下に分かりやすく紹介します。 インターネットでの申し込み手続きは、銀行振り込みやクレジットカード払い・コンビニ払い・ペイジー払いのいずれかから選びます。 また、受験手数料は郵送と異なり、10,900円という点に気を付けましょう。 続いては、第一種電気工事士の免状交付について詳しく解説します。第二種電気工事士は第二種電気工事士と異なり、 そのため、誰もが資格取得できる訳ではありません。 そして第一種電気工事士の免状交付を受けるためには、主に実務経験が必要となります。実務経験とは、電気工事の業務経験のことで、年数や内容も細かく定められている点に注目です。 第一種電気工事士では、 分かりやすく紹介すると、以下3種類となります。 1.大規模な工場や施設・ビル、発電所や変電所で電気設備の設置・変更業務経験者(500kW以上の自家用電気工作物や電気事業用電気工作物の設置・変更) 2.大規模な工場や施設・ビルで、最大電力500kW未満の電気設備に関する簡易工事作業経験者。また、認定電気工事従事者認定証取得済みであること。(最大電力500kW未満の自家用電気工作物に関する簡易工事) 3.一般住宅や小規模オフィス、商店といった施設での電気工事の業務経験(第二種電気工事士取得者で、一般用電気工作物の作業経験者) どのケースでも電気工事に従事しなければいけないため、受験者の多くは第二種電気工事士取得者といった傾向です。 第一種電気工事士には、 1つは実務経験の年数5年以上で、なおかつ第一種電気工事士に合格しているケースです。こちらの場合は、特に学歴に関する条件はありません。 一方実務経験年数3年以上で認められるには、第一種電気工事士の合格に加えて以下の条件も追加されています。 第一種電気工事士の免状交付には、第一種電気工事士を受験していない方や合格していない方でも、資格取得できる要件を設けています。 1つ目のケースは、 また、電気主任技術者は、電気工事ではなく電気設備や現場の管理や維持・運用を行うために必要な資格です。 2つ目のケースは、高圧電気工事技術者試験の合格者(昭和62年以前に実施されていた試験)で、1つ目ケースと同じ業務に3年以上従事している方になります。 このように電気主任技術者(電験)の取得者は、第一種電気工事士の受験不要で免状取得できます。 免状交付に必要な実務経験は前半でも紹介しましたが、主に一般用電気工作物と事業用電気工作物をベースに、基準を定めています。 また、実務経験年数3年以上の場合は、大学や短大などでの指定課程修了者でなければいけません。実務経験年数5年以上は、指定課程に関する条件はありません。 一般用電気工作物の設置や電気工事とは、たとえば一般住宅や個人商店でのエアコン設置・修理工事をはじめ、照明設備の交換点検工事などを指します。 一方事業用電気工作物は、自家用電気工作物と電気事業用電気工作物に分かれているのが特徴です。 自家用電気工作物での作業とは、500kW未満の電気設備の設置や配線、修理・点検といった電気工事を指します。 たとえば工場やビルなど、高圧電力が必要な施設で使用される電気設備の設置・点検や配線作業のことです。 そして電気事業用電気工作物での作業とは、工場やビルなどを超える規模の施設での電気設備設置・維持管理業務を指します。 具体的には、発電所で使用するトランスや配線・電源設備や、変電所・送電設備など電気を供給するための設備を、電気事業用電気工作物と呼びます。 第一種電気工事士には受験資格がありません。しかし、 主に第二種電気工事士取得者および電気工事の業務に従事している方であれば、試験合格と共に免状を取得できます。 未経験から電気関連の資格を取得したい方は、まず第二種電気工事士の資格取得を目指すのがおすすめです。 ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士になるための勉強量・勉強方法を解説|一種と二種それぞれについて解説します

    今回は未経験から電気工事士を目指す方へ向けて、どのような勉強量や勉強時間が必要なのか、試験対策を中心に紹介します。 電験と比較すると難易度は中程度ですので、しっかりと試験対策を行うことで合格を目指すことは可能です。 まずは電気工事士の資格を取得するためには、どのような勉強量および勉強時間が必要なのか目安を紹介します。 電気関連の資格の中でも、未経験から取得できる難易度が第二種電気工事士です。 出題範囲は、7分野から構成されていて、鑑別問題(工具や器具の名称や用途など)や配線図記号などの暗記問題をはじめ、法律や電気工事の正誤判定などを問う問題がほとんどです。 計算問題もありますが基礎的な電気理論(オームの法則など)を理解できれば、シンプルな交流回路のインピーダンスや電流・電圧などにも対応可能です。 また、計算問題を含めてマークシート方式ですので、記述式よりも回答しやすい形式といえるでしょう。 勉強量は、参考書を1~2回程読み込んだのち、過去問や問題集を解きます。そして、間違った問題や苦手分野を中心に、再度参考書で復習・問題を解き直すといった流れを繰り返します。 技能試験については、筆記試験合格後1ヶ月~2ヶ月で練習および複線図の書き方など対策可能です。 第一種電気工事士は、第二種電気工事士の内容をベースに、暗記範囲が広まったり計算式が少し複雑になったりと応用問題を中心に出題されます。 また、暗記問題は、名称をそのまま回答するだけでなく正しい省略記号を回答するタイプも出題されるのが特徴です。 難易度は上がりますが、電験のような難関資格と呼ばれる程難しい内容ではありません。さらに出題形式は第二種電気工事士と同じくマークシート方式ですので、回答しやすい試験ルールです。 そして ただ、第二種電気工事士よりも出題範囲が広いため、できれば土日など休日は勉強時間を増やすのがおすすめです。 勉強量は第二種電気工事士をベースに、事業用電気工作物や電気理論や器具、作業方法など追加で覚えることがあります。 また、技能試験は第二種電気工事士よりも作業量が多いため、できれば筆記試験と並行に練習・作業速度向上しておくのがおすすめです。 電気工事士の資格取得は第二種で約3ヶ月の学習、第一種はさらに約3ヶ月の学習が必要とされています。 いずれにしても長期戦となるため、スケジュールを立てて計画的に勉強するようにしましょう。 試験対策のためのおすすめの勉強法を3つ紹介するので、ご自身に合う方法で学習を進めてください。 自分のペースで勉強をしたい方には、独学をおすすめします。 電気工事士の試験対策は、独学でも十分に可能です。詳しくかみ砕いた参考書や丁寧に解き方を解説した問題集・過去問なども販売されているので、きちんと勉強すれば合格に必要な実力を身につけることができます。 ただし、。1週間単位でスケジュールを立てて、忙しくて勉強できなかった日の学習分は週内に終わらせるようにしてください。 文字を読むよりも視覚的・直感的に理解するほうが得意な方には、動画教材がおすすめです。 講師が絵や図を使って解説してくれるので、参考書を読まずに試験範囲を網羅することができます。 ただし、動画教材による勉強では、得点力に結びつかない恐れがあります。かならず。 参考書や問題集を使った独学も動画教材も、いずれも自分の意思で勉強する必要があるため、スケジュールを立てて計画的に学習を進めていく自信がない方にはおすすめできません。 試験日までに学習範囲をすべて終えられるか不安な方は、スクールに通ってみてはいかがでしょうか。 ため、計画性に自信がない方でも安心です。 また、スクールにお金を払った事実が「何としてでも合格したい」という動機付けになることもあり、短期間での資格取得に結びつきます。 続いては第一種・第二種電気工事士の試験に合格するには、何が必要なのかポイントを5つにまとめました。ここで解説するポイントは、筆記試験と技能試験どちらも含めています。 技能試験は比較的シンプルな対策ですが、筆記試験は効率を考えながら計画的に勉強を進める必要があります。 電気工事士のテキストを購入した場合は、まず全ての項目を2回読むことが大切です。 人によっては、各項目を完全に理解できるまで時間をかけて読み込んだり暗記したりするかと思います。しかし、です。 まずは、テキストを2回読んで試験範囲・各項目をある程度理解します。そして、すぐに練習問題や過去問を解いて、分からない部分をテキストで復習しましょう。 順番としてはテキストを先に読み、そのあと過去問+テキストで理解度と正答率を高めます。 特に第二種電気工事士は、です。 ですので、暗記系の正答率を上げられるよう、試験対策を優先的に進めるのがおすすめです。 一方第一種電気工事士については、鑑別問題や配線図記号・法令や作業方法に関する正誤判定もあります。しかし、計算問題を解かなければ、合格点60点以上が難しい傾向です。 つまり、暗記問題のみに力を入れるのではなく、計算問題を解けるよう分数や対数・合成抵抗など基本的な電気数学も理解しておきましょう。 電気工事士の筆記試験では、各年度の過去問を繰り返し解くことが大切です。問題の出題傾向や出題科目・割合は大きく変わらないので、 また、過去問は、一般社団法人電気技術者試験センターの公式サイトで無料公開しています。 そして第二種・第一種電気工事士どちらの場合でも、過去問を繰り返すことは合格に向けた大切なポイントです。 筆記試験で注意するポイントでもありますが、例年配線図の中には非常に難しい問題も含まれています。しかし、 配線図に時間をかけすぎて、他の問題を見直せないといった状況に陥らないよう時間配分にも気を付けながら回答と見直しを進めましょう。 電気工事士の試験を受ける理由は、合格して資格を取得することです。合格を優先し、点数を確保できる問題に注力するのも大切です。 技能試験は筆記試験よりも時間が短く、40分しか用意されていません。人によっては時間を気にし過ぎて、作業ミスしたり作業を終えられなかったりする可能性もあります。 技能試験は単線図・複線図を瞬時に理解し、正確・スピーディに電線の加工や配線、器具の取り付けを行うことが合格のポイントです。 そのためには ただし、3ヶ月・4ヶ月と練習を長く続けることで、慣れが気の緩みに繋がる可能性もあるので1ヶ月や2ヶ月で試験日となるよう練習期間を調整しましょう。 ここからは電気工事士の筆記試験・技能試験の勉強で、特に注意すべきポイントを紹介します。 筆記試験対策で注意すべきポイントは、覚えた知識を練習問題や過去問で活用できているか確認することです。テキストを何度か読むと、計算の仕組みや暗記ができたような気がします。 しかし、練習問題や過去問を解いてみると、思っていたほど正答率が伸びず悩むことがあるでしょう。 ですので、問題集とセットで勉強をすするのが大切です。 さらに過去問や練習問題で間違った部分は、テキストも参考にしながら復習することで理解度も深めます。 知識がインプットできているかは、問題集で確認しましょう。 電気工事士の筆記試験対策を行っていると、技能試験について後回しにしてしまうこともあります。 しかし、技能試験は、取り付けや配線など正確かつ時間内に作業しなくてはいけないため、少なくとも1ヶ月程度の練習期間は必要です。 また、電工ナイフや圧着工具は、取り扱いを間違えると大けがのリスクもあります。 必要な工具類は基本的に以下の通りです。 練習に必要な材料は、ホームセンターで購入できます。しかし買い揃える余裕がない場合は、講習会に参加してみるのがおすすめです。 電気工事士の筆記試験対策では、テキストによる知識のインプットと過去問を繰り返し解くのが大切です。 そして、技能試験は工具を買い揃えたのち、講習会へ参加もしくは独学にて電工ナイフや芯線の輪・圧着など各作業に慣れましょう。 第一種・第二種電気工事士の試験対策では、試験日までのスケジュールを細かく組んだ上で、 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 電気工事士の試験の難易度|対策すれば十分合格できる難易度の資格

    一般住宅や工場などの配線工事や電気設備の設置作業などができる電気工事士。電気工事は業務独占資格で人手不足の業界でもあるため、長期的に仕事を続けられるのも魅力的です。 どの程度の難易度か分からないため、受験しようか悩んでいるのではないでしょうか。 今回は電気工事士の資格試験について知りたい方へ向けて、第一種・第二種電気工事士それぞれの試験難易度や勉強方法を詳しく紹介します。 まずは電気工事士の試験難易度を、筆記試験と技能試験に分けて解説します。 どちらも試験難易度は低いといえますが、のがおすすめです。 第一種電気工事士は、第二種電気工事士の上位資格(応用問題や試験範囲が広いなど)です。 一般的には、第二種電気工事士取得者で、電気工事に従事している方がステップアップするために取得を目指します。 また、受験資格はありませんが免状交付に条件を設けているため、以下いずれか1つをクリアしていなければいけません。 試験難易度については、 筆記試験 筆記試験では、また、出題範囲も広いのが特徴です。 未経験から試験対策するのは難しいところですが、第二種電気工事士取得者で現場にて実経験を積んでいる方は基礎を身に付けているので、合格を目指すことができるでしょう。 点数は100点満点で、毎年60点以上を合格点としています。また、計算問題が多いので、電気の基礎理論などを押さえておくと点数を確保できます。 技能試験 第一種電気工事士の技能試験は、作業内容は電線と器具の接続やコード及びキャプタイヤ―ケーブルの取り付け、自家用電気工作物の検査と修理などを60分以内に行います。 作業ミスを防ぐために複線図をするので、60分かからず作業を終える必要があります。対策方法としては、各種団体が定期的に実施している講習会へ参加し、練習量を増やすことです。 また、試験前(毎年4月上旬頃)に、候補問題10問題公開されます。 続いては、第二種電気工事士の試験難易度や概要を紹介します。第二種電気工事士には、受験資格と免状交付どちらにも条件はありません。 ですので、これから未経験から電気工事士の資格を取得し、関連業種へ転職したい方は第二種電気工事士の合格を目指しましょう。 また、計算問題は少なく暗記問題がほとんどです。 筆記試験 第二種電気工事士には筆記試験があり、電気工事に使用する工具や器具などの名称や用途を答える問題や、電気理論や法令に関する正誤問題、計算問題と配線図の正誤問題などが出題されます。 点数は、例年100店満点中60点以上を合格としていて、多くは暗記問題と正誤問題です。 技能試験 技能試験では、単線図が配布されます。そして、単線図を参考に正しい配線・接続・取付を行います。 作業内容は指定された長さに電線を切断し、器具と電線の取り付けやスリーブの圧着作業をはじめ、正しい色 第一種電気工事士と同様に作業ミスを防ぐため、複線図を書いてから作業するのがおすすめです。 続いては電気工事士の合格率から、試験難易度について解説します。難関資格の電験よりかは合格率が高く、法規や電気数学(応用)の出題はほとんどありません。 第一種電気工事士受験者全体の合格率は、例年30%~40%台で推移しています。ただ、それぞれ分けてみると、しているのが特徴です。 ちなみに第一種電気工事士には筆記試験の免除制度があるため、個別の合格率と全体の合格率で差が生じている側面もあります。 難関資格の電験は合格率10%前後ですので、合格率から見ても筆記試験・技能試験共に中程度の難易度です。 第二種電気工事士の合格率は、例年40%前後で推移しています。また、と第一種電気工事士よりも、10%程度高い水準です。 電気関連資格の入門者向けという位置づけでもあり、数学が得意ではなかったとしても合格を目指すことはできます。一般的には3ヶ月程度の試験勉強で、筆記試験・技能試験共に対策可能です。 最後に電気工事士の試験に合格するには、どのような対策をすればよいのか3つのポイントを紹介します。第一種電気工事士または第二種電気工事士の受験を検討している方は、参考にした上で準備してみてください。 電気工事士の資格試験へ挑戦する場合は、1ヶ月目は、参考書や工具の準備と筆記試験対策を始めます。 また、参考書を一通り読み込み、出題範囲や基礎的な電気理論や工具・器具の名称、法律について理解しましょう。 3ヶ月間の対策期間があれば筆記試験は参考書での学習をはじめ、過去問を何度も解く時間を確保できます。 試験対策の基本は、 電気工事に使用する工具や交流回路の仕組み、電気工事に関する法律や配線図および記号など、専門的な内容を網羅的に理解・暗記します。 分からないところは何度も読み直し、それでも難しい場合は別途イラスト付きの参考書を購入したり講習会に参加したしてみるのもおすすめです。 また、暗記問題が多いので、語呂合わせやノートに書いて覚えましょう。 特に重要なポイントは、 参考書のみの学習では、出題範囲や内容を理解できるものの出題傾向は分かりません。また、理解しているつもりになっている可能性もあるので、早い段階で過去問を解きましょう。 過去問は一般社団法人電気技術者試験センターから、各年度の問題と解答を閲覧できます。何度も解くことで、理解度を確認できますし、出題されやすい問題も分かるようになります。 電気工事士には一種と二種があり、第一種電気工事士の方が難易度は高めです。ただ、どちらも合格率は高い水準を維持しているので、 まずは筆記試験と技能試験の参考書や工具を買い揃えて、知識をインプットするのが大切です。 ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶ ▶

  • 第2種電気工事士のテキストの選び方|効果的なテキストの学び方も解説!

    第2種電気工事士は、一般住宅の電気工事ができる業務独占資格の1つです。受験資格はありませんので、未経験から電気関連業界へ転職したい方にも資格取得のチャンスがあります。 そして資格取得に必要な対策といえば、テキスト・問題集の選び方です。自分に合ったテキストを選ばなければ、非効率的な試験対策になり十分な準備ができません。 今回は第2種電気工事士の資格取得を目指す方へ向けて、試験対策に大切なテキストの選び方や勉強法について解説します。 まずは第2種電気工事士のテキストを選ぶ際、特に気を付けておくポイントを6つに分けて紹介します。 第2種電気工事士のテキストを比較検討する際は、まず大事なポイントが分かりやすいか構成・書き方か確認しましょう。 どのテキストも作り方は非常に多種多様で、入門者向けや一定の知識を持っている方向けなどレベルに合わせて作成されています。 そして、第2種電気工事の試験対策から、初めて電気工事を学ぶ場合は特にボリュームと解説方法に着目します。 テキストの中には、基礎から1つ1つ丁寧に解説されているタイプも珍しくありません。もし、出題科目が網羅されていても、 試験対策では、効率よく試験に出るポイントを押さえ理解することが大切です。 第2種電気工事士のテキストには、漫画形式やイラストを多用したタイプもあります。メリットは、初めて勉強するかたにとって分かりやすく、苦手意識を持ちにくいといった点です。 しかし、ため、内容を理解できないものも多くおすすめできません。 さらにイラストばかりのテキストは分かりやすい反面、工具の名称や単語など文字として覚えなければいけない内容を暗記できません。 重要な部分は文章で解説されているテキストを選びましょう。 筆記試験には、電気工事で使用する工具や器具の名称・用途を回答する問題もあります。そして、出題形式は写真から、正しい内容を選ぶため写真と名称・用途をセットで暗記するのが大切です。 第2種電気工事士のテキストを選ぶ時は、から検討しましょう。 テキストの中には白黒の写真で解説しているタイプもありますが、形状の似た工具もあるため覚えにくいといったデメリットもあります。 また、圧着工具などは色で種類を分けているため、色も含めて暗記しなければ正しく回答できません。 フルカラーのテキストを選ぶ際は、ネットのレビューや書店で店員などに確認してみるのもいいでしょう。 第2種電気工事士のテキストには、解説を中心とした参考書と問題集に分かれています。また、どちらも掲載している参考書もありますが、練習問題を解く場合は多数の問題を載せている問題集も用意しましょう。 そして問題集を購入する時は、のが大切です。練習問題の中には、これまで筆記試験に出題されたことないオリジナルの問題や記述式問題もあります。 筆記試験はマークシート方式ですので、記述式は役立ちません。 出題傾向に大きな変化はありませんので、過去問をベースに制作されている問題集やテキストを選ぶよう意識しておきます。 第2種電気工事士の筆記試験には、インピーダンスや電圧・電流、電力などの基礎的な計算問題も出題されます。数学が得意な方にとっては基礎的な内容ですが、数学が得意ではない・電圧など全く分からない方にとっては難しいところです。 数学に苦手意識を持っている方は、を選びましょう。テキストは、省略しているケースもあるので、自身の理解度に合わせて選ぶのも試験対策のポイントです。 続いては、筆記試験の合格に近づくための勉強方法を紹介します。ポイントとなるのは、「理解」と「問題を解く」2つの学習方法です。 試験対策の第一歩は、まずテキストを1~2週程度読み込むことです。人によっては時間をかけて、各章を読み込むことでしょう。 しかし、時間をかけすぎて少しずつテキストを読み進めていては、非効率的ですし勉強時間が不足します。 1周目は、分からないところがあっても読み進めて、どのような内容なのか傾向を把握しましょう。 そして2周目からノートなどを使用して暗記を行ったり、インピーダンスなど計算の仕組みを理解するまで読み込んだりします。 時間をかけるのが勉強ではありません。ことが大切です。 テキストを何度か読み込んだり暗記したりした後は、過去問や問題集を解きます。ちなみに過去問は、一般社団法人電気技術者試験センターの公式サイトにて、各年度の問題と解答を閲覧できます。 過去問や問題集を解いていくうちに、テキストを読み込んでいる時には気付かなかった自身の理解度も分かるようになります。そこでします。 問題集とテキストを交互に使用すると、少しずつ苦手分野や間違えた部分を減らすことが可能です。 ここからは第2種電気工事試験におすすめのテキストを、筆記試験と技能試験に分けて3つずつ紹介します。また、筆記試験と技能試験のテキストの選び方についても解説しています。 第2種電気工事士の筆記試験は、電験や上位資格の第1種電気工事士と比較すると基礎的な内容で構成されています。また、テキストを選ぶ時は、を選びましょう。 筆記試験は鑑別(名称や用途を答える問題)と、配線図に使用される記号の意味を答える問題で4割以上を占めるため、暗記問題にも力を入れている参考書を探すのもポイントです。 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士筆記試験すいーっと合格(2020年版) おすすめ度:★★★★★ 大きな特徴はイラストを豊富に用いて、筆記試験に出題される内容を解説している点です。イラストや漫画を多用したテキストは避けるべきと解説しましたが、こちらのテキストはされていて未経験者にも分かりやすい内容です。 この本の口コミ 2020年版 第二種電気工事士筆記試験 標準解答集 おすすめ度:★★★★☆ 筆記試験のテキストを一通り読み込んだ後は、「2020年版 第二種電気工事士筆記試験 標準解答集」も活用して実践的な試験対策を始めてみましょう。 主な特徴は過去問の出題傾向に沿って練習問題を作成されている点や、解答の解説まで丁寧に記述されている点です。さらにしているため、電気技術者試験センターから各年度の過去問を都度確認する必要がありません。 この本の口コミ 電気教科書 第二種電気工事士[筆記試験] はじめての人でも受かる!テキスト&問題集 2019年版 おすすめ度:★★★★☆ 配線図や回路の解説は、イラストと文章量のバランスが適切で読みやすく理解しやすいのも魅力です。また、WEBアプリもリリースされていて、 第2種電気工事士の試験対策1冊目としてもおすすめです。 この本の口コミ 筆記試験に合格した後は、技能試験の対策も行います。また、時間があれば筆記試験と並行して練習するのもおすすめです。 そしてもあります。 2020年版 ぜんぶ絵で見て覚える第2種電気工事士技能試験すい~っと合格: 入門講習DVD付 おすすめ度:★★★★★ 技能試験では配線と器具の接続だけでなく、電線をO型に曲げたり電工ナイフで被覆を切除したりとさまざまな基礎的な技能を必要とします。 こちらのテキストではDVDも付属しているので、また、イラストだけでは分からない細かな手の動きや力の入れ具合も映像にて確認できるため、おすすめのテキストです。 この本の口コミ 第二種電気工事士技能試験候補問題丸わかり おすすめ度:★★★★☆ 他の技能試験テキストと違い、しているのが特徴です。技能試験は、試験前に13種類の候補問題を公開し、いずれか1種類を試験で出題します。 そのため、過去の候補問題で練習できれば、実践的な対策につながりますし対応力も強化可能です。 複線図の書き方や作業方法を一通り理解した方向けのテキストでもあります。 この本の口コミ ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験 工具セット 基本工具 + P-958 VVFストリッパー DK-28AZ 特典ハンドブック・DVD付 技能試験には以下のような工具が必要ですが、ホームセンターで1つ1つ買い揃える時間も無い方はこちらのテキストをおすすめします。 また、工具も揃えられるだけでなく、 AmazonURL:ホーザン(HOZAN) 電気工事士技能試験 工具セット 基本工具 + P-958 VVFストリッパー DK-28AZ 特典ハンドブック・DVD付 第2種電気工事士に合格するためには、出題傾向に沿った問題の作り方・イラストと文章のバランスが適切なテキストを選ぶことです。 また、 筆記試験・技能試験どちらもテキストを参考にしながら、勉強を進めてみてください。 ▶ ▶ ▶

1〜15件目を表示中